大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2006-04-23

[][][]2006年第4戦サンマリノGP決勝

  1. M・シューマッハー
  2. J・バトン
  3. R・バリチェッロ
  4. F・マッサ
  5. F・アロンソ
  6. R・シューマッハー
  7. J・P・モントヤ
  8. K・ライコネン
  9. J・トゥルーリ
  10. M・ウェバー
  11. G・フィジケラ
  12. J・ヴィルヌーヴ
  13. N・ロズベルグ
  14. D・クルサード
  15. N・ハイドフェルト
  16. V・リウッツィ
  17. C・クリエン
  18. S・スピード
  19. T・モンテイロ
  20. C・アルバース
  21. 佐藤琢磨
  22. 井出有治

スタート、アロンソは絶妙の動き出しを見せたが前につかえてしまう。第一シケインでバリチェッロが五番手に順位を落し、マッサとアロンソがその前に。ホンダは相変らずスタートが悪い。

イエローフラッグが出たと思ったらアルバースがヴィルヌーヴシケインで大破横転、井出と接触のためらしい。このアクシデントでセーフティカー導入。肝が冷えたがアルバース本人は無事。

  1. M・シューマッハー
  2. J・バトン
  3. F・マッサ
  4. F・アロンソ
  5. R・バリチェッロ
  6. R・シューマッハー
  7. J・P・モントヤ
  8. J・トゥルーリ
  9. M・ウェバー
  10. K・ライコネン
  11. J・ヴィルヌーヴ
  12. G・フィジケラ
  13. N・ロズベルグ
  14. D・クルサード
  15. N・ハイドフェルト
  16. V・リウッツィ
  17. S・スピード
  18. C・クリエン
  19. T・モンテイロ
  20. 佐藤琢磨

四周目にレース再開。

六周目、トゥルーリがピットに。そのままガレージに引込んでリタイア。

マイケルが序盤からハイペースで逃げる、しかしバトンがなかなかのペースでそれに追いすがる。ホンダのことだからピットインの後どうなるかは分らん。

十三周目、井出がコースに復帰してイモラテスト開始。

十五周目、バリチェッロがピットイン。燃料補給でタイムロス。スタートでの失敗もあって、何もかも台無し。続いてバトン、こちらも給油量のわりにタイムロス。やはり「びーえーあーる」だ。

十七周目、トヨタがピットイン。三回ストップと覚しき素早い作業。ミスもなし。

  1. M・シューマッハー
  2. F・マッサ
  3. F・アロンソ
  4. J・P・モントヤ
  5. M・ウェバー
  6. K・ライコネン
  7. J・バトン
  8. J・ヴィルヌーヴ
  9. G・フィジケラ
  10. R・シューマッハー
  11. N・ロズベルグ
  12. D・クルサード
  13. R・バリチェッロ
  14. N・ハイドフェルト
  15. S・スピード
  16. C・クリエン
  17. V・リウッツィ
  18. T・モンテイロ
  19. 佐藤琢磨
  20. 井出有治

二十周目、マッサがピットイン。マイケルはその間にファステストで後続を引離し、続く二十一周目にピットイン。二番手でコースに復帰した。

二十三周目、ライコネンがピットイン。二十四周目、モントヤとウェバー。

二十六周目、アロンソがピットイン。作業にミスがあったか、ややタイムロス。

ピットストップ後のマイケルのペースが今一つな感じだ。アロンソとの差を考えると終盤にもつれそう。マッサも全然ダメダメ。

  1. M・シューマッハー
  2. F・アロンソ
  3. J・バトン
  4. F・マッサ
  5. J・P・モントヤ
  6. M・ウェバー
  7. J・ヴィルヌーヴ
  8. G・フィジケラ
  9. K・ライコネン
  10. R・シューマッハー
  11. N・ロズベルグ
  12. D・クルサード
  13. R・バリチェッロ
  14. N・ハイドフェルト
  15. C・クリエン
  16. S・スピード
  17. V・リウッツィ
  18. T・モンテイロ
  19. 佐藤琢磨
  20. 井出有治

三十周目、フィジケラがピットイン。ほぼレースの半分を走ったが、二回ストップの模様。

三十一周目、バトンが二度目のピットイン。ここでまた馬鹿みたいなミス。ロリポップが一瞬動いたのを見て、ホースが挿さったままバトンが発進してしまい、ピットクルーが薙ぎ倒された。ノズルがホースからもぎ取られたが、幸い出火はなし。ピットロードで止ったマシシからノズルを引抜いてバトンはコース復帰した。お粗末。

マイケルのペースは落ちる一方で、三十五周目にはついにアロンソにテールトゥノーズの状態に追込まれた。

三十六周目、昔 黄旗。何があったか、情報なし。バリアンテアルタにマシンが止ってるのが見えた。井出か? タイミングモニタによると井出らしい。

マイケルvsアロンソのバトルが続く。マイケルのタイムは28秒台、明らかにおかしい。マイケルのブレーキポイントが早すぎる気がするのだが、これがバトルの牽制なのかどうかが分らない。

四十二周目、業を煮やしたアロンソがピットイン。ここにマイケルも合せるべきだったのに、よりによってマッサのルーチンタイミングだった。これは万事休すか?

続いてマイケルが駆込む様にピットイン、どうだ? アロンソの前で復帰した、すごい! ピットクルー、グッジョブ!!

四十五周目、暫定首位のモントヤがピットイン、マッサと順位を逆転した。ライコネンがこの間に自己ベストタイム。しかしファステストを出せる程の速さが今日は見られない。四十八周目、ライコネンピットイン。同じ周、リバッツァで黄旗。誰? 琢磨だ。

  1. M・シューマッハー
  2. F・アロンソ
  3. J・P・モントヤ
  4. F・マッサ
  5. K・ライコネン
  6. M・ウェバー
  7. J・バトン
  8. G・フィジケラ
  9. R・シューマッハー
  10. R・バリチェッロ
  11. N・ロズベルグ
  12. N・ハイドフェルト
  13. J・ヴィルヌーヴ
  14. V・リウッツィ
  15. S・スピード
  16. T・モンテイロ

いつのまにかクリエンとクルサードがリタイアしてる。レッドブル全滅。フェラーリエンジンの耐久力に不安があるってことかしらん。

延々続く神経戦の様なバトル、残り四周のタンブレロでアロンソがミスをして少し遅れた。この隙にマイケルがペースを上げて、コンマ三秒しかなかった差を二秒以上に広げた。アロンソはこれで心乱れたか、細かいミスを連発。マイケルは逆に落着きを得たか、ペースをぐんぐん上げている。

脳を削られるかの様なバトルをマイケルが制し、昨年の雪辱を果した。二位アロンソ、三位モントヤ、四位はマイケル同様にプレッシャーを抑え切ったマッサ、それに敗れたライコネンが五位、ウェバー、バトン、フィジケラまでが入賞。完走は十六台だった。

余裕の勝ちかと思ったが、中盤に苦しんだフェラーリ。夏に向けて、ちと不安材料が多く見えてしまうレースだったかな。レッドブルが消えたこともあるし。

それにしてもホンダトヨタにはなーんも期待できませんな。今回みたいに、ルノーの勝ちをフェラーリマクラーレンが何回削り取れるかがシーズンの行方を決めそうだ、ってことで。

次は二週間後のニュル。この勢いで、マイケル頑張れ。

結果

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20060423
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報