思いついたときに更新するF1日記

人気blogランキング

F1ポイント
ぐーたら日記

がらくた小屋
掲示板
音楽のページ
競馬データベース
漫画のページ


2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 12 |
2008 | 03 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2010 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 |
2011 | 06 |
2012 | 01 | 03 | 06 | 09 |
2013 | 07 |
2014 | 02 |

2005-09-22-Thu二人ともそれなりの評価は得ているんだけれども

佐藤琢磨の去就

 バトンのBAR残留が決まったことで来年どうなるだろうか?候補としては

  1. 他チームに移籍してレギュラーシート獲得
  2. サードドライバーとしてBARに留まる
  3. 他カテゴリーに移籍
  4. 引退

 1は今年の成績、ドライバーとしての能力や国籍などを考えると、積極的に琢磨を欲しがるチームがあるとは考え難い。加えて、ミナルディレッドブルに買収されたため移籍できる可能性があるのは実質ジョーダンミッドランド)のみと厳しい。

 2は今季サードドライバーだったデビッドソンがレースを欲して離脱することがほぼ確定的なだけに、マシン開発能力が高く評価されている琢磨の残留はBARにとっても都合がいいだろう。

 “とにかくレースをしたい”のであれば3だが、そんなことをやってF1に復帰できたドライバーはほとんどおらず、しかも成功を収めることなく再びF1を去る羽目になっている。

 琢磨が今後もF1と関わっていきたいのであれば、2のBAR残留が一番よさそう。とはえいバトン、バリチェロ共に安定したドライバーなので、彼らが嫌気がさして出ていくまで琢磨がレースをすることはないと思うが・・・

ベルガーも

http://fmotor.nifty.com/f1/2005/09/__9fd7.html

「ライコネンの素質と能力については疑うところがない。それは私も十分に認めるところだ。いずれ彼がチャンピオンに輝くのは時間の問題だろう。

しかし、一方のファン・モントーヤについてはまだまだだね。彼にも類い希なスピードがあるのは事実だが、同時に多くの欠点をも有している。

彼はチャンスを十分に活かせないし、またしばしば過ちを犯すんだ。その結果、彼は2番手にはなれてもチャンピオンにはなれないだろう。それはきっと、この先も……ね」

 ライコネンを褒めたというかモントーヤを貶したというか・・・

 ここ2戦の終盤でのミスで大きく評価を下げてしまったモントーヤ。思えばタイトル争いでMSを激しく追い上げていた2003年も、最終戦目前のアメリカGPでバリチェロと接触、ペナルティを受けてもはやタイトル圏外と思われたライコネンを浮上させてしまっている。案外プレッシャーに弱いのかもしれない。

 MSのチームメイトになったら損をする傾向がこの十年くらい続いていたが、アロンソやライコネンにも同じことが言えるようだ。かつて発言の主ベルガーも、今年のフィジケラやモントーヤと似たような境遇にあった・・・


人気blogランキング