思いついたときに更新するF1日記

人気blogランキング

F1ポイント
ぐーたら日記

がらくた小屋
掲示板
音楽のページ
競馬データベース
漫画のページ


2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 12 |
2008 | 03 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2010 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 |
2011 | 06 |
2012 | 01 | 03 | 06 | 09 |
2013 | 07 |
2014 | 02 |

2010-03-31-WedオーストラリアGPが開幕戦ならよかったのに

昔からのF1ファンにしてみると

 バーレーンでオーバーテイクが殆どなくてレースが単調なものだったとしてもそれほど気にならず*1、4年ぶりに復帰したMSが走っているだけで十分楽しかったりするのだけれど。あまりF1に興味がない人がたまたま開幕戦を観て、「ああ、やっぱりF1はツマラないな」と改めて思い二度とチャンネルを合わせなくなる、という構図は容易に想像できる。F1GPNEWS#2でも、川井氏は「今年オーバーテイクが見られるのはスタートだけ」と言い切ったくらいだから、バーレーンと同じような展開のレースが続くのだろうと思っていた。

 しかし第2戦、ただでさえ荒れるオーストラリアGPで雨が降った。これによってスタート直後の混乱や激しいクラッシュによるSC導入、タイヤ選択の妙、トップ独走したマシンの突然のリタイア、元チャンピオンの後方からの猛烈な追い上げ、中団グループで演じられた抜きつ抜かれつのバトル、中堅チーム*2が巧妙な作戦で表彰台獲得など、面白い要素満載のレースとなった。

 レギュレーションがどのように変化しても、自動的に面白い演出をしてくれるオーストラリアGP(というかアルバートパーク)。ナイトレース問題やら開催について色々揉めているが、バーニーは金払ってでもここを開幕戦として確保したほうがいいのではないだろうか。視聴率の下落傾向*3にも歯止めがかかるだろうし。

*1:もっとひどいシーズンはいくらでもあったので

*2:かつての4強というか数年前の3強というかトップチームをこう呼ぶのは忍びないが仕方ない

*3:ドイツはともかく

2010-03-07-Sun気がついたら今週開幕

今更だけどMS復帰について

 ファンとしてはものすごく嬉しい。

 ただ、ブラウン/メルセデスが一番に望んだのはバトンであり、その次はロズベルグであったという事実は認めなければならない。過度な期待はせずに温かく見守る方向で。

USGP不参戦とステファンGP参戦が認められなかった件について

 参戦を疑問視する報道が出る度に否定してきたチームが、結局噂通りに参戦できなくなってしまったのは何とも皮肉。昨年新規参戦を決めた3チームは全てバジェットキャップ導入を前提としていたチームであったため、むしろ脱落したのが1チームだったことが個人的には驚き。そして承認されていれば間違いなく参戦していたであろうプロドライブを落としたFIAの目が節穴だと改めて思い知った*1

 ステファンGPについては、これを認めては昨年承認されなかったチームが納得しないでしょう、とF1GPニュースで川井、今宮両氏がコメント。

 正式な参戦権がないにも関わらず開幕へ向けて準備していたチームだけに、そのやる気を疑う余地はない。ただ、もっと正式な手順を踏むべきだったろう。トヨタやUSF1と交渉して参戦権を譲ってもらうとか。

 個人的には、トヨタ製シャシーを引き継いだステファンGPに対し、コンコルド協定に調印しながら突然の撤退を決めたトヨタへのペナルティが課されたのではないか、と邪推している。

*1:せっかくデニスやブリアトーレが居なくなったのに、うるさいリチャーズが戻ってくることを嫌がられた可能性もなきにしもあらず


人気blogランキング