大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2004-06-20

[][][]第9戦アメリカGP公式予選一回目

風向きは一コーナーからオーバルの対角方向に向けて、オーバル区間では向い風、インフィールドでは追風という理想とは反対の状態。セッティングはうまく行ったのか。

バリチェッロがいきなり1'09.454を叩き出す。フィジケラも辛うじて十秒台にのせてきた。ライコネン、ストレートで踏めない辛さを味わう。クルサード共々、フィジケラの後ろ。

琢磨、1'10.002。よしよし。アロンソ、1'10.078でバトンの前に出る。トゥルーリの挙動はどうにも安定しない。

前戦失格組四台が走る。ラルフが1'10.003で琢磨と僅差。モントヤは1'09.824で二番手を獲得した。ダ・マッタは1'10.108。速い速い。パニスは一セクで二番手をマーク。1'09.923で三番手、すばらしい。パンターノの車載映像はまるでバトルギアだ。こんなのF1じゃない‥‥

2004年第9戦アメリカGP公式予選一回目結果

順位ドライバーチームタイヤタイムトップとの差
1R・バリチェッロフェラーリBS1'09.454217.283km/h
2J・P・モントヤウィリアムズ・BMWMi1'09.824+0'00.370
3O・パニストヨタMi1'09.923+0'00.469
4佐藤琢磨BARホンダMi1'10.002+0'00.548
5R・シューマッハーウィリアムズ・BMWMi1'10.003+0'00.549
6F・アロンソルノーMi1'10.078+0'00.624
7C・ダ・マッタトヨタMi1'10.108+0'00.654
8J・バトンBARホンダMi1'10.115+0'00.661
9M・シューマッハーフェラーリBS1'10.129+0'00.675
10J・トゥルーリルノーMi1'10.559+0'01.105
11G・フィジケラザウバーペトロナスBS1'10.997+0'01.543
12D・クルサードマクラーレンメルセデスMi1'11.068+0'01.614
13F・マッサザウバーペトロナスBS1'11.315+0'01.861
14K・ライコネンマクラーレンメルセデスMi1'11.415+0'01.961
15M・ウェバージャガーコスワースMi1'11.444+0'01.990
16C・クリエンジャガーコスワースMi1'11.777+0'02.323
17G・パンターノジョーダンフォードBS1'12.017+0'02.563
18N・ハイドフェルトジョーダンフォードBS1'12.329+0'02.875
19G・ブルーニミナルディコスワースBS1'13.776+0'04.322
20Z・バウムガルトナーミナルディコスワースBS1'14.396+0'04.942

[][][]第9戦アメリカGP公式予選二回目

  1. バウムガルトナー、1'14.812。化けの皮が剥がれたか‥‥
  2. ブルーニ、1'14.010。まあこんなもんかと。
  3. ハイドフェルト、1'13.147。
  4. パンターノ、1'13.375。
  5. クリエン、1'12.170。
  6. ウェバー、1'11.286。まずまずのタイムか。
  7. ライコネン、1'11.137。トップだけどスタッフは浮かない顔。
  8. マッサ、1'12.721。ミスが響いた。
  9. クルサード、1'12.026。冴えない走りでウェバーの後ろに留まる。
  10. フィジケラ、1'12.470。今回もかなり重めとみたぞ。
  11. トゥルーリ、ピットレーンでクルーが押しがけしている。辛うじてピットアウト、しかし一コーナーまで加速しない。アウトラップで様子を確かめてアタックに入るが、やはりおかしい。ソフトウェアか油圧系かステアリングのトラブルか。ピットに戻ってタイムなし。
  12. M・シューマッハー、二セクで痛いミス。1'10.400はトップだが厳しいだろう。
  13. バトン、一セクでミス。二セクを最速でまとめたが1'10.820、二番手どまり。
  14. ダ・マッタ、1'11.691。
  15. アロンソ、1'11.185。
  16. R・シューマッハー、1'11.106。こんなもんなのか?
  17. 佐藤琢磨、二セク最速でポールも見えたが、三セクで謎のタイム落ち。1'10.601で惜しくも二番手。琢磨リミッターが付いてんのか?
  18. パニス、1'11.167。アロンソの前は大健闘。
  19. モントヤ、1'11.062。なんだか今一つ。
  20. バリチェッロ、フリー走行から元気だったが1'10.223、みごと今季初ポールを獲得した。

フェラーリBARウィリアムズと綺麗に並んだスターティンググリッド。一コーナーが心配で仕方ないが、頼んまっせ。

尚、トゥルーリのトラブルはやはりステアリングの不調によるものだそうだ。

決勝に向けては、バリチェッロに期待したい。ここまで、一つを除いて全セッションでトップタイム。ここで勝たずにいつ勝つのだ。

2004年第9戦アメリカGP公式予選二回目結果

順位ドライバーチームタイヤタイムトップとの差
1R・バリチェッロフェラーリBS1'10.223214.904km/h
2M・シューマッハーフェラーリBS1'10.400+0'00.177
3佐藤琢磨BARホンダMi1'10.601+0'00.378
4J・バトンBARホンダMi1'10.820+0'00.597
5J・P・モントヤウィリアムズ・BMWMi1'11.062+0'00.839
6R・シューマッハーウィリアムズ・BMWMi1'11.106+0'00.883
7K・ライコネンマクラーレンメルセデスMi1'11.137+0'00.914
8O・パニストヨタMi1'11.167+0'00.944
9F・アロンソルノーMi1'11.185+0'00.962
10M・ウェバージャガーコスワースMi1'11.286+0'01.063
11C・ダ・マッタトヨタMi1'11.691+0'01.468
12D・クルサードマクラーレンメルセデスMi1'12.026+0'01.803
13C・クリエンジャガーコスワースMi1'12.170+0'01.947
14G・フィジケラザウバーペトロナスBS1'12.470+0'02.247
15F・マッサザウバーペトロナスBS1'12.721+0'02.498
16N・ハイドフェルトジョーダンフォードBS1'13.147+0'02.924
17G・パンターノジョーダンフォードBS1'13.375+0'03.152
18G・ブルーニミナルディコスワースBS1'14.010+0'03.787
19Z・バウムガルトナーミナルディコスワースBS1'14.812+0'04.589
-J・トゥルーリルノーMi--

[]拡充

サイドバー部分にいろいろ突込んで検索性を上げてみた。いろいろって程のこたないか。まあちったあ便利になったかな。

[]ホンマやな

頼むでホンマ。

‥‥ありがとう。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20040620
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報