思いついたときに更新するF1日記

人気blogランキング

F1ポイント
ぐーたら日記

がらくた小屋
掲示板
音楽のページ
競馬データベース
漫画のページ


2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 12 |
2008 | 03 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2010 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 |
2011 | 06 |
2012 | 01 | 03 | 06 | 09 |
2013 | 07 |
2014 | 02 |

2005-04-15-Fri口先だけは絶好調

 でも論旨が破綻気味なJV

ふーん

ビルニューブ、「まるでマシンの乗客のよう」

その去就を巡って噂がかまびすしいジャック・ビルニューブだが、「現代のF1マシンではドライバーではなく乗客のようだ」との感想を、独『オートモーターundスポーツ』に語っている。

「エレクトロニクスでコントロールされる現代のマシンは、マッサのような若い世代のドライバーに向いているようだね。それは彼らと共に成長してきたんだ。

でも僕らはフィーリングではなく、とぎすまされた感性でドライブしてきた。だからこういうものには正直自信はないよ。ドライバーではなく、まるで乗客でいるように感じられるもの」

かつて『現代っ子』と批評された、1997年F1チャンピオンの言葉だ。

Nifty F1: ビルニューブ、「まるでマシンの乗客のよう」

 ザウバーのシャーシやミシュランタイヤだけでは飽き足らず、遂にF1マシンそのものを否定し始めたヴィルヌーヴ。

 敢えてつっこむなら「あなたよりもF1デビューが3年5年先輩のベテランドライバーさんは去年もチャンピオンを獲りましたよ」といった感じかな。

 でも改めて考えてみると、ドライバーの力量がかなりのウエイトを占めていたセナ、プロスト時代から、車が止まる原因が100以上もある現在までトップレベルを維持しているMSは化け物染みている。それだけに、彼らがいたときにチャンピオンを獲得できなかった、というのはMSとしては悔やまれるところだろう。今後どれだけ数字を積み重ねようとも“最高のドライバー”になる機会を逸してしまったのだから・・・

ubonoubono2005/04/16 01:423年先輩というと・・・ヒル、アーバイン、バリチェロあたりですか←違うっ!!
マイケルは1991年ですので、5年先輩ですね~
その間に時代は大きく変わりました・・・
1994年のモナコでフラビオに飛びつきながら「僕はセナと戦って勝ちたかったんだ」と言ったそうですが、今でもやはりそう思ってるんでしょうか・・・

skobaskoba2005/04/16 01:54素で間違えました><ジャックは1996年からでしたね。
かつてのように速いジャックなら再び観たいのですが・・・苦しい言い訳をして醜態を晒す姿は正直観たくないな、と思います。


人気blogランキング