思いついたときに更新するF1日記

人気blogランキング

F1ポイント
ぐーたら日記

がらくた小屋
掲示板
音楽のページ
競馬データベース
漫画のページ


2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 12 |
2008 | 03 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2010 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 |
2011 | 06 |
2012 | 01 | 03 | 06 | 09 |
2013 | 07 |
2014 | 02 |

2005-01-20-Thu予想通りといえば予想通り

どうなるGPWC

http://www.f1racing.net/ja/news.php?newsID=74663

フェラーリのコンコルド協定合意でGPWCは事実上の“消滅”

 FIA-FOM-フェラーリのコンコルド協定合意延期発表によって、事実上GPWCは“消滅”することになるだろう。フェラーリはFIAとの間で、2012年までのコンコルド協定合意を発表している。

 フェラーリのルカ・ディ・モンテツェモーロは、「我々は長い間、これを待ち望んでいた」という声明を発表している。

 GPWCが消滅するという発表は行なわれていないが、ワールドチャンピオンチームのフェラーリ抜きで選手権分離を行なうことは不可能であろうと見られている。

 一説によると、バーニー・エクレストンが“買収”を行なったのではないかと言われているが、フェラーリのスポークスマンは「金銭的な問題ではない。フェラーリの将来を確実なものにするためである」と、説明している。

 また、GPWCに関する質問に対しては、全体のための優れたコマーシャル権を獲得するためにその役割を務めたと答えている。

http://motorsports.nifty.com/f1/news/2004/050120_06.htm

GPWCのF1シリーズ立ち消えか

 フェラーリ・チームが2012年まで参戦する契約にサインしたことについて、同チームと共に2008年から新F1シリーズの立ち上げに動いていた他メーカー系チームにも大きな衝撃を与えた。

 フェラーリの母体であるフィアットは、これまでルノーBMWメルセデスらと共に GPWC(グランプリ・ワールド・チャンピオンシップ))を形成、現行のコンコルド協定が2007年に終了した後は独自のシリーズを立ち上げる姿勢をみせていた。

 しかし、フェラーリがより大きな資金提供を受けることと引き替えに現行シリーズに残る方針を選んだため、GPWCの目論見は結局雨散霧消ということになりそうだ。

 エクレストン氏は最初から、フェラーリさえ自陣営に引き込めば流れが自分に向くと踏んでいたようだ。

 こうしたことについてオーストラリアGP主催者代表であるロン・ウォーカー氏は、「私が言った通りの結末だ。新F1シリーズなんて結局バーニー(エクレストン氏)との分配金拡大交渉の手段にすぎなかったのだ」と、冷ややかだ。

http://f1express.cnc.ne.jp/config/VI001.php?teiko_id=79402&cat_id=1&top_flg=1

FIA、跳ね馬らとコンコルド協定延長で合意 [ 2005/01/19 ]

FOMとの3者 08年から5年間

 国際自動車連盟(FIA)は19日、F1管理会社(FOM)、フェラーリとF1の将来について会合を持ち、コンコルド協定を08年から5年間延長することで3者が合意した、と発表した。同協定はF1の根幹をなす決め事が網羅されているもので、内容が決して明かされない“謎の掟”。現行の内容が7年限りで効力を失うため、新たな内容の協議が求められていた。

 しかし、今回は他の9チームのことがまったく触れられておらず、あくまで3者の合意である模様。内容に関しても独自のものとなっているようだ。

 この際フェラーリはともかく、プライベーターが参戦しやすいようにして欲しいものだ。


人気blogランキング