ハート

ハート

エンジンサプライヤー

ブライアン・ハート(1936~)によるプライベート・エンジンビルダー。

1984年、デビューイヤーのアイルトン・セナを支えたエンジンでもあり、モナコGPで「雨のセナ」を世界に知らしめた。

1997年、片山右京のラストシーズンをサポートし続けたエンジンでもある。

フィアット(フェラーリ)やダイムラー・クライスラー、フォードといったワークス系のエンジンばかりだった当時唯一のプライベーターだったが、1999年、アロウズにエンジンを供給したのを最後にF1から姿を消してしまった。

* はてなダイアリーキーワード:ハート