大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2007-04-15

[][][]2007年第3戦バーレーンGP決勝

  1. マッサ(フェラーリ)
  2. ハミルトン(マクラーレン)
  3. ライコネン(フェラーリ)
  4. アロンソ(マクラーレン)
  5. ハイドフェルド(BMW)
  6. クビサ(BMW)
  7. フィジケラ(ルノー)
  8. ウェバー(レッドブル)
  9. トゥルーリ(トヨタ)
  10. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  11. ブルツ(ウィリアムズ)
  12. コバライネン(ルノー)
  13. デビッドソン(スーパーアグリ)
  14. ラルフ(トヨタ)
  15. バリチェッロ(ホンダ)
  16. バトン(ホンダ)
  17. 佐藤(スーパーアグリ)
  18. リウッツィ(トロロッソ)
  19. スピード(トロロッソ)
  20. スーティル(スパイカー)
  21. クルサード(レッドブル)
  22. アルバース(スパイカー)

スタート、マッサがうまく前をキープ、ライコネンがやや加速に劣るも一、二コーナーの切返しで三番手を守った、しかし四コーナーでラインを外しアロンソに抜かれた。

後方でクラッシュがありバトンとスピードがリタイア。バトンはラルフと、スピードはスーティルと接触したものらしく、スーティルのノーズが粉砕されてコースを塞いだのでセーフティカーが出た。

リウッツィが隊列の完成後にピットインしてタイヤ交換と給油。ハードタイヤでスタートしたのが幸いして、これを捨ててソフトタイヤに。実質一回ストップ作戦に切換えたということで、これは巧い。

四周目にリスタート。順位は大幅には動かず。

  1. マッサ(フェラーリ)
  2. ハミルトン(マクラーレン)
  3. アロンソ(マクラーレン)
  4. ライコネン(フェラーリ)
  5. ハイドフェルド(BMW)
  6. クビサ(BMW)
  7. フィジケラ(ルノー)
  8. ウェバー(レッドブル)
  9. コバライネン(ルノー)
  10. トゥルーリ(トヨタ)
  11. ブルツ(ウィリアムズ)
  12. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  13. デビッドソン(スーパーアグリ)
  14. クルサード(レッドブル)
  15. 佐藤(スーパーアグリ)
  16. ラルフ(トヨタ)
  17. バリチェッロ(ホンダ)
  18. アルバース(スパイカー)
  19. リウッツィ(トロロッソ)
  20. スーティル(スパイカー)

九周目、リウッツィにドライブスルーペナルティ。リスタート時にコントロールライン手前で他車を抜いてしまったらしい。折角の作戦をフイにした。

マッサとハミルトン、アロンソとライコネン、クビサとフィジケラの差がそれぞれ一秒以内。こうなるとマッサが見物かな。十三、十四周目とファステストをマークして逃げる。しかし十五周目にはハミルトンがファステストで追い縋る。この二台が三番手以下に大きく差をつける中、十八周目にクルサード、ブルツ、ラルフがピットイン。

二十周目、ハミルトンがピットイン。ソフトタイヤで長めの給油。最終コーナーでハミルトンとロズベルグがホイールトゥホイール、というかホイールをぶつけ合つて両車コースアウト。順位を入換えつつコースに復帰した。

二十二周目、マッサがピットイン。二十三周目にアロンソ、ハミルトンよりは短めの給油。

二十四周目にライコネンとハイドフェルドが同時にピットイン。ライコネンはアロンソの前に復帰成功、フェラーリピットは手を叩く。しかし給油短くなかったか? 二回目大丈夫か?

んー、ライブタイミングモニタの調子が悪いぞ。

リウッツィがピットに戻ってリタイア。

ハミルトンのペースが落ちて、マッサに離されライコネンに迫られている。

クルサードが一人でオーバーテイク大会開催中。ここまで一台一台を丁寧に抜いて、二十一番手のスタートから気が付けば七番手、フィジケラまで抜いてみせたのは凄い。

そして三十一周目、ハイドフェルドがアロンソを抜いた。マクラーレンのペースが悪い。

トゥルーリが速度の伸びないことにカッカしてピットに「トラブルなんじゃないか」と怒鳴りつける。後ろから同じエンジンウィリアムズに突かれて気が気でないらしい。

三十六周目、ホームストレートで佐藤のエンジンがブロー。何だか懐かしい風景だわ。

三十八周目? クルサードがピットに戻ってリタイア。ミッショントラブルらしい。元気だっただけに勿体なや。

ウェバーのマシン、走行中に突如センターウイングが弾け飛んだ。給油口も開き放しになっていて、何かのトラブルか。すぐにピットに戻るが、これは通常のルーチン作業。

順位を整理したいがライブタイミングが死んでて無理。オフィシャルサイト自体が重くてどうにもならん。

残り十五周、ウェバーがリタイアしてレッドブル全滅。

残り十四周、アロンソがピットイン。ハイドフェルドの後ろ五番手のまま。続いてハミルトンがピットイン、ライコネンの前二番手で復帰に成功。ルイスとキミのタイム差は二秒弱、ハードタイヤとマシンの適応性が最後の勝負を左右するか。

残り五周、フィジコに対してブリアトーレからイタリア語で指示が飛ぶ。どうやら「トゥルーリを抜けトゥルーリを」と言っている様だ。デビッドソンに白煙、佐藤と同じトラブルか、マシンを止めてリタイア。

フィジコはヤルノを激しく攻めるがヤルノもフィジコは抜かれたくない相手だ。最後までバトルは続く。

マッサが今週は堅実に走り遂げて今季初優勝、ハミルトンが二戦連続で二位に入りF1史上初のデビュー三戦連続表彰台を達成。三位ライコネン、四位ハイドフェルドもそれぞれ二戦連続、五位アロンソ、以下クビサ、トゥルーリ、フィジケラまでが入賞。

アロンソ・ハミルトン・ライコネンが22ポイントで完全に横並び、マッサが16ポイントでそれに続く。ハミルトンも凄いけど、何より喜ばしいのはライコネンが三連続で表彰台フィニッシュしてること。今までだったらここまでに三回はリタイアしてるよね!! キミには壊れない車を与えてやりたいと思っていたから、今の状況は見ていて楽しい。「賢い」アロンソを相手にどう戦えるかを見るのが楽しみだ。そこにハミルトンとマッサがどう絡むか、まだ序盤だけどこれほど縺れそうなシーズンもないんでワクワクしてますよ。

はー、マイケル一人抜けるとこんな風になるのねえ。しみじみ。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20070415

2007-04-14

[][][]2007年第3戦バーレーンGP土曜フリー

おや、フェラーリにMarlboroロゴが。どういうカラクリ?

ボーッと見てたらデビッドソンが三十二秒台とか出して吹いた。三番手という順位は更新されるだろうからともかくとして、水準が。高すぎる。

ハミルトン、ライコネン、ハイドフェルド、クビサ、デビッドソン、マッサの順でここまで三十二秒台、コンマ五秒以内。一秒以内に八台、二秒以内に十八台。どうなりますやら。

[][][]2007年第3戦バーレーンGP予選

Q1

デビッドソンのアタックにカメラも釘付け。全車中で最初に三十三秒台に。ハミルトンが三十二秒台でこれを上回る。アロンソは三十三秒止まり、ハイドフェルトがそれに続く。

アンソニーはQ2進出確実、佐藤は当落線上。マッサがトップに立ちライコネンは四番手。上位六台はいつも通りフェラーリマクラーレンBMW

落ちたのは佐藤、リウッツィ、スピード、スーティル、クルサード、アルバース。しかし三番手アロンソから十八番手リウッツィまでが一秒以内という超接近戦。ちょっとした差が壁となった。

Q2

ハミルトンがどかんと三十一秒台を出した。こりゃポールも獲りかねんな。

ホンダの遅さが際立っている。Q1進出は端から諦めてレース用セッティングをしてるのかも。

マッサが三十一秒台前半、やるなあ。ラストアタックを前に一旦落着いた。

  1. マッサ(フェラーリ)
  2. ハミルトン(マクラーレン)
  3. ライコネン(フェラーリ)
  4. ハイドフェルド(BMW)
  5. アロンソ(マクラーレン)
  6. クビサ(BMW)
  7. ウェバー(レッドブル)
  8. トゥルーリ(トヨタ)
  9. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  10. デビッドソン(スーパーアグリ)
  11. フィジケラ(ルノー)
  12. ラルフ(トヨタ)
  13. コバライネン(ルノー)
  14. ブルツ(ウィリアムズ)
  15. バリチェッロ(ホンダ)
  16. バトン(ホンダ)

七番手ウェバー以降がラストアタックに挑む。

ブルツ、コバライネン、デビッドソン、ラルフ、バリチェッロ、バトンが脱落。八番手から十四番手までコンマ五秒以内、Q2も厳しい戦いだった。

Q3

アタックに入ってからマッサがポンと上に出た。ハミルトン、ライコネン、アロンソと続く。ラストアタックでどうなるか。

マッサが自己ベスト更新。ハミルトン、ライコネン、アロンソと変らず。ハイドフェルド、クビサ、フィジケラ、ウェバー、トゥルーリ、ロズベルグの順となった。

これはまた一コーナー勝負になりそうだ。川井氏によるとハミルトンは「皆あまりにも早くブレーキを踏むんでビックリするよ」とか言ってるらしくて、面白くなりそうだ。これに挑発されたマッサが我慢しすぎて‥‥とかありそうだもんな。

どうでもいいけど長谷川アナが「んー」と唸ると携帯のバイブレータが鳴ったかと思ってしまうのであまり唸らないでほしい。というかアナウンサーは唸る暇があるなら喋らなくちゃ駄目だろう。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20070414

2007-04-08

[][][]2007年第2戦マレーシアGP決勝

  1. マッサ(フェラーリ)
  2. アロンソ(マクラーレン)
  3. ライコネン(フェラーリ)
  4. ハミルトン(マクラーレン)
  5. ハイドフェルド(BMW)
  6. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  7. クビサ(BMW)
  8. トゥルーリ(トヨタ)
  9. ラルフ(トヨタ)
  10. ウェバー(レッドブル)
  11. コバライネン(ルノー)
  12. フィジケラ(ルノー)
  13. クルサード(レッドブル)
  14. 佐藤(スーパーアグリ)
  15. バトン(ホンダ)
  16. リウッツィ(トロロッソ)
  17. スピード(トロロッソ)
  18. デビッドソン(スーパーアグリ)
  19. ブルツ(ウィリアムズ)
  20. アルバース(スパイカー)
  21. スーティル(スパイカー)
  22. バリチェッロ(ホンダ)

バリチェッロはピットスタートを選択。路面温度は高いがほぼ全車がソフトを選択。ここで言うソフトは前戦オーストラリアのハードに相当するらしい。画面で見る限りウェバーとトゥルーリはハードで最初のスティントを戦う様だ。どのスティントを重視しているかの違いが目で見て分るのは面白いな。

スタート、内側のマクラーレン二台が凄い。アロンソが頭を抑え、一コーナーの飛込みでハミルトンもマッサを捕える。二コーナーの切返しをアウトから凌ぎ切って二番手に浮上。後方でスーティルがスピンアウト、早々にリタイア。佐藤は何かに引掛ったか十九番手に後退。リウッツィが二周目にピットイン、ノーズを交換した。

四周目、ハミルトンをマッサが攻めたてるがハミルトンも譲らない。ライコネンも絡んで三台のバトルが続く。ペースはフェラーリの方が上、ハミルトンはどこまでこらえられるか‥‥と思ったら六周目、マッサの方がミスしてコースアウト。ルイス、恐ろしい子‥‥!!

ていうか、マッサはやっぱりワシらの知ってるマッサだったんだな。

八周目、アルバースがオーバーヒートでリタイア。

十二周目、クビサがピットイン。順位も落ちているしピットも慌ただしく不手際が見える。ほぼ最後尾に落ちた。

  1. アロンソ(マクラーレン)
  2. ハミルトン(マクラーレン)
  3. ライコネン(フェラーリ)
  4. ハイドフェルド(BMW)
  5. マッサ(フェラーリ)
  6. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  7. フィジケラ(ルノー)
  8. トゥルーリ(トヨタ)
  9. コバライネン(ルノー)
  10. ウェバー(レッドブル)
  11. クルサード(レッドブル)
  12. ブルツ(ウィリアムズ)
  13. ラルフ(トヨタ)
  14. スピード(トロロッソ)
  15. デビッドソン(スーパーアグリ)
  16. 佐藤(スーパーアグリ)
  17. バトン(ホンダ)
  18. バリチェッロ(ホンダ)
  19. クビサ(BMW)
  20. リウッツィ(トロロッソ)

十八周目、マッサがピットイン。ソフトタイヤを選択して十番手で復帰。

十九周目、アロンソとライコネンがピットイン、やはりソフトタイヤ。

二十周目にハミルトン、これでハイドフェルドがラップリーダーに。ルノー二台と共にロングランの作戦か。

二十三周目、ハイドフェルドとコバライネンがピットイン。二十四周目にフィジケラ。あとはクルサードのみ。

  1. アロンソ(マクラーレン)
  2. ハミルトン(マクラーレン)
  3. ライコネン(フェラーリ)
  4. ハイドフェルド(BMW)
  5. マッサ(フェラーリ)
  6. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  7. クルサード(レッドブル)
  8. フィジケラ(ルノー)
  9. トゥルーリ(トヨタ)
  10. コバライネン(ルノー)
  11. ブルツ(ウィリアムズ)
  12. ウェバー(レッドブル)
  13. クビサ(BMW)
  14. バリチェッロ(ホンダ)
  15. ラルフ(トヨタ)
  16. バトン(ホンダ)
  17. スピード(トロロッソ)
  18. 佐藤(スーパーアグリ)
  19. デビッドソン(スーパーアグリ)
  20. リウッツィ(トロロッソ)

二十七周目にクルサードがピットイン、画面が捉えてなかったのでタイヤは分らないが一回ストップ作戦か。

二十九周目、クビサが二度目のピットイン。何があったか、ノーズを交換。

レースペースが首位から十八番手までが三十八秒台。むー、これがコントロールタイヤというやつか。しかし追抜きがあるわけでもなく。

クルサードのピット無線で「ブレーキペダルがステアリングコラムと干渉している」とか。金曜からあったトラブルだそうだが、お粗末だなー。ニューウィの設計がタイトすぎたんだろうか。三十八周目、ピットに入ったきり出てこない。トラブル対策やってんのかな、画面が捉えないので分らない。しばらく見ていると「RETIRED」に変った。やはり駄目か。

続々と二回目のピットインが続く中、アロンソが四十一周目にピットイン。

各車二度目のピットインを終えた四十四周目、ニコがコース脇にマシンを止めてリタイア。

  1. アロンソ(マクラーレン)
  2. ハミルトン(マクラーレン)
  3. ライコネン(フェラーリ)
  4. ハイドフェルド(BMW)
  5. マッサ(フェラーリ)
  6. フィジケラ(ルノー)
  7. トゥルーリ(トヨタ)
  8. コバライネン(ルノー)
  9. ブルツ(ウィリアムズ)
  10. ウェバー(レッドブル)
  11. バリチェッロ(ホンダ)
  12. バトン(ホンダ)
  13. 佐藤(スーパーアグリ)
  14. スピード(トロロッソ)
  15. クビサ(BMW)
  16. ラルフ(トヨタ)
  17. デビッドソン(スーパーアグリ)
  18. リウッツィ(トロロッソ)

ライコネンのノーズカメラを見てると、少しコーナーでの安定感に欠ける感じがするなあ。ペースは悪くなくてハミルトンとの差は詰めてきてるんだが。終盤、フェラーリのペースは上ってきてるね。

残り五周を切ってライコネンがハミルトンにひたひた迫る。これは一昨年の鈴鹿の再現をしない限り二位は獲れないな。行け行け。ん? 何でフェラーリの応援してんだワシ。いや応援しない理由もないけどさ。

最終ラップ、ライコネンが一秒以内に寄る。しかし詰め切れずチェッカー。

優勝はアロンソ、マクラーレンに一昨年の最終戦以来の勝利をもたらす。ハミルトンが二位でマクラーレン1-2。すごいな。三位ライコネン、四位にハイドフェルド、五位マッサ。フィジコ、トゥルーリ、コバライネンまでが入賞。ルノーがきっちりダブル入賞しているのは立派。トヨタが二戦連続でポイントを獲っているのも対ホンダという観点からは地味に面白い。がっかり大賞はマッサかな。好成績がマシンのおかげと言われない様に、まあ頑張れ。

こうなるとルイスがいつ初優勝するかが楽しみだ。あとBMWがどれだけ表彰台に割って入れるかどうかも注目したい。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20070408

2007-04-07

[][][]2007年第2戦マレーシアGP予選

Q1

今回からソフト側のタイヤはトレッド面の溝の一本に白線が引かれて識別できる様になった。これは分り易い。

ルノーのコバライネンは午前のフリーでトラブルが出たためスペアカーにエンジンを載せ換えた。

マクラーレン二台がトップ、フェラーリが続いてウェバー、リウッツィと続く。不調なホンダのバトンがソフトタイヤで六番手に生残り、バリチェッロは二度コースインするがいずれもタイム計測せず。最後にソフトで出たが十九番手、脱落。

佐藤が十六番手で生残り、スピード、デビッドソン、バリチェッロ、ブルツ、アルバース、スーティルがQ1で足切りとなった。

気になるのはルノー勢、二台ともQ3進出は難しいかもしれない。

Q2

雨足が迫っているとのことで、全車慌ててコースイン。アウトラップから飛ばしまくってタイムを出しに行く。次々とタイムが出て面白い。

ファーストアタックの順位。

  1. アロンソ
  2. マッサ
  3. ハミルトン
  4. ライコネン
  5. クビサ
  6. ハイドフェルド
  7. トゥルーリ
  8. ロズベルグ
  9. ラルフ
  10. コバライネン
  11. ウェバー
  12. フィジケラ
  13. クルサード
  14. 佐藤
  15. リウッツィ
  16. バトン

ロズベルグ、ソフトで出るも順位更新ならず。三十四秒台に届かなかったハイドフェルド以下はすべて二度目のアタックを開始。

コバライネン、フィジケラ、クルサード、佐藤、バトン、リウッツィが脱落。ルノーホンダが全滅。トヨタは二台とも残った。ウィリアムズレッドブルが一台づつ駒を進められたのはルノーの分の席が空いたってことなんだろうなあ。

Q3

真先にピット出口に並んだハミルトンとアロンソ、アロンソの方がソフトを履いている。雨を睨んでいきなり一発のタイムを出しておこうという作戦か。他のマシンも皆ソフトを選択。ライコネンはハードタイヤ。

上位二台のペースがバーンアウトにしては速いので後ろの方のラップタイムが無効にならなければいいが。大丈夫か。

最後のトップ争いが熱い。ライコネンをアロンソが僅かに上回り、マッサがそれを下す。

マッサ、アロンソ、ライコネン、ハミルトン、ハイドフェルド、ロズベルグ、クビサ、トゥルーリ、ラルフ、ウェバーの順となった。クビサの前に出たニコはよくやったね。アロンソとハミルトンのタイム差はやはり作戦の違いかなあ。

予選は結局雨は来なかった様だが、決勝はスタートが夕方寄りということでスコールの可能性は高い。荒れそうな予感がするよ。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20070407
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報