大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2006-05-14

[][][]2006年第6戦スペインGP決勝

  1. F・アロンソ
  2. G・フィジケラ
  3. M・シューマッハー
  4. F・マッサ
  5. R・バリチェッロ
  6. R・シューマッハー
  7. J・トゥルーリ
  8. J・バトン
  9. K・ライコネン
  10. N・ハイドフェルト
  11. M・ウェバー
  12. J・P・モントヤ
  13. N・ロズベルグ
  14. C・クリエン
  15. V・リウッツィ
  16. S・スピード
  17. T・モンテイロ
  18. C・アルバース
  19. 佐藤琢磨
  20. R・モンタニー
  21. D・クルサード
  22. J・ヴィルヌーヴ

スタート、フィジケラがアロンソを完全にサポートしてフェラーリの行手を阻んだ。上位四台は順位そのまま、そしてライコネンがトヨタとホンダの四台ゴボウ抜きで五番手に浮上。

十一周目、琢磨が三コーナーで単独スピン。タイヤにフラットスポットでも作ったか、すぐさまピットイン。立続けにモンタニーもピットへ、こちらはガレージに入り終了。

アロンソは毎周ファステストを更新しながらフィジコ以下を引離す。勝つことしか考えてない、当り前だけどそんな走り。

十六周目、フェラーリピットがスタンバイ。しかし何もなくすぐにバラした。何だ? ブラフか?そんな折、トゥルーリがピットに「リアが滑る」と交信。後ろのラルフの方がコーナーでは速いと。それを聞いたか、ラルフが一コーナーでトゥルーリのインを伺うが仕掛けが下手すぎて接触。ラルフのフロントウイングが破損してしまった。お粗末。

十九周目、モントヤがスピンして縁石にスタックしてしまった。マシンを降りるに降りられない状態。すわセーフティカーか? と思われたがイエローフラッグのみ。

暫定トップのマイケル、二十二周目にファステスト。同じ周にアロンソが周回遅れに手間取ったこともあり少し差を開いた。そして二十四周目にピットイン。アロンソが首位奪回、しかし見事フィジケラの前に出て二番手に。さあ、ここからどれだけ追い切れるか。

二十六周目、フィジコが三コーナーでアウトに大きくはみ出した。難なく復帰したが、後ろのマッサとの差がほぼなくなった。しかしそのマッサのペースが全く良くない。フィジコより一秒落ちのタイムはどうしたものか。

  1. F・アロンソ
  2. M・シューマッハー
  3. G・フィジケラ
  4. F・マッサ
  5. K・ライコネン
  6. N・ハイドフェルト
  7. J・バトン
  8. M・ウェバー
  9. R・バリチェッロ
  10. C・クリエン
  11. J・トゥルーリ
  12. J・ヴィルヌーヴ
  13. N・ロズベルグ
  14. S・スピード
  15. V・リウッツィ
  16. D・クルサード
  17. R・シューマッハー
  18. C・アルバース
  19. T・モンテイロ
  20. 佐藤琢磨

三十三周目、ラルフがスローダウン。ガレージに戻ったがこのままリタイアだろうか。

ライコネンのマシンから何かパーツが飛んだ様な映像が。ウイングレットか何かの様に見えるが、さて。

んー、またマイケルのペースが落ちたかな。いや、戻した。しかしアロンソとの差は縮まらない。上位四台のペースは素晴しいね。他とレベルが違う。

四十一周目、アロンソが二度目のピットイン。

四十三周目、マッサが1'16.648でファステスト。

四十七周目、マイケルピットイン。アロンソには到底届かない。

  1. F・アロンソ
  2. M・シューマッハー
  3. G・フィジケラ
  4. F・マッサ
  5. K・ライコネン
  6. J・バトン
  7. R・バリチェッロ
  8. N・ハイドフェルト
  9. M・ウェバー
  10. J・トゥルーリ
  11. N・ロズベルグ
  12. J・ヴィルヌーヴ
  13. D・クルサード
  14. C・クリエン
  15. V・リウッツィ
  16. T・モンテイロ
  17. 佐藤琢磨
  18. S・スピード
  19. C・アルバース

トゥルーリの給油口の蓋が開きぱなしになっている。細かいところだが今日はトラブルが多い。

おわ? タイミングモニタ上のマイケルの順位がずるずる落ちている。何事? 五番手六番手ずるずる。しかし本人は普通に走ってる。コメンタリブースも混乱気味。またタイミングモニタシステムが不調の様だ。

ファイナルラップからすでに手を上げるアロンソ、地元ファンの地鳴りの様な歓声の中でチェッカーを受けて今季三勝目を挙げた。二位マイケル、三位フィジコ、四位マッサ、以下ライコネン、バトン、バリチェッロ、ハイドフェルトまでが入賞。ホンダがダブル入賞してるな。ニックも地味に頑張った。完走十七台、佐藤は四周遅れだった。

アロンソ、強い。ツボに嵌ったミシュラン、ツボを外したブリヂストン。BS派としてはこれからの夏場を憂えるということにならなければよいが。正直不安だ。マニクール、ホッケンハイム、オンガロあたりはもう本当にダメかも。他で勝ちを拾えるのかどうか。次はモナコ、予選がすべてだ。はてさてふふん。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20060514
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報