思いついたときに更新するF1日記

人気blogランキング

F1ポイント
ぐーたら日記

がらくた小屋
掲示板
音楽のページ
競馬データベース
漫画のページ


2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 12 |
2008 | 03 | 05 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2010 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 |
2011 | 06 |
2012 | 01 | 03 | 06 | 09 |
2013 | 07 |
2014 | 02 |

2012-09-29-Sat2度目の引退よりも興味深い

メルセデスの今後とハミルトンの真の実力について。

MSについては年齢的にも再び引退する日はそう遠くないだろうし、先日シンガポールの追突が証明するように、復帰後は精彩を欠いている。トップチームは興味を示さないだろうし、中堅以下のチームは年俸を払えるか微妙*1

ハミルトン→メルセデス、ペレス→マクラーレン

 ハミルトンがメルセデスに移籍。押し出される格好のMSは2度目の引退となる可能性が高い。そしてハミルトンが移籍するということは、少なくともハミルトンとの契約がある間は、メルセデスはF1に参戦継続することを意味する。

 ハミルトンの後釜にはペレスが選ばれた。シーズン序盤からトップチームへの移籍が決定事項であるかのような発言が鼻についたペレスだったが、フェラーリ以外からもオファーがあったことが自信の裏付けだったようだ。マネジメントの手腕もさることながら、ペレスの目覚しい活躍が呼び水となったのは間違いない。

 ペレスのベンチマークというか引き立て役となってしまった可夢偉。ドライバーとしての能力ではペレス以上のものを持っていると(私を含めて)日本人ファンは思ってしまいがち。例え運転技術において可夢偉がペレスを上回っているとしても、常時表彰台を狙えるわけではないザウバー程度のポジションで、チームメイトに30ポイントもの差を付けられていては、能力云々の話をしても虚しい。

 現役最高のドライバーはアロンソだと私は思っているが、そのアロンソがライバルとして常に名前を上げるのがハミルトンだ。アロンソと対等な条件を与えられて、互角に争うことのできた唯一のドライバーなので、マクラーレンがそれほどの速さを持っていないシーズンでも警戒は怠らない。

 そのハミルトンだが、彼はマクラーレンでしか走ったことがないので、本当にアロンソと同等の力を持っているのかわからない。それがいきなり、フェラーリレッドブルといったトップチームではなくメルセデスに移籍したというのは興味深い。アロンソや90年代後半のMSなら、トップレベルではないマシンの性能を底上げしてタイトル争いに絡むことができた。果たしてハミルトンに同様のことができるのか、真価が問われる。

*1:とはいえメルセデスもそれほど高額を支払っているわけではなく、スポンサーが直接支払っているという話もある

ゲスト



トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/skoba/20120929

人気blogランキング