思いついたときに更新するF1日記

人気blogランキング

F1ポイント
ぐーたら日記

がらくた小屋
掲示板
音楽のページ
競馬データベース
漫画のページ


2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 12 |
2008 | 03 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2010 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 |
2011 | 06 |
2012 | 01 | 03 | 06 | 09 |
2013 | 07 |
2014 | 02 |

2006-10-15-Sunみんな退屈したくないらしい

なんとか“タイトル争い”を継続させたい人たち

アロンソ、シューマッハの“古傷”に言及

2006年10月15日(日) 17時29分

チャンピオンシップリーダーのフェルナンド・アロンソ(ルノー)は、ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)が過去、タイトルを懸けたシーズン終盤戦で取った行為について言及し、古傷を開こうとしている。

シューマッハをF1史上“最もスポーツ精神に反する”ドライバーだと酷評し、鈴鹿では自身のチームを非難したアロンソは、2006年タイトル争いの決戦の場、ブラジルGPを10日後に控えた12日(木)、1994年と1997年について語った。

1990年代、デイモン・ヒルやジャック・ビルヌーブとタイトル争いをしていたシューマッハの悪名高い走りが報じられた後、「彼は過去、2回もやっている」と話したアロンソは、ミュンヘンの夕刊紙『Abendzeitung』に次のようにコメントしている。

「みんなが彼のやったことを知っているんだ」

一方、シューマッハの実弟ラルフ・シューマッハ(トヨタ)は、兄のタイトル獲得を援助するため、反則行為を取るのではないかという憶測を否定。

シューマッハがタイトルを獲得するためには、アロンソがリタイアすることが必要なため、ラルフもしくはシューマッハのチームメイトであるフェリペ・マッサが、“カミカゼ(神風)”的な役目を担うと言われていたのだ。

「絶対、ない」と『Bild-Zeitung(ビルド・ツァイトゥング)』に語ったラルフは、「そんなことすれば、とても危険だし、うわさはいい加減だよ」と締めくくっている。

 別に言わなくてもいいこと*1を敢えて言うアロンソ、兄のために玉砕するほどこの兄弟は仲良くないだろう、と一応ツッコミを入れてみる。ほぼタイトル争いが決した今、プレスもなんとか盛り上げようとしている必死さが伝わってくる記事。

 「最終戦でMS優勝かつアロンソが9位以下なら逆転」という状況は2003年に似ている。このときは前戦アメリカGPでJPMが自滅して急遽ライコネンがチャンピオンシップ2位に浮上し、「ライコネンが日本GP優勝かつMSが9位以下ノーポイントでライコネンが逆転」という盛り上げ方がされた。この年のフェラーリが不安定だったことや予選でMSとライコネンが後方に沈んだ*2というのも後押しして、マスコミによる演出は一応成功した。

 しかし今年はルノーフェラーリ共に速さと信頼性は群を抜いている。よってMSの優勝はともかくアロンソが9位以下に終わるのは考え難い。そこでMSの過去の行為を持ち出してきたのだろうが、私見としては

  1. フェラーリがダブルタイトル獲得のためにはマッサの活躍が不可欠*3
  2. そこまでするほどRSとMSは仲が良くない
  3. ラウダが言うように*4ばれずにぶつけるのは不可能
  4. やるのなら条件の厳しくなったインテルラゴスではなく鈴鹿でやっている

 フェラーリレッドブルやスパイカーに何らかの働きかけをするというのも3、4の理由から多分ないだろう。

 逆に言うと、マッサ、RS、レッドブル及びトロ・ロッソ、ミッドランドがアロンソやフィジケラと絡んだ場合、MSとフェラーリが後々まで中傷される可能性がある。細心の注意を払って挑んでもらいたい。

*1:その理由は彼が言ってるように「みんな知ってる」から

*2マクラーレンは後方スタートからの上位入賞が得意

*3:1台でルノー2台を仕留められるなら別だが

*4http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=f1&a=20061015-00000006-fliv-spo


人気blogランキング