大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2004-08-14

[][][]第13戦ハンガリーGPフリー走行三回目

予選を見る時間を確保するためにリアルタイムで追いかけなかったら、琢磨が走っていなかったりするので気が抜けない。何があったんだろう。

ピッツォニアが凄いね。

2004年第13戦 ハンガリーGPフリー走行三回目結果

順位ドライバーチームタイヤタイムトップとの差
1M・シューマッハーフェラーリBS1'20.216196.614km/h
2A・ピッツォニアウィリアムズ・BMWMi1'20.482+0'00.266
3J・P・モントヤウィリアムズ・BMWMi1'20.696+0'00.480
4J・バトンBARホンダMi1'20.731+0'00.515
5R・バリチェッロフェラーリBS1'20.830+0'00.614
6J・トゥルーリルノーMi1'21.257+0'01.041
7F・アロンソルノーMi1'21.392+0'01.176
8D・クルサードマクラーレンメルセデスMi1'21.555+0'01.339
9F・マッサザウバーペトロナスBS1'21.593+0'01.377
10K・ライコネンマクラーレンメルセデスMi1'21.825+0'01.609
11O・パニストヨタMi1'21.838+0'01.622
12R・ゾンタトヨタMi1'21.927+0'01.711
13G・フィジケラザウバーペトロナスBS1'22.013+0'01.797
14M・ウェバージャガーコスワースMi1'22.068+0'01.852
15C・クリエンジャガーコスワースMi1'22.421+0'02.205
16G・パンターノジョーダンフォードBS1'22.709+0'02.493
17G・ブルーニミナルディコスワースBS1'23.112+0'02.896
18N・ハイドフェルトジョーダンフォードBS1'23.242+0'03.026
19Z・バウムガルトナーミナルディコスワースBS1'24.233+0'04.017
-佐藤琢磨BARホンダMi--

[][][]第13戦ハンガリーGPフリー走行四回目

バトンがトップをもぎ取った。正直、意外な気もする。琢磨もまともなタイムが出せているのでまずは安心。マクラーレンが沈んでいるのは、もう決勝の作戦が決まったということか。

マッサはエンジンブローを起こしたそうで、決勝グリッドの十番手降格が決定。

2004年第13戦 ハンガリーGPフリー走行四回目結果

順位ドライバーチームタイヤタイムトップとの差
1J・バトンBARホンダMi1'19.556198.245km/h
2M・シューマッハーフェラーリBS1'19.747+0'00.191
3R・バリチェッロフェラーリBS1'19.768+0'00.212
4A・ピッツォニアウィリアムズ・BMWMi1'19.913+0'00.357
5J・トゥルーリルノーMi1'20.130+0'00.574
6佐藤琢磨BARホンダMi1'20.363+0'00.807
7F・アロンソルノーMi1'20.363+0'00.807
8J・P・モントヤウィリアムズ・BMWMi1'20.480+0'00.924
9R・ゾンタトヨタMi1'20.606+0'01.050
10K・ライコネンマクラーレンメルセデスMi1'20.614+0'01.058
11O・パニストヨタMi1'20.689+0'01.133
12D・クルサードマクラーレンメルセデスMi1'20.914+0'01.358
13M・ウェバージャガーコスワースMi1'21.112+0'01.556
14G・フィジケラザウバーペトロナスBS1'21.165+0'01.609
15C・クリエンジャガーコスワースMi1'21.390+0'01.834
16N・ハイドフェルトジョーダンフォードBS1'21.712+0'02.156
17F・マッサザウバーペトロナスBS1'21.989+0'02.433
18G・パンターノジョーダンフォードBS1'23.083+0'03.527
19G・ブルーニミナルディコスワースBS1'23.979+0'04.423
20Z・バウムガルトナーミナルディコスワースBS1'24.522+0'04.966

[][][]第13戦ハンガリーGP公式予選一回目(晴/ドライ)

マイケルがいきなり1'19.107。速い。続く四台、バトン・アロンソ・クルサード・モントヤは一分十九秒台後半を越えられない。ブリヂストンとミシュランの差が出たのか。

ウィリアムズはFW25の様なフロントノーズに戻っている。しかし、フロントサスのマウント方法は従来と同じ。これじゃ意味ないよね。

琢磨、1'19.695で二番手。よしよし。フリー三回目のトラブルの後遺症がなければいいが。そしてなんとフィジケラが1'19.668。これはすごい。やはりタイヤの差か。

バリチェッロ、1'18.436。これは馬鹿ッ速い。トヨタはどうもパッとしないなー。ライコネンは第三セクターで挙動を乱して十番手止まり、これはライン取りのミスか。

上位四台がBS勢、第二予選でこの差がどこまで拡がるか。

2004年第13戦 ハンガリーGP公式予選一回目結果

順位ドライバーチームタイヤタイムトップとの差
1R・バリチェッロフェラーリBS1'18.436201.076km/h
2M・シューマッハーフェラーリBS1'19.107+0'00.671
3F・マッサザウバーペトロナスBS1'19.658+0'01.222
4G・フィジケラザウバーペトロナスBS1'19.668+0'01.232
5佐藤琢磨BARホンダMi1'19.695+0'01.259
6J・P・モントヤウィリアムズ・BMWMi1'19.821+0'01.385
7J・バトンBARホンダMi1'19.878+0'01.442
8J・トゥルーリルノーMi1'19.879+0'01.443
9A・ピッツォニアウィリアムズ・BMWMi1'20.019+0'01.583
10K・ライコネンマクラーレンメルセデスMi1'20.066+0'01.630
11F・アロンソルノーMi1'20.135+0'01.699
12R・ゾンタトヨタMi1'20.199+0'01.763
13N・ハイドフェルトジョーダンフォードBS1'20.439+0'02.003
14O・パニストヨタMi1'20.491+0'02.055
15G・パンターノジョーダンフォードBS1'21.187+0'02.751
16D・クルサードマクラーレンメルセデスMi1'21.192+0'02.756
17M・ウェバージャガーコスワースMi1'21.452+0'03.016
18C・クリエンジャガーコスワースMi1'21.510+0'03.074
19G・ブルーニミナルディコスワースBS1'23.362+0'04.926
20Z・バウムガルトナーミナルディコスワースBS1'24.656+0'06.220

[][][]第13戦ハンガリーGP公式予選二回目(晴/ドライ)

  1. バウムガルトナー、1'24.329。
  2. ブルーニ、1'24.679。
  3. クリエン、1'21.118。
  4. ウェバー、1'20.730。一セクで遅かったのはミスだったのか。
  5. クルサード、1'20.897。やはりフリー走行のタイムを見て思った通りなのかな。
  6. パンターノ、1'22.356。
  7. パニス、1'21.068。
  8. ハイドフェルト、1'22.180。
  9. ゾンタ、1'21.135。
  10. アロンソ、1'19.996。辛うじて二十秒を割った。
  11. ライコネン、1'20.570。クルサードと同じ作戦なのかどうかが気にかかるところ。
  12. ピッツォニア、一セク最速だったが二セクが振わず1'20.170。二十秒の壁があるなあ。
  13. トゥルーリのアタック中、何と雨が降ってきた。見たところピンポイントの通り雨の様だが、さてどうなることやら。1'20.411。まだ大きな影響はみられない。
  14. バトン、1'19.700でトップへ。コンディションは大丈夫か。
  15. モントヤ、一セク最速だったが二セクで崩れ、三セクでさらに遅れて1'20.199。雨の見えた区間では速かっただけに不可解。
  16. 佐藤、二セクで少しはみ出す。ヒヤヒヤさせやがるぜ全く。1'19.693、極わずがにバトンを上回った。これでグリッド二列目以内は確定。
  17. フィジケラ、1'20.324。うーん、折角速いんだからこのサーキットでは勝負に出てもよかったんじゃ?
  18. マッサ、カメラに「オレ? 走らないよ?」とポーズを取る。
  19. M・シューマッハー、1'19.146。F1ってこういう車のことを言うんだよね。走りが美しすぎて溜息が出るよ。
  20. バリチェッロ、1'19.323。上に同じ。

琢磨三番手グリッド、まあ望み得るベストグリッドだろう。スタートでは隣と後方のライバルに注意だ。

バリチェッロの二番手タイムが取沙汰されているが、タイヤの差が出たのか、あるいは二セクで少し緩めたか‥‥? 真相は闇の中だ。

2004年第13戦 ハンガリーGP公式予選二回目結果

順位ドライバーチームタイヤタイムトップとの差
1M・シューマッハーフェラーリBS1'19.146199.272km/h
2R・バリチェッロフェラーリBS1'19.323+0'00.177
3佐藤琢磨BARホンダMi1'19.693+0'00.547
4J・バトンBARホンダMi1'19.700+0'00.554
5F・アロンソルノーMi1'19.996+0'00.850
6A・ピッツォニアウィリアムズ・BMWMi1'20.170+0'01.024
7J・P・モントヤウィリアムズ・BMWMi1'20.199+0'01.053
8G・フィジケラザウバーペトロナスBS1'20.324+0'01.178
9J・トゥルーリルノーMi1'20.411+0'01.265
10K・ライコネンマクラーレンメルセデスMi1'20.570+0'01.424
11M・ウェバージャガーコスワースMi1'20.730+0'01.584
12D・クルサードマクラーレンメルセデスMi1'20.897+0'01.751
13O・パニストヨタMi1'21.068+0'01.922
14C・クリエンジャガーコスワースMi1'21.118+0'01.972
15R・バリチェッロトヨタMi1'21.135+0'01.989
16N・ハイドフェルトジョーダンフォードBS1'22.180+0'03.034
17G・パンターノジョーダンフォードBS1'22.356+0'03.210
18Z・バウムガルトナーミナルディコスワースBS1'24.329+0'05.183
19G・ブルーニミナルディコスワースBS1'24.679+0'05.533
-F・マッサザウバーペトロナスBS--
トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20040814
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報