[bush-tree] Formula1

2004-06-02琢磨のオーバーテイクを振り返る

 今日のすぽるとに脇坂選手が出演。琢磨について語られていた。

脇坂:琢磨は少々強引にバリチェロを交わしたように見えた。しかし数年前のモントーヤがデビューした年にも、他のチームから接触しすぎではないだろうか?といわれ続けてきた。そのモントーヤは今では全選手から一目おかれるほど成長を遂げている。琢磨もそのステップの途中にいるものだと考えられ、これから先が非常に楽しみである。

 あのオーバーテイクシーンは何度見ても「もったいなかった」と思う。それから実況がうるさいなと…。

 それにしても今日の脇坂選手の発言はとてもすばらしいものであった。確かにモントーヤは「ぶつけてでも前に出る」というレーススタイルであった。しかしそれではデメリットが多すぎることに気づいたのか、それではないほかのスタイルに変更して今でも成績を収めている。ということは琢磨も同じ路線を歩んでいるというのか? 少なくとも同じではなく似たようなスタイルなのかもしれない。だとすれば来年は非常に期待できる年である。

 がんばれ琢磨っ!!

2004-05-31Rd.7 : EuropeGP

 レコードラインではない琢磨は、いつものロケットスタートを見せることが出来なかったが、周回を重ねるごとに順位を上げ2位まで上り詰めた。

 しかし47周目にバリチェロと接触。このところの琢磨には焦りがよく見える。もう少し冷静にレースを組み立てていけばきっと結果は付いてくるはずなのだが、焦りがそれを邪魔している。今の琢磨に足りないものは運だと言われていたが、私には冷静な判断力が欠けているのだと思う。もちろん我々素人よりも遥かに優れた判断力を持っているのであろうが、少しあせりすぎではないだろうか。

 バリチェロとの接触に関しては、無理をして2位を狙うのではなくまずは表彰台(3位)という考え方でもよかったのだと思う。ひとつでも上の順位を目指すことは当然のことではあるが、そのためにも今のポジションを大切にしながらレースをこなしていけば必ず結果は付いてくるはず。

 もっとリラックス!! がんばれ琢磨。

2004-05-30Rd.7 : EuropeGP

 琢磨がついにやってくれた。日本人初の1列目スタート!! モナコでも見せてくれたロケットスタートを成功させれば、1周目のレースリーダーは確実にいただき。がんばれよ、琢磨!!

2004-05-24Rd.6 : MonacoGP

 狭いモナコでは1台でもエンジンストールを起こせば再スタートとなってしまう。今回はパニスの車がストールを起こし、レースは77周で争われることとなった。

 琢磨の特技であるロケットスタートが成功したのだが、無常にも4周目でリタイア。そして後続車のクラッシュ。それからミハエルとモントーヤのクラッシュでミハエルリタイア。開幕戦から6連勝の記録はこれで絶たれた。

 とにかく波乱のレースで終わってみれば、チェッカーを受けたのはたったの9台だけ…。

1 トゥルーリ

2 バトン

3 バリチェロ

4 モントーヤ

5 マッサ

6 ダ・マッタ

7 ハイドフェルド

8 パニス

9 バウムガルトナー

10 ラルフ(完走扱い)

 表彰台も見慣れぬ顔ぶれで、モナコマイスターはトゥルーリのものへ…。クラッシュの多い荒れたレースであったが、けが人などが出ないで終わったのは不幸中の幸いといえるであろうか。

LincolnLincoln2007/04/08 00:30http://d0bd8b59c441dbc316de8fbe301f95b5-t.kc93dkc.info <a href="http://d0bd8b59c441dbc316de8fbe301f95b5-h.kc93dkc.info">d0bd8b59c441dbc316de8fbe301f95b5</a> [url]http://d0bd8b59c441dbc316de8fbe301f95b5-b1.kc93dkc.info[/url] [url=http://d0bd8b59c441dbc316de8fbe301f95b5-b2.kc93dkc.info]d0bd8b59c441dbc316de8fbe301f95b5[/url] [u]http://d0bd8b59c441dbc316de8fbe301f95b5-b3.kc93dkc.info[/u] 99503592f31537606ea682f305b4ab39

2004-05-23Rd.6 : MonacoGP

 昨夜のCXは野球中継か何かありました? iEPGで録画予約をしたもののF1にはかすりもしませんでした…。id:rn0079さんのところへ遊びにいったところ、F1について書かれていたところを見ると、繰り下げでOAされていた模様…。やられた。デジタル放送になると、繰り下げの情報が電波に乗って、ビデオの予約を自動的に変更するなどの機能は付くのだろうか? いや付いてほしいところ。

 そんなわけで、ネットから情報を…。

1 トゥルーリ

2 ラルフ

3 バトン

4 アロンソ

5 ミハエル

6 ライコネン

7 バリチェロ

8 琢磨

9 クルサード

10 モントーヤ

 いったい何が起こったのだろうと思わせるオーダーになっております。ラルフはエンジン交換を行っているために、規定どおり10番手下がるわけで琢磨は実質7番手スタート。FormationLAPでクラッシュなどをした場合に、そのクラッシュした車のグリッドは空けておきますが、今回の場合にはどうなるのでしょう。琢磨はやはり8番グリッド?