ティレル

ティレル

コンストラクター

本拠地:イギリス

フェラーリロータスに並ぶ名門チーム。'70年に初参戦。'71年と'73年にはジャッキー・スチュワートをチャンピオンにした。が、実のところ、輝かしい記録はこのごく初期に限られている。

それでも'76年、'77年の六輪車の投入や'90年のアンヘドラルウイング、'97年の「Xウイング」など奇抜なアイデアを実現して関係者の度肝を抜くことを得意とし、思わぬところで活躍を見せてくれるので人気は高かった。ティレルが元気なときは、レースが面白かった。

'98年にチームの株式とF1への参戦権を現在のBARに売却し、チームは消滅した。この時のスタッフはほとんど解雇された後にホンダHRDプロジェクトに参画したが、その後ホンダの方針転換により解散した。

'76年、富士スピードウェイでのグランプリ開催時に六輪車P34に平仮名で「たいれる」という文字を入れたり、'90年に中嶋悟、'93年に片山右京、'97年に高木虎之介をドライバーに迎えたり、無限ホンダヤマハエンジンを搭載したりと、並みいるイギリス系チームの中でも特に「親日派」なチームとしても知られる。

人名

ケン・ティレルティレルチームの創設者。イギリス出身。'70年、自ら率いたマトラチームから独立、オリジナルのシャシーを作ってティレルとして参戦した。レースを始める前は製材業を営んでいたとか。

チーム創設以来'97年まで、片時もサーキットを離れなかった名将。しかし'98年は売却先のBARの方針にヘソを曲げて、サーキットには姿を見せなかったらしい。

2001年8月に死去、享年七十七歳。

* はてなダイアリーキーワード:ティレル