大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2004-06-12

[][][]カナダGPフリー走行一回目

気温摂氏十八度、路面摂氏三十六度。

まだまだ始まったばかりなのでなんともいえないけど、ウィリアムズ勢がいいタイムを連発している。やはり高速コーナーのないコースが狙い目ということか。どう考えてもあのサスペンションジオメトリはおかしいよ‥‥

三十分経ってもBARのレギュラードライバーは最初のインストレーションラップを除いて走行無し。パンターノに至ってはコースに出てさえいない。

残り十九分、ようやく琢磨がタイムを出したがまだまだこれからというタイム。すでにマイケルは1'14.158とぶっちぎっている。レギュラードライバーではライコネン、ウェバー、バトン、パンターノがまだタイムなし。

デビッドソンが上げてきたけれどフェラーリ二台には及ばず。結局ルノーウィリアムズより上位に来て、あとはホンダトヨタの第三ドライバーが暴れまわるといういつも通りの展開に。

マイケルは少しづつタイムを削ってはいるが、十四秒に近づいても切ることができない。このあたりが限界なのだろうか。コンディションが変る午後にはまた違ってくるだろうけど。

最後までパンターノはコースに出てこなかった。

2004年第8戦 カナダGPフリー走行一回目結果

順位ドライバーチームタイヤタイムトップとの差
1M・シューマッハーフェラーリBS1'14.013212.119km/h
2R・バリチェッロフェラーリBS1'14.291+0'00.278
3A・デビッドソンBARホンダMi1'14.519+0'00.506
4R・ゾンタトヨタMi1'14.952+0'00.939
5J・トゥルーリルノーMi1'15.428+0'01.415
6F・アロンソルノーMi1'15.606+0'01.593
7J・バトンBARホンダMi1'15.905+0'01.892
8J・P・モントヤウィリアムズ・BMWMi1'15.928+0'01.915
9R・シューマッハーウィリアムズ・BMWMi1'15.948+0'01.935
10O・パニストヨタMi1'15.997+0'01.984
11G・フィジケラザウバーペトロナスBS1'16.240+0'02.227
12C・ダ・マッタトヨタMi1'16.475+0'02.462
13K・ライコネンマクラーレンメルセデスMi1'16.570+0'02.557
14佐藤琢磨BARホンダMi1'16.655+0'02.642
15M・ウェバージャガーコスワースMi1'16.820+0'02.807
16D・クルサードマクラーレンメルセデスMi1'16.947+0'02.934
17N・ハイドフェルトジョーダンフォードBS1'17.135+0'03.122
18F・マッサザウバーペトロナスBS1'17.447+0'03.434
19T・グロックジョーダンフォードBS1'17.890+0'03.877
20C・クリエンジャガーコスワースMi1'18.463+0'04.450
21G・ブルーニミナルディコスワースBS1'18.828+0'04.815
22Z・バウムガルトナーミナルディコスワースBS1'18.959+0'04.946
-B・レインダースミナルディコスワースBS--
-B・ヴィルドハイムジャガーコスワースMi--
-G・パンターノジョーダンフォードBS--

[][][]カナダGPフリー走行二回目

気温摂氏二十三度、路面摂氏四十六度。

開始二十五分、フェラーリBAR勢が上位を独占しているところにゾンタが割り込んできた。いつも金曜日は調子いいのになあ、トヨタは。パンターノは相変らず出てこない。もしかして欠席してる?

Giorgio Pantano did not partake in the session ? presumable with mechanical difficulties.

A new lap record for Michael Schumacher

メカニカルトラブルらしいとしかわからないなあ。

今のところモントヤも周回数が少ない。前回もセッティングを決めあぐねていたし、嫌な袋小路に入ったのでなければいいが。ここで駄目なら次のアメリカも駄目だぞ。

開始三十分頃、デビッドソンが第二セクターでストップ。まさかエンジンではなかろうな。

残り十五分、琢磨が一気にトップに踊り出た。1'14.086、午前のマイケルのタイムに匹敵してるぞ。第一セクターが尋常でない速さだ。しかし十四秒の壁は厚い。

セッション終了。エンジン頼みのサーキットなのにアロンソが二番手、ライコネンが四番手とはすごいな。明日が楽しみだ。

2004年第8戦 カナダGPフリー走行二回目結果

順位ドライバーチームタイヤタイムトップとの差
1佐藤琢磨BARホンダMi1'14.086211.91
2F・アロンソルノーMi1'14.426+0'00.340
3M・シューマッハーフェラーリBS1'14.535+0'00.449
4K・ライコネンマクラーレンメルセデスMi1'14.581+0'00.495
5R・バリチェッロフェラーリBS1'14.705+0'00.619
6R・ゾンタトヨタMi1'14.871+0'00.785
7C・ダ・マッタトヨタMi1'15.146+0'01.060
8J・バトンBARホンダMi1'15.152+0'01.066
9D・クルサードマクラーレンメルセデスMi1'15.164+0'01.078
10G・フィジケラザウバーペトロナスBS1'15.293+0'01.207
11J・トゥルーリルノーMi1'15.492+0'01.406
12A・デビッドソンBARホンダMi1'15.513+0'01.427
13O・パニストヨタMi1'15.538+0'01.452
14R・シューマッハーウィリアムズ・BMWMi1'15.803+0'01.717
15M・ウェバージャガーコスワースMi1'15.926+0'01.840
16F・マッサザウバーペトロナスBS1'16.119+0'02.033
17G・ブルーニミナルディコスワースBS1'16.235+0'02.149
18N・ハイドフェルトジョーダンフォードBS1'16.508+0'02.422
19T・グロックジョーダンフォードBS1'16.524+0'02.438
20J・P・モントヤウィリアムズ・BMWMi1'16.564+0'02.478
21C・クリエンジャガーコスワースMi1'16.815+0'02.729
22Z・バウムガルトナーミナルディコスワースBS1'16.981+0'02.895
23B・レインダースミナルディコスワースBS1'17.697+0'03.611
24B・ヴィルドハイムジャガーコスワースMi1'19.260+0'05.174
-G・パンターノジョーダンフォードBS--

[][][]カナダGPフリー走行三回目

う、開始時間を勘違いしていた。

で、リザルト表を見たら‥‥どーした琢磨!

2004年第8戦 カナダGPフリー走行三回目結果

順位ドライバーチームタイヤタイムトップとの差
1M・シューマッハーフェラーリBS1'13.865212.545km/h
2F・アロンソルノーMi1'13.946+0'00.081
3J・バトンBARホンダMi1'14.047+0'00.182
4R・バリチェッロフェラーリBS1'14.284+0'00.419
5J・トゥルーリルノーMi1'14.421+0'00.556
6K・ライコネンマクラーレンメルセデスMi1'14.584+0'00.719
7D・クルサードマクラーレンメルセデスMi1'14.747+0'00.882
8J・P・モントヤウィリアムズ・BMWMi1'15.067+0'01.202
9R・シューマッハーウィリアムズ・BMWMi1'15.191+0'01.326
10G・フィジケラザウバーペトロナスBS1'15.290+0'01.425
11C・ダ・マッタトヨタMi1'15.573+0'01.708
12F・マッサザウバーペトロナスBS1'15.764+0'01.899
13O・パニストヨタMi1'15.843+0'01.978
14M・ウェバージャガーコスワースMi1'15.854+0'01.989
15C・クリエンジャガーコスワースMi1'16.124+0'02.259
16N・ハイドフェルトジョーダンフォードBS1'16.305+0'02.440
17T・グロックジョーダンフォードBS1'16.928+0'03.063
18G・ブルーニミナルディコスワースBS1'18.409+0'04.544
19Z・バウムガルトナーミナルディコスワースBS1'18.711+0'04.846
-佐藤琢磨BARホンダMi--

[][][]カナダGPフリー走行四回目

うーん、前セッションで琢磨が四周しか走らずノーレコードなのは何故だ。F1-live.comでもその理由には触れていない。気になるなあ。気温十六度、路面温度は十八度。冷たい。

パンターノは結局欠場(シート喪失?)。土曜日のリストには第三ドライバーのグロックの名が上がった。

セッション開始二十分、マイケルが一人1'13.420で他を圧倒、二番手アロンソは一秒落ち、三番手バトン‥‥オーダーは一回目と同じか。そして琢磨はまだ出てこない。バリチェッロもだな。付き合いいいな。

残り十八分、二人揃ってのそのそ出てきた。とりあえずよかった。そのころルノー勢が驚異の十二秒台へ。うげげ。琢磨の一発目は1'14.190で五番手、悪くはないが出遅れた感は否めず。でもバトンよりは速い。バリチェッロは二周目に十三秒台を出したぞ。

琢磨も十三秒台へ、しかしなんとマクラーレンの二台がその前に立ちはだかる。トゥルーリ、アロンソ,マイケル,ライコネン、クルサード、そして琢磨という順番。悪い夢でも見てるのか、って別に悪くはないか。しかしウィリアムズマクラーレンの順序が逆だろうと思ったその一方の相手は十一番手と十二番手に低迷。北米二連戦は捨てたか‥‥。

路面温度が二十六度まで上がってきたが、まだまだミシュランのおいしい温度ではないはず。それでも上位を守っているルノー勢、さすがというべきか。

終了間際の残り四分、バトンが1'13.026でルノー勢に次ぐ三番手に浮上。琢磨もアタックに入っているが、コース上にはマシンが二十台。それでも自己ベストの1'13.235でバトンのすぐ後ろにつけた。一方トゥルーリも自己ベストを連発してトップタイムを塗り替える。1'12.629はコースレコードに匹敵するんじゃないかな。モントヤも五番手タイムでどうにか持ち直してきた。ラルフは相変らず十二番手に低迷。さてさて予選はどうなりますやら。

2004年第8戦 カナダGPフリー走行四回目結果

順位ドライバーチームタイヤタイムトップとの差
1J・トゥルーリルノーMi1'12.629216.162km/h
2F・アロンソルノーMi1'12.901+0'00.272
3J・バトンBARホンダMi1'13.026+0'00.397
4佐藤琢磨BARホンダMi1'13.235+0'00.606
5J・P・モントヤウィリアムズ・BMWMi1'13.320+0'00.691
6M・シューマッハーフェラーリBS1'13.420+0'00.791
7K・ライコネンマクラーレンメルセデスMi1'13.566+0'00.937
8D・クルサードマクラーレンメルセデスMi1'13.686+0'01.057
9R・バリチェッロフェラーリBS1'13.904+0'01.275
10C・クリエンジャガーコスワースMi1'14.340+0'01.711
11C・ダ・マッタトヨタMi1'14.521+0'01.892
12R・シューマッハーウィリアムズ・BMWMi1'14.697+0'02.068
13M・ウェバージャガーコスワースMi1'14.835+0'02.206
14G・フィジケラザウバーペトロナスBS1'14.902+0'02.273
15O・パニストヨタMi1'14.916+0'02.287
16F・マッサザウバーペトロナスBS1'15.332+0'02.703
17N・ハイドフェルトジョーダンフォードBS1'15.987+0'03.358
18T・グロックジョーダンフォードBS1'16.417+0'03.788
19Z・バウムガルトナーミナルディコスワースBS1'16.579+0'03.950
20G・ブルーニミナルディコスワースBS1'16.825+0'04.196

jack0228jack02282004/06/12 12:14琢磨はブレ―キングがうまいのかなあ。よく言われますが、どんなセッションにせよ一番になることはすごい事だと思います。

yms-zunyms-zun2004/06/12 19:29セットアップの答えを見つけるのが早いというのもあるでしょうね。ここのところ、バトンはセッティングで苦しんでいる様ですし。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20040612
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報