大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2006-08-27

[][][]2006年第14戦トルコGP決勝

  1. マッサ
  2. M・シューマッハー
  3. アロンソ
  4. フィジケラ
  5. ハイドフェルト
  6. バトン
  7. ライコネン
  8. クビサ
  9. ウェバー
  10. クリエン
  11. デ・ラ・ロサ
  12. トゥルーリ
  13. バリチェッロ
  14. ロズベルグ
  15. R・シューマッハー
  16. クルサード
  17. スピード
  18. リウッツィ
  19. モンテイロ
  20. 山本
  21. 佐藤
  22. アルバース

スタート、アロンソがマイケルの前に出かかるもフェラーリ二台に挟まれそうになり軽く接触、この時の減速のあおりを受けたか、フィジケラがスピン状態になり後続に大混乱をもたらす。モンテイロはこれでストップ。

ハイドフェルトがフロントウイングを失いピットイン、ラルフ、フィジケラ、スピード、佐藤も続く。ライコネンは左リアタイヤがバーストして周辺ボディをめちゃくちゃに叩き壊し、ピットで大手術を行う。すぐさまピットアウトするも、やはりトラブルは残ったらしくアウトラップでコースアウト、そのままクラッシュしてリタイア。佐藤はこのキミの破片にやられたらしく、やはりピットでリタイア。キミは燃料を積み過ぎてスタートで続々抜かれたのが仇となった様だ。

順位が大幅にシャッフルされた。

  1. マッサ
  2. M・シューマッハー
  3. アロンソ
  4. バトン
  5. ウェバー
  6. クビサ
  7. ロズベルグ
  8. クリエン
  9. デ・ラ・ロサ
  10. トゥルーリ
  11. リウッツィ
  12. クルサード
  13. バリチェッロ
  14. アルバース
  15. 山本
  16. R・シューマッハー
  17. フィジケラ
  18. スピード
  19. ハイドフェルト

トロロッソのスピードが十四周目、一コーナー出口でスピン。あまりに危険な箇所のためにセーフティカーが導入された。これを期に各車がピットイン。

フェラーリは二台が同時に入り、マイケルがマッサを待つ間にアロンソに先行を許してしまった。

  1. マッサ
  2. アロンソ
  3. M・シューマッハー
  4. バトン
  5. ロズベルグ
  6. クリエン
  7. デ・ラ・ロサ
  8. トゥルーリ
  9. バリチェッロ
  10. クルサード
  11. ウェバー
  12. クビサ
  13. R・シューマッハー
  14. フィジケラ
  15. アルバース
  16. 山本
  17. スピード
  18. ハイドフェルト

少し面白くなってきたぞ。十七周目、レース再開。

どうでもいいけど西岡アナ、実況が上手くなったよねえ。F1のあらゆる面を自分のモノにしてる感じがする。解説陣への話の振りや仕切りも見事。

二十周目、クビサがウェバーを刺した。度胸あるなあ、すごいなあ。その後フィジケラに抜かれるも、ストレートから一コーナーでまだ挑みかかったり。いいなあ、昔のアレジっぽいなあ。惚れた。

一方、トゥルーリとバリチェッロも激しくやりあってる。ここも楽しい。

  1. マッサ
  2. アロンソ
  3. M・シューマッハー
  4. バトン
  5. ロズベルグ
  6. デ・ラ・ロサ
  7. クリエン
  8. トゥルーリ
  9. バリチェッロ
  10. クルサード
  11. フィジケラ
  12. クビサ
  13. R・シューマッハー
  14. ウェバー
  15. アルバース
  16. スピード
  17. 山本
  18. ハイドフェルト

二十四周目、山本が一コーナーでスピン。リウッツィと同じミスらしい。マシンがスタックしたのでリタイア、コースを塞いではいないのでセーフティカーはなし。入替る様に佐藤がコースに復帰してSA06Bシャシーのシェイクダウンテストに入った。

二十六周目、ロズベルグの冷却系が死んでしまい、ピットに戻ってリタイア。

二十九周目、マイケルが八コーナーで大幅にコースアウト。重い状態でバンプに乗ったんで吹っ飛んだんではないかとの推測だが、これでアロンソとの差が八秒以上広がった。

三十一周目にデ・ラ・ロサが一回きりのストップ。さて何位でフィニッシュできるか。フィジケラもピットイン、これも最後らしい。

  1. マッサ
  2. アロンソ
  3. M・シューマッハー
  4. バトン
  5. R・シューマッハー
  6. クビサ
  7. デ・ラ・ロサ
  8. ウェバー
  9. バリチェッロ
  10. フィジケラ
  11. アルバース
  12. トゥルーリ
  13. クリエン
  14. クルサード
  15. スピード
  16. ハイドフェルト
  17. 佐藤

三十五周目、クビサがピットイン。上位三台がファステストラップを出し合う。マッサの速さが素晴しいが、ルノーも十分以上に戦えてる。休みを挟んで、カリカリしてたのが落ちたかな。バトンも含めた上位四台のレベルが高すぎる。均衡を破る様に四十周目、マッサとアロンソ、そしてバトンも同時にピットイン。一人残ったマイケルがどう残るか。暫定首位には立ったが、さて。

  1. M・シューマッハー
  2. マッサ
  3. アロンソ
  4. バトン
  5. デ・ラ・ロサ
  6. バリチェッロ
  7. フィジケラ
  8. トゥルーリ
  9. R・シューマッハー
  10. クリエン
  11. クルサード
  12. スピード
  13. ウェバー
  14. クビサ
  15. アルバース
  16. ハイドフェルト
  17. 佐藤

四十四周目、マイケルがピットイン。あー、全然引張れてないやん。負けかな。あのコースアウトがなければなあ。ピットインでスタックしてなけりゃなあ。タラレバガニが喰いたい。

残り十三周、アロンソとマイケルの差が詰って直接バトルとなった。見守らせてもらうよ。

残り十一周、アルバースが一コーナーの先でクラッシュ。レースへの影響はなし。

残り九周、アロンソにアンダーが出始めたか、マイケルがプッシュを始めた。しかし八コーナーで接近しすぎて却って差が開く。

残り四周でマイケルがファステスト、なのにアロンソとの差が埋まらない不思議。マッサが大きくペースを落す。何か謀んでるのか。ファイナルラップ。

フェリペ・マッサがポールトゥフィニッシュ、もちろん自身初優勝。最後まで果敢に、そして珍しくフェアに攻め続けたマイケルを下してアロンソが二位、マイケル惜しくも届かず三位、四位バトン、五位デ・ラ・ロサ、六位フィジケラ、ラルフ、バリチェッロまでが入賞。完走十五台。面白いレースだった。うん、面白かったよ。

コメンタリ陣が作戦についてあれこれ言ってるけど、そりゃセーフティカー時のスタックは仕方なかったかもしれん。ただ一つ、たった一つ、あの八コーナーのミスが全てだったよ。マイケルは運が悪かったんじゃなく、アロンソに負けたわけですらない。自分に負けたんだ。

アロンソは運が良かったというより、運を実力で自分のものにした。彼にとって最高の結果だったろう。

実に久し振りにブラジル国歌が響き渡る。どれだけ時間が経っても、やっぱりこれ聴くとセナの姿を思い出しちゃうな。ともあれフェリペおめでとう。

前回に引続き、初優勝ラッシュとなった。いつ誰のを見ても、初優勝っていいもんだね。次にそれを勝取るのは誰だろう、ドライバー的にはデ・ラ・ロサかトゥルーリかといったところか。それを見るのも楽しみだ。

次はモンツァ。

roverrover2006/08/28 11:31川井ちゃんより先にセイフティカー・インをアナウンスしたのは、西岡アナが初めてじゃないでしょうか(w。私も抑制の良く効いた、いい実況だと思いました。

yms-zunyms-zun2006/08/28 12:15そうかもしれません。セーフティカーにしても「何とかの一つ覚え」な感じがしませんし、何より無理矢理何かいいことを言おうとしないところが良いですね。

skobaskoba2006/08/28 12:19地上波の実況はずっと力入れっぱなしで聞いてるほうが疲れるというひどい有様でした。オープニングではCancamのモデル3人が踊ってるし…広く一般受けすることを狙うあまりおかしなことになっている地上波に見切りをつけ、来月からは私もCSで観戦できるので今から楽しみです♪

yms-zunyms-zun2006/08/28 15:37昨年末から地上波が入らなくなって、長いこと見てない間にそんなことになってましたか。モデルて、山田優繋がりですかね。彼女に限っていえば年々良くなってるイメージだったんですが。
ともあれ、モンツァの放送には間に合うみたいですね。私が言うのも変ですが、懐かしい空気を楽しんでください。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20060827

2006-08-26

[][][]2006年第14戦トルコGP予選

ラルフとアルバースが既にエンジンを交換している。トヨタはどうしてしまったのか。

Q1

マイケルが最初のアタックでいきなり1'27.385。他と一秒近い差をつけている。マッサもほぼ同タイム。ルノー勢に太刀打ちできるのか。フィジコが1'28.175、そしてアロンソが1'27.861。まだ戦い様はあるか。ラルフが三番手に割込んだ。

クルサード、スピード、リウッツィ、モンテイロ、山本、佐藤が脱落。佐藤の新車はセッティングの方向性を見出せなかったらしい。テスト禁止期間中のシェイクダウンはやはり無理があったか。

Q2

クビサが走ってる間、放送席は同じBMWの第三ドライバーに抜擢されたベッテルの話で持切り。昨年のマカオではこの二人がライバル同士だったとかで、先が楽しみな様だ。往年のマイケルvsハッキネンの様な関係になってくれたら観る側も盛上るんで、がんばれ。

アロンソが二十六秒台に突入。しかしマイケルが1'25.850。うわ、あっさり二十五秒台か。大人ゲを全部剃ってきやがったな。マッサが1'27.059。チームメイトでも太刀打ちできない。

フィジコ七番手。クビサが最後の最後に八番手、そしてバトンが二番手に滑り込んだ。しかしそのバトンですらマイケルから一秒以上遅い。

脱落組はクリエン、デ・ラ・ロサ、トゥルーリ、バリチェッロ、ロズベルグ、アルバース。なんだか落ちてはいけない人がボロボロ落ちてる。BMWが二台とも残れる力をつけてきたのが他に効いてるなあ。

デ・ラ・ロサは最後コーナーで挙動を乱したウェバーの後ろで引掛かったらしく、気の毒。

Q3

ライコネンがまた出遅れた。前回のミスと関係あるのかどうか。森脇氏のコメントが辛い。

残り八分三十秒あたりでルノー二台とライコネンがピットイン。アタックを二回やるつもりか。マイケルとマッサも残り七分のところで新品タイヤに交換。

アロンソ、そしてフィジケラがトップに。その後マッサがトップを奪った。マイケルは一コーナーでミスして更新なし。

フィジケラが、エンジンに不安があるとピットに無線で訴えている。

マイケルが改めてアタック、辛うじてマッサの前へ。しかしマッサが最後に気張った。初めて予選でマイケルを下し、自身初のポールポジションを獲得。

マッサ、マイケル、アロンソ、フィジケラ、ラルフ、ハイドフェルト、バトン、ライコネン、クビサ、ウェバーの順となった。ルノーはよくセカンドロウに耐え残ったね。決勝の見所になるといいな。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20060826

2006-08-08

[]ジャックはクビさ

‥‥言うてもうた。ま、そゆこと。

このままF1引退ってことになってしまうんだろうか。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20060808

2006-08-06

[][][]2006年第14戦トルコGP決勝

  1. マッサ
  2. M・シューマッハー
  3. アロンソ
  4. フィジケラ
  5. ハイドフェルト
  6. バトン
  7. ライコネン
  8. クビサ
  9. ウェバー
  10. クリエン
  11. デ・ラ・ロサ
  12. トゥルーリ
  13. バリチェッロ
  14. ロズベルグ
  15. R・シューマッハー
  16. クルサード
  17. スピード
  18. リウッツィ
  19. モンテイロ
  20. 山本
  21. 佐藤
  22. アルバース

スタート、アロンソがマイケルの前に出かかるもフェラーリ二台に挟まれそうになり軽く接触、この時の減速のあおりを受けたか、フィジケラがスピン状態になり後続に大混乱をもたらす。モンテイロはこれでストップ。

ハイドフェルトがフロントウイングを失いピットイン、ラルフ、フィジケラ、スピード、佐藤も続く。ライコネンは左リアタイヤがバーストして周辺ボディをめちゃくちゃに叩き壊し、ピットで大手術を行う。すぐさまピットアウトするも、やはりトラブルは残ったらしくアウトラップでコースアウト、そのままクラッシュしてリタイア。佐藤はこのキミの破片にやられたらしく、やはりピットでリタイア。キミは燃料を積み過ぎてスタートで続々抜かれたのが仇となった様だ。

順位が大幅にシャッフルされた。

  1. マッサ
  2. M・シューマッハー
  3. アロンソ
  4. バトン
  5. ウェバー
  6. クビサ
  7. ロズベルグ
  8. クリエン
  9. デ・ラ・ロサ
  10. トゥルーリ
  11. リウッツィ
  12. クルサード
  13. バリチェッロ
  14. アルバース
  15. 山本
  16. R・シューマッハー
  17. フィジケラ
  18. スピード
  19. ハイドフェルト

トロロッソのスピードが十四周目、一コーナー出口でスピン。あまりに危険な箇所のためにセーフティカーが導入された。これを期に各車がピットイン。

フェラーリは二台が同時に入り、マイケルがマッサを待つ間にアロンソに先行を許してしまった。

  1. マッサ
  2. アロンソ
  3. M・シューマッハー
  4. バトン
  5. ロズベルグ
  6. クリエン
  7. デ・ラ・ロサ
  8. トゥルーリ
  9. バリチェッロ
  10. クルサード
  11. ウェバー
  12. クビサ
  13. R・シューマッハー
  14. フィジケラ
  15. アルバース
  16. 山本
  17. スピード
  18. ハイドフェルト

少し面白くなってきたぞ。十七周目、レース再開。

どうでもいいけど西岡アナ、実況が上手くなったよねえ。F1のあらゆる面を自分のモノにしてる感じがする。解説陣への話の振りや仕切りも見事。

二十周目、クビサがウェバーを刺した。度胸あるなあ、すごいなあ。その後フィジケラに抜かれるも、ストレートから一コーナーでまだ挑みかかったり。いいなあ、昔のアレジっぽいなあ。惚れた。

一方、トゥルーリとバリチェッロも激しくやりあってる。ここも楽しい。

  1. マッサ
  2. アロンソ
  3. M・シューマッハー
  4. バトン
  5. ロズベルグ
  6. デ・ラ・ロサ
  7. クリエン
  8. トゥルーリ
  9. バリチェッロ
  10. クルサード
  11. フィジケラ
  12. クビサ
  13. R・シューマッハー
  14. ウェバー
  15. アルバース
  16. スピード
  17. 山本
  18. ハイドフェルト

二十四周目、山本が一コーナーでスピン。リウッツィと同じミスらしい。マシンがスタックしたのでリタイア、コースを塞いではいないのでセーフティカーはなし。入替る様に佐藤がコースに復帰してSA06Bシャシーのシェイクダウンテストに入った。

二十六周目、ロズベルグの冷却系が死んでしまい、ピットに戻ってリタイア。

二十九周目、マイケルが八コーナーで大幅にコースアウト。重い状態でバンプに乗ったんで吹っ飛んだんではないかとの推測だが、これでアロンソとの差が八秒以上広がった。

三十一周目にデ・ラ・ロサが一回きりのストップ。さて何位でフィニッシュできるか。フィジケラもピットイン、これも最後らしい。

  1. マッサ
  2. アロンソ
  3. M・シューマッハー
  4. バトン
  5. R・シューマッハー
  6. クビサ
  7. デ・ラ・ロサ
  8. ウェバー
  9. バリチェッロ
  10. フィジケラ
  11. アルバース
  12. トゥルーリ
  13. クリエン
  14. クルサード
  15. スピード
  16. ハイドフェルト
  17. 佐藤

三十五周目、クビサがピットイン。上位三台がファステストラップを出し合う。マッサの速さが素晴しいが、ルノーも十分以上に戦えてる。休みを挟んで、カリカリしてたのが落ちたかな。バトンも含めた上位四台のレベルが高すぎる。均衡を破る様に四十周目、マッサとアロンソ、そしてバトンも同時にピットイン。一人残ったマイケルがどう残るか。暫定首位には立ったが、さて。

  1. M・シューマッハー
  2. マッサ
  3. アロンソ
  4. バトン
  5. デ・ラ・ロサ
  6. バリチェッロ
  7. フィジケラ
  8. トゥルーリ
  9. R・シューマッハー
  10. クリエン
  11. クルサード
  12. スピード
  13. ウェバー
  14. クビサ
  15. アルバース
  16. ハイドフェルト
  17. 佐藤

四十四周目、マイケルがピットイン。あー、全然引張れてないやん。負けかな。あのコースアウトがなければなあ。ピットインでスタックしてなけりゃなあ。タラレバガニが喰いたい。

残り十三周、アロンソとマイケルの差が詰って直接バトルとなった。見守らせてもらうよ。

残り十一周、アルバースが一コーナーの先でクラッシュ。レースへの影響はなし。

残り九周、アロンソにアンダーが出始めたか、マイケルがプッシュを始めた。しかし八コーナーで接近しすぎて却って差が開く。

残り四周でマイケルがファステスト、なのにアロンソとの差が埋まらない不思議。マッサが大きくペースを落す。何か謀んでるのか。ファイナルラップ。

フェリペ・マッサがポールトゥフィニッシュ、もちろん自身初優勝。最後まで果敢に、そして珍しくフェアに攻め続けたマイケルを下してアロンソが二位、マイケル惜しくも届かず三位、四位バトン、五位デ・ラ・ロサ、六位フィジケラ、ラルフ、バリチェッロまでが入賞。完走十五台。面白いレースだった。うん、面白かったよ。

コメンタリ陣が作戦についてあれこれ言ってるけど、そりゃセーフティカー時のスタックは仕方なかったかもしれん。ただ一つ、たった一つ、あの八コーナーのミスが全てだったよ。マイケルは運が悪かったんじゃなく、アロンソに負けたわけですらない。自分に負けたんだ。

アロンソは運が良かったというより、運を実力で自分のものにした。彼にとって最高の結果だったろう。

実に久し振りにブラジル国歌が響き渡る。どれだけ時間が経っても、やっぱりこれ聴くとセナの姿を思い出しちゃうな。ともあれフェリペおめでとう。

前回に引続き、初優勝ラッシュとなった。いつ誰のを見ても、初優勝っていいもんだね。次にそれを勝取るのは誰だろう、ドライバー的にはデ・ラ・ロサかトゥルーリかといったところか。それを見るのも楽しみだ。

次はモンツァ。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20060806

2006-08-05

[][][]2006年第13戦ハンガリーGPフリー走行三回目

金曜ののフリー走行で、アロンソがドーンボスに対し黄旗区間内で追越し、加えてその後に走路妨害等の挑発行為を行ったとしてFIAに厳しいペナルティを科された。今日の予選の全ピリオドにおいて、記録されたベストタイムに二秒加算したものが彼のタイムとなる。

ヴィルヌーヴは前回のクラッシュの後、大事を取って今グランプリを欠場している。クビカが代役出場でF1に正式デビュー。

残り三十六分、第四コーナーでバトンがエンジンブロー。セッションは赤旗中断。

お、佐藤が1'24.847で十二番手をマーク。これはやるなあ。

[][][]2006年第13戦ハンガリーGP予選

先のセッションでの赤旗中にマイケルが追抜きを行ったとして査問を受けているらしい。アロンソと同様のペナルティがあるか。

マイケルのペナルティ確定、内容はアロンソと同じ。何てこったい。

Q1

マイケルもアロンソもQ2に進めるかどうかが山。

アロンソが1'20.420。これくらい出しときゃQ2には進めるだろ、というタイムだけど、まわりが頑張りすぎるとどうなるか分らんなあ。

ライコネンが1'20'080。ほら頑張ってる。

マッサが先に二十秒を切って、続いてマイケルも1'19.440。アロンソは危ない。二十秒台ならアウトだ。ラストアタック、どうだ? 1'19.792。セーフ。

リウッツィ、ロズベルグ、スピード、佐藤、アルバース、山本がノックアウト。佐藤の二十二秒台は偉い。

Q2

マイケル、アロンソ共に撃沈。まあ、しゃーない。マイケルの1'18.875はものすごいタイムだぞ。二秒足すなんて勿体ない。

ハイドフェルト、マイケル、クルサード、クリエン、アロンソ、モンテイロがノックアウト。

Q3

マッサがポール獲得に懸命。残り二分、ピットでスローダウンして前を空けようとしてる。しかしアタックでは要所でラインを外しまくり、タイム更新失敗。

そこを突いてライコネンがポールを奪取。二年連続勝利の目が出てきたぞ。

二番手マッサ、三番手バリチェッロ、バトンは四番手だが午前のエンジンブローで更に十番手降格。デ・ラ・ロサ、ウェバー、ラルフ、フィジケラ、トゥルーリ、クビカの順。

コンディションの変化次第で誰が来るかわからんという決勝に注目ですよ。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20060805
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報