大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2004-05-20

[][][]モナコGPフリー走行一回目

開始三十二分、ウェバーのエンジントラブルのために赤旗中断。三十九分、再開。

相変らずBARが飛ばしまくっている。デビッドソンがトップ、バトンが二番手タイム。しかしマイケルがトップタイムを更新してきた。予選が全てだとわかってるから必死なんだろうな。

ラルフが三周しか走ってなくてタイムなし、ライコネンも四周で今のところ最下位。おいおい、しっかりしてくれよ。ライコネンはその後タイムを出して八番手。ラルフはトラブルなのか。

琢磨三番手。うしゃ。

うお、ゾンタがトップ。何だこりゃ。まあ、あっさりマイケルに抜き返されるわけだが。トヨタもフリー走行番長だよな。

セッション終盤でタイムがドカドカ更新されて、結局マイケル、琢磨、バトン、ゾンタ、クルサードという順に。それにしてもマイケルの速さは相変らずだな。新記録達成する気満々だよ。

2004年第6戦 モナコGPフリー走行一回目結果

順位ドライバーチームタイヤタイムトップとの差
1M・シューマッハーフェラーリBS1'16.502157.172km/h
2佐藤琢磨BARホンダMi1'17.279+0'00.777
3J・バトンBARホンダMi1'17.339+0'00.837
4R・ゾンタトヨタMi1'17.426+0'00.924
5D・クルサードマクラーレンメルセデスMi1'17.524+0'01.022
6F・アロンソルノーMi1'17.686+0'01.184
7A・デビッドソンBARホンダMi1'17.791+0'01.289
8J・トゥルーリルノーMi1'17.856+0'01.354
9J・P・モントヤウィリアムズ・BMWMi1'17.937+0'01.435
10K・ライコネンマクラーレンメルセデスMi1'17.952+0'01.450
11G・フィジケラザウバーペトロナスBS1'18.338+0'01.836
12R・バリチェッロフェラーリBS1'18.621+0'02.119
13C・ダ・マッタトヨタMi1'18.889+0'02.387
14O・パニストヨタMi1'19.218+0'02.716
15M・ウェバージャガーコスワースMi1'19.261+0'02.759
16F・マッサザウバーペトロナスBS1'19.335+0'02.833
17C・クリエンジャガーコスワースMi1'19.487+0'02.985
18G・パンターノジョーダンフォードBS1'20.528+0'04.026
19T・グロックジョーダンフォードBS1'20.534+0'04.032
20B・ヴィルドハイムジャガーコスワースMi1'20.680+0'04.178
21N・ハイドフェルトジョーダンフォードBS1'21.141+0'04.639
22G・ブルーニミナルディコスワースBS1'21.201+0'04.699
23Z・バウムガルトナーミナルディコスワースBS1'22.203+0'05.701
24B・レインダースミナルディコスワースBS1'23.361+0'06.859
-R・シューマッハーウィリアムズ・BMWMi--

[][][]モナコGPフリー走行二回目

序盤はマクラーレンが頑張ってタイムを出してきている。

アロンソが最初に15秒台突入。ライコネンもいいタイムが出ている。BARが大人しいな。というかレギュラー二人が午前中からタイムが伸びてない。まあいろいろ試すことはあるんだろうけど。とか言ってるとバトンが一気にトップに出た。凄いな。

テストドライバーのヴィルドハイムはともかく、ウェバーが一周もしてないのが気になる。一回目のラルフもそうだけど、エンジンの載換えがあったりしたのだろうか。ていうかよく考えたらウェバーは一回目にもトラブって赤旗の原因を作ったんだっけか。その後マシンが直らなかったというわけだね。

お、デビッドソンがトップタイム。ゾンタも三番手に来た。下手すると十五秒を切りそうな勢いだな。さすがにそれはないと思うけど。

さあ、マイケルが区間ベストで来たぞ。洒落にならない速さだぞ。1'14.741‥‥絶句。琢磨もバトンのすぐ後ろにつけたが、一方でデビッドソンが1'15.141を出した。頑張るなあ。

マクラーレンがその後タイムを伸ばせなくて十番手と十一番手なのは今さら驚かないけれど、モントヤ九番手にラルフ十一番手というのがどうも気にいらない。こんなもんなのか? 低速コースに弱いのはしかたないのか。

あ、リザルト貼っておきながらキミが五番手に浮上したのに気付かなかった。最後の一発でやってくれたね。頑張れ。超頑張れ。

2004年第6戦 モナコGPフリー走行二回目結果

順位ドライバーチームタイヤタイムトップとの差
1M・シューマッハーフェラーリBS1'14.741160.876km/h
2A・デビッドソンBARホンダMi1'15.141+0'00.400
3R・バリチェッロフェラーリBS1'15.319+0'00.578
4J・トゥルーリルノーMi1'15.472+0'00.731
5K・ライコネンマクラーレンメルセデスMi1'15.479+0'00.738
6J・バトンBARホンダMi1'15.520+0'00.779
7佐藤琢磨BARホンダMi1'15.664+0'00.923
8R・ゾンタトヨタMi1'15.690+0'00.949
9F・アロンソルノーMi1'15.701+0'00.960
10J・P・モントヤウィリアムズ・BMWMi1'16.097+0'01.356
11D・クルサードマクラーレンメルセデスMi1'16.229+0'01.488
12R・シューマッハーウィリアムズ・BMWMi1'16.556+0'01.815
13C・ダ・マッタトヨタMi1'16.743+0'02.002
14G・フィジケラザウバーペトロナスBS1'16.748+0'02.007
15O・パニストヨタMi1'17.007+0'02.266
16G・パンターノジョーダンフォードBS1'17.309+0'02.568
17F・マッサザウバーペトロナスBS1'17.422+0'02.681
18T・グロックジョーダンフォードBS1'17.756+0'03.015
19N・ハイドフェルトジョーダンフォードBS1'17.873+0'03.132
20C・クリエンジャガーコスワースMi1'17.988+0'03.247
21G・ブルーニミナルディコスワースBS1'18.822+0'04.081
22Z・バウムガルトナーミナルディコスワースBS1'18.829+0'04.088
23B・レインダースミナルディコスワースBS1'20.370+0'05.629
-B・ヴィルドハイムジャガーコスワースMi--
-M・ウェバージャガーコスワースMi--

[]タイヤが弱点?

われわれが十分なテストができないために、結果的にフェラーリ用に開発された タイヤを使うことになる。しかしそれではわれわれのマシンにフィットしていると は言えないのも事実だ。

@niftyF1ニュース5月20日:ザウバー首脳、「タイヤが弱点」

それは普通は「マシンが弱点」というのではないかと。

仮にC23が本当に図面ベースでF2003-GAのクローンだとしたら(冷却系などを見れば単純にそう言い切れないことはわかる)、モノコックの焼成から組立てまでの段階のどこかにザウバーならではの欠陥があることになるだろう。さらにサスペンションのコンポがたぶんフェラーリとはメーカーが違うとしても、なぜ肝心のホイールベースを5cmも変えてしまったのかという疑問にも繋がる。フェラーリのデータを中途半端にしか活かせないのならフェラーリのテクノロジーを投入した意味がないのでは。

とかなんとか言いながら、ブリヂストンのサポート体制が一極集中に過ぎるというのはコンペティション的にどうよとは思うけどね。このままフェラーリ偏重でいくのなら他のチームはますます離れていくだろうし、もはや内外から撤退論が出てきても不思議ではなくなった。タイヤのワンメイク化をちらつかせることでFIAの動きもそちらに向かってるようだし。'97年の参入当初のチャレンジャーぶりからすると、ここ数年のブリヂストンの戦い方は詰らないよね。性能の良し悪しの話ではなく。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20040520
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報