大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2004-07-02

[][][]第10戦フランスGPフリー走行一回目

既報の通り、ラルフはアメリカGPのクラッシュのため長期休養をとることを余儀なくされ、当面の代役として第三ドライバーのマルク・ジェネが出場することになった。

FIAのコンディション表示を見る限り、雨が降りかかっている様に見える。いや、WETの値が1ということは完全にウェットコンディションという意味か。そのせいかどうか、セッション開始後三十分を過ぎても、タイムを出したマシン台数は半数にも満たない。モントヤは途中でストップしてしまった模様。

途中から雨は止んだ様ではあるが、各車ともあまり周回数はこなさずにセッション終了。

2004年第10戦 フランスGPフリー走行一回目結果

順位ドライバーチームタイヤタイムトップとの差
1R・バリチェッロフェラーリBS1'15.487210.362km/h
2M・シューマッハーフェラーリBS1'15.713+0'00.226
3M・ジェネウィリアムズ・BMWMi1'19.348+0'03.861
4T・グロックジョーダンフォードBS1'19.428+0'03.941
5G・パンターノジョーダンフォードBS1'19.466+0'03.979
6N・ハイドフェルトジョーダンフォードBS1'20.531+0'05.044
7G・ブルーニミナルディコスワースBS1'21.203+0'05.716
8B・レインダースミナルディコスワースBS1'22.267+0'06.780
9A・デビッドソンBARホンダMi1'26.552+0'11.065
10C・ダ・マッタToyotaMi1'26.757+0'11.270
11O・パニストヨタMi1'27.449+0'11.962
12J・バトンBARホンダMi1'28.317+0'12.830
13R・ゾンタトヨタMi1'29.085+0'13.598
14C・クリエンジャガーコスワースMi1'29.626+0'14.139
15Z・バウムガルトナーミナルディコスワースBS1'29.877+0'14.390
16佐藤琢磨BARホンダMi1'30.092+0'14.605
17B・ヴィルドハイムジャガーコスワースMi1'30.204+0'14.717
18J・トゥルーリルノーMi1'39.392+0'23.905
-F・マッサザウバーペトロナスBS--
-F・アロンソルノーMi--
-G・フィジケラザウバーペトロナスBS--
-D・クルサードマクラーレンメルセデスMi--
-J・P・モントヤウィリアムズ・BMWMi--
-K・ライコネンマクラーレンメルセデスMi--
-M・ウェバージャガーコスワースMi--

[][][]第10戦フランスGPフリー走行二回目

まだ路面は濡れているらしく、やはり出足は鈍い。それでも時間が経つにつれ乾いてきて、タイムが向上してきている様ではある。開始二十五分後、ウェバーが一分二十秒を切ってきた。

残り二十二分、タイムはだいたい十六秒から十七秒台の間に落ち着いてきた様だ。午前のセッションでフェラーリ勢が出した十五秒台って一体何だったんだろう。雨が降り始める前だったということか。

残り十五分、コース上からマシンの姿が消えた。セッションが中断した風でもなし、コンディションが急変したのだろうか。WET情報には変化が見られないが、路面温度が下がりつつあるのは気になる。やはり雨が降ってきたのだろうか。FIAの情報には、端的に雨が降っているかいないかの表示がないので判断に困るな。

残り九分、ジェネとデビッドソンとグロック、少し遅れてゾンタがコースイン。たぶん、トラックのコンディションの偵察に駆りだされたのだと思う。「いかにも」な顔ぶれからそれが窺える。

残り一分を切ってパンターノが自己ベスト、ダ・マッタはなんと1'15.518でセッショントップに踊り出た。コンディションが戻るギリギリのタイミングを狙ったということか。デビッドソンも三番手に。しかし概ね上位陣は動きを見せず、全体に大人しい印象の残る初日であった。土曜、日曜の天気が気になるところだ。

2004年第10戦 フランスGPフリー走行二回目結果

順位ドライバーチームタイヤタイムトップとの差
1C・ダ・マッタトヨタMi1'15.518210.276km/h
2J・トゥルーリルノーMi1'16.206+0'00.688
3A・デビッドソンBARホンダMi1'16.231+0'00.713
4J・バトンBARホンダMi1'16.397+0'00.879
5M・シューマッハーフェラーリBS1'16.397+0'00.879
6F・アロンソルノーMi1'16.454+0'00.936
7D・クルサードマクラーレンメルセデスMi1'16.464+0'00.946
8M・ウェバージャガーコスワースMi1'16.745+0'01.227
9K・ライコネンマクラーレンメルセデスMi1'16.794+0'01.276
10R・バリチェッロフェラーリBS1'17.094+0'01.576
11O・パニストヨタMi1'17.303+0'01.785
12G・フィジケラザウバーペトロナスBS1'17.324+0'01.806
13J・P・モントヤウィリアムズ・BMWMi1'17.556+0'02.038
14M・ジェネウィリアムズ・BMWMi1'17.688+0'02.170
15R・ゾンタトヨタMi1'17.735+0'02.217
16C・クリエンジャガーコスワースMi1'17.936+0'02.418
17佐藤琢磨BARホンダMi1'17.967+0'02.449
18F・マッサザウバーペトロナスBS1'18.614+0'03.096
19G・パンターノジョーダンフォードBS1'18.711+0'03.193
20B・ヴィルドハイムジャガーコスワースMi1'19.179+0'03.661
21N・ハイドフェルトジョーダンフォードBS1'19.270+0'03.752
22G・ブルーニミナルディコスワースBS1'19.349+0'03.831
23T・グロックジョーダンフォードBS1'19.490+0'03.972
24Z・バウムガルトナーミナルディコスワースBS1'19.636+0'04.118
25B・レインダースミナルディコスワースBS1'19.914+0'04.396
トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20040702
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報