大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2005-07-10

[][][]2005年第11戦イギリスGP決勝

フォーメーションラップの最終コーナーで佐藤がストップ。スタートはアボートもディレイもなく通常通り行われ、一周を待たずにセーフティカー導入。

スタートではバリチェッロが好スタートで四番手へ、マイケルも七番手に浮上。佐藤は一旦ピットに押されて戻り、給油してラップ遅れでスタートした。三周目、レース再開。

マイケルがライコネンの追上げに対して守勢に立たされている。ライコネンの方が積んでいると仮定すると、一回目のピットインで順位をキープできるかどうかがマイケルの勝負どころ。

十一周目、カーティケヤンがコース脇にマシンを止めた。

十八周目、アルバースとバリチェッロがピットイン。ルビーニョは異常に短い給油時間だったが、何か企んだか。

蓋になっていたトゥルーリがピットに入り、マイケルがペースアップ。しかし先にマイケルがピットに入り、ライコネンがピットインを終えた時には順位が入れかわってしまった。

‥‥居眠りして目覚めてみると、大体二回目のピットインを終えた頃。フィジケラが二度目のピットイン時にエンスト。マニクールに続いて二週連続。何やってんだ。

わりと淡々と展開したレース、フェラーリは六、七位で地味にダブル入賞。リタイアはカーティケヤンの一台のみ、モンテイロは連続完走記録を伸ばしてF1の歴史に名も残しつつある。この調子で頑張れ。

表彰式はシャンパンファイトなし。やはり、ロンドンでの爆破事件に配慮した模様。グランプリが無事に終ってよかった。

結果

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20050710
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報