思いついたときに更新するF1日記

人気blogランキング

F1ポイント
ぐーたら日記

がらくた小屋
掲示板
音楽のページ
競馬データベース
漫画のページ


2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 12 |
2008 | 03 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2010 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 |
2011 | 06 |
2012 | 01 | 03 | 06 | 09 |
2013 | 07 |
2014 | 02 |

2008-03-14-Friトヨタを褒めたのって2005年前半だけだった気がする

クルサードの選ぶワーストサーキット

  • 設備:モントリオール
    • 「パドックには仮設トイレしかない。それに携帯トイレを使用したことがある人なら知っていると思うけど、かなり窮屈な経験だよ」*1
  • レイアウト:富士
    • 「本当にひどいコースだよ。頭のデカイ誰かがデザインしたに違いないね」*2

 ヘルマン・ティルケ批判か(笑)そういやCSの番組で「もうヘルマン・ティルケ(がデザインしたサーキット)に飽きました」と川井ちゃんも言ってたような。

 ちなみに観客目線で見た場合、モントリオールについてはクルサードとは真逆の評価になるんじゃないかな、と思ってみたり。モントリオールはオリンピック会場だったこともありアクセスがよくて便利。反面、昨年のクビサのクラッシュや小動物を轢いたデビッドソン、多くのドライバーを飲み込む「ケペック州へようこそ」の壁など、デザイン的にはともかく危険な要素を多く孕んだサーキットなのではないかと。

 富士については、ドライバー目線ではレイアウトが、観客目線では設備その他諸々がひどいってことか。いくら金持ってても成功できないやつはできないと証明し続ける世界のトヨタ(笑)

 ウィキペディアでも昨年の問題が事細かにまとめられており、これで今年の日本GP運営でも不手際が生じて、肝心の成績もぱっとしないならトヨタのやる気を殺ぐには十分だろう。とりあえずは中島一貴が来年あたりに血迷って金に目が眩んでウィリアムズから移籍しないことを切に願う。

トヨタがF1で成功するためには

 批判してばかりもあれなので(笑)改善すべき点としては

  1. 活動拠点をドイツ→イギリスに移動
    • 別に手を抜いているという話ではなく、ドイツではなにやら法的な問題で働きすぎてはいけないんだとか。なのでイギリスのチームに比べると絶対的に仕事できる時間が短くなるという。
  2. 長期間同じ人物を責任者に据える
    • ヨーロッパのF1関係者を唖然とさせた「通常の人事異動」とやらで代表を交替させない。
  3. 成績が悪いのをドライバーのせいにしない
    • 契約が残っているドライバーを首にしたり、シーズン途中に解雇したり、レギュラードライバーを二人同時に交代させたり。トップ人事と同様にある程度の一貫性が必要だと思われ。
    • ドライバーの腕だけで勝てるならセナはロータス時代に初タイトルを手にしていただろう。アロンソが復帰した今年のルノーがどうなるかを見れば気がつくとは思うけど。
    • 最近バーニーがRSを擁護する発言をしていた。腕が衰えたのではなく車が遅いからだと。
  4. ひとことで言うなら「金をどぶに捨てるのではなく有効に使え」ってことか(笑)
    • 海外のプレスがそういう表現をしていたのをしばし目にする。トヨタが広告を支配している日本と違って、海外でスーパーアグリの人気が高い理由を吟味して欲しい。

2008-03-11-Tue駆け引き

準備段階

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2008/03/gp_b5c7.html

オーストラリアGP、ナイトレース化なければ終了

いよいよ今週2008年シーズンの幕開けを告げるオーストラリアGPがスタートするが、これにいきなり水を浴びせるような発言をバーニー・エクレストン氏が行った。

これはイギリスの大衆紙『メール・オン・サンデー』に対し語ったもので、その中でこのF1総帥は、

「オーストラリアGPが生き残る道ためには、ただナイトレースにすることしかない。いまヨーロッパの視聴者がこの国のレースを観るためには、寝ずにいなければならない。こんなおかしなことはいつまでも続けられないよ。

そのめにはナイトレースにするしかないんだ。しかしオーストラリアの人々はナイトレースにはできないというし、他の所での開催も考えられないと言う。それならわれわれはこの国でのグランプリを諦めるしかないじゃないか」

と、決め付けた。

現在のオーストラリアGPの開催契約は2010年までとなっていて、エクレストン氏はその後の開催は保証しないとした。

ただこの強圧が、やがて日本にも向けられないとは誰にも断言できない。

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2008/03/gp2009_7992.html

オーストラリアGP、2009年はさらに遅いスタートも

昨年、おおかたのグランプリ同様午後2時のスタートだったオーストラリアGPは、今年1時間半遅らされ、午後3時半という異例のスタート時刻となった。

この場合、イギリスでは午前4時半、フランスなどヨーロッパの多くで午前5時半というスタート時刻になる。

(上海・シンガポールでは午後0時半、日本では午後1時半)

これについてオーストラリアGP会社のロン・ウォーカー会長は「これにより、世界的にみればテレビの視聴者数は数百万単位で増加する筈。

またわれわれオーストラリア自身にとっても、日曜日スタートまでに多くの時間があるということは様々なイベントができるということで好ましいというものだ。

これが成功したなら、2009年にはさらにスタート時刻を遅らせて午後5時というのも考えているんだ」と、語っている。

その場合、イギリスでは午前6時、フランスなどのヨーロッパが午前7時、上海・シンガポールでは午後2時、日本では午後3時というスタート時刻になる。

 以前からナイター化を主張し続けてきたバーニーとそれを拒み続けていたオーストラリアGP主催者。前者は相変わらずだが後者の態度はやや軟化の兆しを見せている?背景にあるのは、バーニーが本気だということ、シンガポールで既にナイターGPが決定しいよいよ後がないこと、にオーストラリアGP主催者が今更ながら気がついたといったあたりか。

 午後5時スタートならレース終盤には照明等の設備が必要になる可能性が高く、その準備さえできてしまえばナイトレースを行うのはそう難しいことではない。そうなれば、ナイターGPはあくまでオーストラリアと主催者の利益のために行われるもので別にバーニーの脅しに屈したわけではないという言い訳にもなり、これまでナイターGPに強硬に反対していた主催者のプライドも保たれる。そして自然な流れで2011年以降も契約延長、というのが落としどころか。

 ちなみに日本GPに対してナイター化の要求がなされた場合、レースそのものの開催は問題ないが観客は大変だろうなと思う。鈴鹿だとホテルにたどり着けるのは日付が変わったころになりそうだし、富士だと命にかかわる。

2008-03-05-Wed気がつけば開幕まで2週間を切ってた

 ほんとにこんなんでプロストがチャンピオンになれたのか?と思わずにはいられないF1レジェンドの1986年版を観たりしてるうちにカートがIRLに吸収されたりロン・デニスが辞めそうになったりスーパーアグリが参戦できるとかできないとかそれなりに色々あったらしい。

バーニーの語るライコネンの酒癖

http://news2.as-web.jp/contents/news_page3.php?news_no=14378&cno=1&b6Ec=1

「何にも悪いことはない。周囲の人間を、『そんなことやっちゃいけない!』と言わせるほど困らせるようなことはしていない」

 毎年鈴鹿サーキットから巨額の請求をされていたらしいMSよりはまし、ってことかな(笑)

今宮純氏の富士&鈴鹿評(週刊アスキー2008年3/18号)

  • 富士について
    • 全文に渡って昨年の運営不手際への苦言。
  • 鈴鹿について
    • 前半では設備改修について、後半ではコースについて賞賛。
  • 日本GPについてもそうだったが、このコラムでの今宮氏の姿勢は一貫していて、非常にわかりやすい批判をしている。某メーカーの名を一切出さずに「富士」と書いているのがぎりぎりのラインか。

人気blogランキング