思いついたときに更新するF1日記

人気blogランキング

F1ポイント
ぐーたら日記

がらくた小屋
掲示板
音楽のページ
競馬データベース
漫画のページ


2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 12 |
2008 | 03 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2010 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 |
2011 | 06 |
2012 | 01 | 03 | 06 | 09 |
2013 | 07 |
2014 | 02 |

2009-08-31-Mon暴露したのがピケだと契約上問題なのでは?

 それとも解雇された時点で契約は無効になったのだろうか。契約は別にしても、一般の会社ですら守秘義務というものが存在すると思うのだが。

ベルギーGP

金曜P1 P2

http://d.hatena.ne.jp/skoba/20090828

土曜P3 予選

http://d.hatena.ne.jp/skoba/20090829

決勝

http://d.hatena.ne.jp/skoba/20090830

地上波

http://d.hatena.ne.jp/skoba/20090831

2008年シンガポールGPでピケはクラッシュするよう指示されていた?

http://f1-gate.com/piquet/f1_4670.html

ネルソン・ピケJr. シンガポールGPでのクラッシュに命令疑惑2009年8月31日ネルソン・ピケJr.が、2008年のシンガポールGPで故意にクラッシュすることを命じられたという情報が浮上。FIAは、この件に関して調査していることを明らかにした。

2008年のシンガポールGPでは、15番手からスタートしたルノーのフェルナンド・アロンソが優勝。皮肉にも、その優勝のチャンスは、当時チームメイトだったネルソン・ピケJr.がクラッシュしてセーフティカーが導入されたことで巡ってきた。

当時ネルソン・ピケJr.は「タイヤには、多くのグレイニングが発生し、状況は悪くなるばかりだった。チームはもっと攻めた走りをするよう要求してきたのでそうし続けたが、とうとうリアが滑ってしまって壁に激しく激突してしまった」と説明している。

しかし、先月ルノーを解雇されたネルソン・ピケJr.は、ルノーのチーム代表であり自身のマネジャーでもあったフラビオ・ブリアトーレからひどい扱いを受けたことを明かしている。

ベルギーGP決勝レースを中継したブラジルのテレビ局“Globo TV”は、ピケJr.が昨年のシンガポールGPで故意にクラッシュするよう求められていたという情報を入手して報じている。

これを受け、FIAの広報担当者は、この件の調査が開始されたことを明らかにしている。

http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/090830213407.shtml とhttp://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51557417.html でもほぼ同様の内容。F1の公式サイトでは一切触れられていない。ブラジルのテレビ局が報じたってのも眉唾ものだが、FIAの広報が認めるくらいだから調査に動いているのは確かなのだろう。

 2008年シンガポールGPのあまりに劇的な展開を観て、思いついたことをテキトーに書いた*1のが約11ヶ月前。あくまでMSファンの自虐的な戯言として。ここにきて予想外の展開をみせるとは思いも寄らなかった。

 仮にルノーチームがピケにクラッシュするよう指示した事実があり、それが立証されるとするなら、今年ロン・デニスに下された処分*2よりも重くなるのは確実。ブリアトーレはF1から追放、ルノーのF1撤退も決定を後押しされる。ルノー撤退後にチームを買収する計画があったブリアトーレが消えるとチームの存続も危うくなる、という最悪のシナリオも予想される。

事の真偽は置いておくとして

 情報を漏らしたのは誰だろうか?本命3、対抗1、注意は不在でダークホース2、大穴4ってところか。

  1. ピケが解雇された腹いせに色々ぶちまけた
    • 一番ありそうではあるが、2008年シンガポールGPの件は、事が事だけに墓場まで持って行くべきレベルの秘密だと思われる。「契約期間中に知り得た機密事項を外部に漏らした場合、○千万ユーロの違約金が発生する」などの文言が契約書にあるのかどうか知らないが、本当にやばいレベルの秘密を暴露したドライバーの存在を私は(寡聞なだけかもしれないが)知らない。
      • バリチェロは引退したらF1(特にフェラーリ時代)の暴露本を出すとか出さないとか言ってたような気はするが、2002年オーストリアGPの件とか、MSやトッド、ロスなどに対する恨み辛みや、チーム内での扱いに対する不平不満といった事が大半だろう。せいぜい「F1に二度とかかわらないなら書ける」程度の裏話どまりにしかならない。
    • 世間一般の常識で考えると、「以前所属していた会社の機密事項を平気で漏らすような社員」は有能であっても信頼を得られない。まして大した成績を残せなかったピケがルノーの暴露などすれば、どんなカテゴリーであっても起用されることはないだろう。
    • あくまでピケは「ブリアトーレからひどい扱いを受けた」と明かしているだけで、「昨年のシンガポールGPで故意にクラッシュするよう求められていたという情報」がどこから出たのかは上記の記事には書かれていない。先述した理由からピケ本人が暴露するとは考え難い。
  2. ピケに同情したルノー内部関係者がFIAにリークした
    • ハンガリーGP開幕前に「ようやく同じ車で走れる」と語り、それ以前からも大小様々な差別的扱い受けてきた挙げ句に解雇されたピケ。その姿を見て気の毒に思ったスタッフが、ブリアトーレの悪事を暴露した? 
    • 今更11ヶ月も前の話、しかもチーム存続の危機にすらなりうるスキャンダルを、アロンソではなくピケのためにわざわざ暴露するだろうか。
    • ルノーが有罪となった場合、得をするのはピケだけ。
  3. ピケに近しい人(≒ピケ父)がブリアトーレを破滅させようとした
    • 昨年来ピケの扱いがひどいことを腹に据えかねていた。
    • 自分自身には甘いくせに他人には厳しいブリアトーレが嫌い。
    • ブリアトーレにとどめを刺されたことによって、F1でのピケのキャリアは終了した。ならばブリアトーレのキャリアも終わらせてやろうと思った。
    • ルノーが有罪になれば、少なくともピケの名誉はある程度回復される。
  4. 「優秀な」スチュワードがアロンソ優勝の経緯に疑問を持ち調査を開始した
    • ロズベルグとクビサにドライブスルーペナルティ出すのも遅かった「優秀な」シンガポールGPスチュワード。11ヶ月経過してから調査を始めるなんて遅いにもほどがある。

追記

http://f1-gate.com/renault/f1_4677.html

新たな情報によると、告発はネルソン・ピケJr.と父親のピケによってなされたとされている。

 対抗と本命か。

追記その2

http://www.topnews.jp/f1/11951.html

ブラジルの『TV Globo(TVグローボ)』でコメンテーターを務めるレジナルド・レメはこのように語っている。「彼(ピケJr.)はすごく奇妙なやり方でクラッシュした」

「最近、フェリペ・マッサと話したときに言われたことがある。フェリペはブリアトーレのところに行って、”あのクラッシュは変だ。あなたが指示したから起きたんだろう”と言ったそうだよ」

 マッサがブリアトーレに抗議していたというのは驚き。ただ告発源と言うには弱いし時間がかかりすぎている。いずれにせよ、スチュワードの「優秀さ」を証明する話ではある。

*1http://formula1.g.hatena.ne.jp/skoba/20081003

*2:一応今季開幕前に直接的な運営から手を引いてはいた


人気blogランキング