大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2007-05-27

[][][]2007年第5戦モナコGP決勝

  1. アロンソ(マクラーレン)
  2. ハミルトン(マクラーレン)
  3. マッサ(フェラーリ)
  4. フィジケラ(ルノー)
  5. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  6. ウェバー(レッドブル)
  7. ハイドフェルド(BMW)
  8. クビサ(BMW)
  9. バリチェッロ(ホンダ)
  10. バトン(ホンダ)
  11. ブルツ(ウィリアムズ)
  12. リウッツィ(トロロッソ)
  13. トゥルーリ(トヨタ)
  14. クルサード(レッドブル)
  15. コバライネン(ルノー)
  16. ライコネン(フェラーリ)
  17. デビッドソン(スーパーアグリ)
  18. スピード(トロロッソ)
  19. スーティル(スパイカー)
  20. ラルフ(トヨタ)
  21. 佐藤(スーパーアグリ)
  22. アルバース(スパイカー)

スタートで大きな混乱はなく、上位四台の順位変らず。二周目、スーティルがマッセネでクラッシュ。セーフティカーは無し。

上位で唯一スーパーソフトタイヤを履いたハイドフェルドはスタートで五番手に浮上、しかしラップタイムが上らずトップからは三秒も遅い。後ろに十台もの行列を従えて、ロズベルグから激しい追上げを受けている。しかし抜けないもんだな。

  1. アロンソ(マクラーレン)
  2. ハミルトン(マクラーレン)
  3. マッサ(フェラーリ)
  4. フィジケラ(ルノー)
  5. ハイドフェルド(BMW)
  6. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  7. バリチェッロ(ホンダ)
  8. ウェバー(レッドブル)
  9. クビサ(BMW)
  10. ブルツ(ウィリアムズ)
  11. バトン(ホンダ)
  12. ライコネン(フェラーリ)
  13. スピード(トロロッソ)
  14. クルサード(レッドブル)
  15. コバライネン(ルノー)
  16. トゥルーリ(トヨタ)
  17. 佐藤(スーパーアグリ)
  18. デビッドソン(スーパーアグリ)
  19. スーティル(スパイカー)
  20. アルバース(スパイカー)
  21. ラルフ(トヨタ)

ラルフは何やっとんの。

十九周目、ウェバーがピットでリタイア。ギアボックストラブル。

二十一周目、アロンソが周回遅れをまとめて処理する中、それに乗じて佐藤がトゥルーリを抜いて十五番手に。一台抜くのも大変だ。

ピットストップを前にしてアロンソが予選タイムを上回るフライングラップ。ハミルトンもそれに応じる。マクラーレンすげえなあ。

二十六周目、アロンソとマッサがピットイン。マッサはスーパーソフトを選択。

二十八周目、ハミルトンが1'15.372、アロンソが1'15.462。何なんだこいつらは。マッサ以下は二秒も遅い。いや奴等が速すぎる。

三十四周目、ハイドフェルドがピットイン。一回ストップらしく長い給油時間。

デビッドソンに青旗無視のドライブスルーペナルティ。

四十三周目にピットに入ったバトン、これも一回ストップの様だ。この時点でまだ入っていないマシン多数。一回ストップを採用したチームが結構多かったのね。四十六周目クビサ。この残り周回で十一秒ストップとか嘘だろう。ここモナコのストップタイムは手動計測だそうで、あまり当てにならないらしい。

ライコネンが四十九周目、一回ストップ。グリッドを考えたら妥当な、しかし苦肉の策だったかな。入賞圏まで来られるのか。

五十一周目、アロンソが二度目のピットイン。 、ハミルトンと順位を交換したが、残り周回での二人の争いがどう決着するか。五十三周目、ハミルトンがピットイン。このタイム差ではアロンソが先に出る。

  1. アロンソ(マクラーレン)
  2. ハミルトン(マクラーレン)
  3. マッサ(フェラーリ)
  4. フィジケラ(ルノー)
  5. クビサ(BMW)
  6. ハイドフェルド(BMW)
  7. ブルツ(ウィリアムズ)
  8. バリチェッロ(ホンダ)
  9. バトン(ホンダ)
  10. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  11. ライコネン(フェラーリ)
  12. スピード(トロロッソ)
  13. コバライネン(ルノー)
  14. クルサード(レッドブル)
  15. 佐藤(スーパーアグリ)
  16. トゥルーリ(トヨタ)
  17. ラルフ(トヨタ)
  18. スーティル(スパイカー)
  19. デビッドソン(スーパーアグリ)
  20. アルバース(スパイカー)

五十六周目、スーティルがマッセネでクラッシュ、リタイア。

スピードが「ブレーキペダルがおかしい」と訴えるのに対しピットは「そのまま攻め続けろ」と指示。モナコに鬼がおる。

アロンソとハミルトンのタイム差は一秒前後、ゴールまで争いは続くだろうが、逆転はあるのか。

ライコネンは九番手、そして一回ストップと目されたバトンが二回目に入ったために八番手上った。ラップタイムは悪くないが一ポイントが精一杯か?

  1. アロンソ(マクラーレン)
  2. ハミルトン(マクラーレン)
  3. マッサ(フェラーリ)
  4. フィジケラ(ルノー)
  5. クビサ(BMW)
  6. ハイドフェルド(BMW)
  7. ブルツ(ウィリアムズ)
  8. ライコネン(フェラーリ)
  9. スピード(トロロッソ)
  10. バリチェッロ(ホンダ)
  11. バトン(ホンダ)
  12. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  13. コバライネン(ルノー)
  14. クルサード(レッドブル)
  15. トゥルーリ(トヨタ)
  16. ラルフ(トヨタ)
  17. 佐藤(スーパーアグリ)
  18. デビッドソン(スーパーアグリ)
  19. アルバース(スパイカー)

何も起らないなー、と思ったら七十二周目にBMWピットが動きを見せた。クビサの挙動が怪しいので緊急ピットインかと思われたが、様子を見てそのまま走ることに。こういう時はアレだな、ピットクルーが何かパフォーマンスをすべきだ。

アロンソがこのモナコで二連勝を挙げ、ハミルトンがもはや定位置の二位。マクラーレンがモナコで1-2フィニッシュを果すのはセナ/プロスト時代以来十八年振り、チーム通算百五十勝も達成したとか。川井氏に言わせれば「チームにとってはセナ/プロに匹敵する逸材だろう」。

三位にマッサ、辛うじて周回遅れを免れた。四位フィジケラは大健闘、マシンの動きも悪くなかった。クビサとハイドフェルドが並んで入賞は少し珍しい。七位ブルツ、八位にライコネンが入って雀の涙の様な一ポイントを獲得。

完走十九台、雨は降らぬはセーフティカーは出ぬは、一体ここはどこのモナコかと思う程混乱の少ないレースだった。

しかし本当、マクラーレンが強くなったねえ。で、しみじみ思ったことは、マールボロ時代からそうなんだけど、速い時のマクラーレンって痺れるほど格好いい。

次は北米二連戦、他の巻返しはあるのか。あってほしいなあと思いつつ、やっぱりそろそろハミルトンの勝利を見たいよね。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20070527

2007-05-26

[][][]2007年第5戦モナコGP予選

午前がヘビーウェット、予選もいつ降り出すか分らない難しいコンディション。午前のトップタイムはなんとスパイカーのスーティルだった。

Q1

どうでもいいけど今年から? ミラボー上空のカメラが新設されて、これが滅法いいアングル。

午前に誰もセッティングを出せていないため、皆周回を重ねて少しでもいいタイムを出そうと躍起になっている模様。

デビッドソン、スピード、スーティル、ラルフ、佐藤、アルバースがノックアウト。Sアブリとトヨタはトラフィックにつかまったか、最終アタックでタイムを更新できないのが仇となった。

Q2

昨年マイケルがマシンを停めたラスカスで、今年はライコネンがストップ。プールサイド出口で壁に当ててしまい、右フロントサスを壊してしまった影響。折悪しくそこへマッサがやってきて、行き場がなく停止。去年のツケが今年来たのか? ライコネンはこのセッションを諦めるしかなく、明日も絶望的になった。んー、ドライビングミスでチャンスを失う癖は抜けてないのな。こりゃ厳しい。

アロンソ、ハミルトン、クビサまでが十五秒台。ハイドフェルドも飛込んだ。

マッサは十六秒を切れず五番手に留まる。

バトン、ブルツ、リウッツィ、トゥルーリ、コバライネン、ライコネンが脱落、但しコバライネンはクルサードにアタックを妨害されたのでスチュワードの審議対象に。まあ、コバライネンのタイムがどうこうはならないだろうがクルサードは降格の可能性あり。

Q3

クルサードはタイム抹消、Q3の走行も禁止され、バトンが繰上ってQ3進出となった。

多くのマシンがスーパーソフトタイヤでバーンオフ走行。昔のQタイヤの様にライフの短いスーパーソフトを決勝でどう使いこなすかに苦慮しているのか、それともとにかく前のグリッドを獲るためにアタックチャンスを狙っているのか。皆早くからピットインを繰返し、いつものバーンオフとはずいぶん様相が違う。

ハミルトンとアロンソの熾烈なポール争いはハミルトンがクリアラップを獲り損ね、アロンソが今季初ポール。ハミルトン二番手、マッサが最終セクターのトップタイムで三番手を確保。フィジケラは流石のモナコ巧者ぶりで四番手、以下ロズベルグ、ウェバー、ハイドフェルド、クビサ、バリチェッロ、バトンの順となった。

明日はまた荒れそうだね。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20070526

2007-05-13

[][][]2007年第4戦スペインGP決勝

  1. マッサ(フェラーリ)
  2. アロンソ(マクラーレン)
  3. ライコネン(フェラーリ)
  4. ハミルトン(マクラーレン)
  5. クビサ(BMW)
  6. トゥルーリ(トヨタ)
  7. ハイドフェルド(BMW)
  8. コバライネン(ルノー)
  9. クルサード(レッドブル)
  10. フィジケラ(ルノー)
  11. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  12. バリチェッロ(ホンダ)
  13. 佐藤(スーパーアグリ)
  14. バトン(ホンダ)
  15. デビッドソン(スーパーアグリ)
  16. リウッツィ(トロロッソ)
  17. ラルフ(トヨタ)
  18. ブルツ(ウィリアムズ)
  19. ウェバー(レッドブル)
  20. スーティル(スパイカー)
  21. アルバース(スパイカー)
  22. スピード(トロロッソ)

今宮氏の報告ではスピード以外すべてソフトタイヤを選択。今回は捨てタイヤを最後のスティントに残すという戦略もあまり意味がないとのことなので、ピットストップにも注意したい。

トゥルーリがグリッドで手を振ってイエローフラッグ、エクストラフォーメーションラップとなりレースは一周減算される。トゥルーリはピットへ。ピット無線によると燃圧が低下しているとのこと。

スタートでマッサの後ろにアロンソがピタッとくっつき、一コーナーでアウトから被せにかかる。しかしマッサも怯むことなくラインをキープ、結果アロンソはグラベルに落ちて順位を落す。ライコネンの後ろ、四番手に留まれたのは運が良かったか。後方では佐藤がフィジケラを抜こうとしてラインを外し失速、これにつきあわされたラルフにブルツが追突というアクシデントが。ブルツはフロントウイングを失いリタイア、ラルフも一旦ピットイン。

八周目、ウェバーがトラブルでピットイン、リタイア。駆動系らしい。九周目、スタート遅延の原因を作ったトゥルーリがピットに戻ってリタイア。十周目、ライコネンがスローダウン。十一周目、スピードの左リアタイヤがホームストレートで突然バースト。イベントありすぎ。

  1. マッサ(フェラーリ)
  2. ハミルトン(マクラーレン)
  3. アロンソ(マクラーレン)
  4. クビサ(BMW)
  5. ハイドフェルド(BMW)
  6. クルサード(レッドブル)
  7. コバライネン(ルノー)
  8. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  9. バリチェッロ(ホンダ)
  10. バトン(ホンダ)
  11. フィジケラ(ルノー)
  12. 佐藤(スーパーアグリ)
  13. リウッツィ(トロロッソ)
  14. デビッドソン(スーパーアグリ)
  15. スーティル(スパイカー)
  16. アルバース(スパイカー)
  17. ラルフ(トヨタ)

十九周目にバリチェッロ、そしてトップのマッサがピットイン。いずれもソフトタイヤ。マッサの給油口にガソリンがこぼれて発火、火だるまになりながらフェラーリが発進。火はすぐに燃え尽きたが、少し肝が冷えた。アロンソも同じ周にピットイン、こちらはハードタイヤを選択。二十三周目、ハミルトンはソフトタイヤ。作戦が分れた!!

バトンはフィジケラと同時にピットイン、その後揃って入った三コーナーで両車が接触、バトンのフロントウイングが脱落してバトンは再度ピットイン。

二十五周目ハイドフェルドのタイヤ交換時、左フロントのインパクトレンチが抜けない内にマシンを発進させるアクシデントが。ホイールナットが転がり落ちて、トヨタのクルーがそれを拾って掲げて見せるもののハイドフェルドはそのまま走り去ってしまった。何やってんだ。ニックは左フロントが外れない様に左コーナーで大減速をしながら一周して再度ピットイン、ほぼ最後尾に。イベントありすぎだってば。

  1. マッサ(フェラーリ)
  2. ハミルトン(マクラーレン)
  3. アロンソ(マクラーレン)
  4. クビサ(BMW)
  5. クルサード(レッドブル)
  6. コバライネン(ルノー)
  7. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  8. バリチェッロ(ホンダ)
  9. フィジケラ(ルノー)
  10. 佐藤(スーパーアグリ)
  11. デビッドソン(スーパーアグリ)
  12. ラルフ(トヨタ)
  13. スーティル(スパイカー)
  14. ハイドフェルド(BMW)
  15. アルバース(スパイカー)
  16. バトン(ホンダ)

三十四周目、アルバースに青旗無視でドライブスルー。ペナルティ。

全体のペースが二十四秒台に落着いている中でコバライネンが二秒も速いタイムを出している。三回ストップ作戦らしい。前を走るロズベルグに「コバライネンが速いから気をつけろ」と指示が飛ぶ。その後と自己ベストを出すあたり、ニコも可愛げがあるよな。「よしよし、さっき自己ベストだったからその調子で頑張れよ、次はウイング上げて新品タイヤもやるからな」とピットも煽て上げる。面白いなあ。

四十二周目、フィジケラそしてバリチェ ッロとマッサもピットイン。フィジケラは三回ストップに切換えたか。ピット無線でも「あと一回入れるから飛ばせよ」と指示が出た。

四十六周目、ラルフがピットに戻りリタイア。

四十七周目、佐藤とハミルトン、クビサがピットイン。一方、ハイドフェルドはピットでリタイア。佐藤が入賞圏内に入ってきた。ハイドフェルドは例のホイールナットの件でピットクルーと言い合っている。

四十九周目、アロンソがソフトに交換。ハードが合わなかったか。

  1. マッサ(フェラーリ)
  2. ハミルトン(マクラーレン)
  3. アロンソ(マクラーレン)
  4. クビサ(BMW)
  5. クルサード(レッドブル)
  6. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  7. コバライネン(ルノー)
  8. フィジケラ(ルノー)
  9. 佐藤(スーパーアグリ)
  10. バリチェッロ(ホンダ)
  11. デビッドソン(スーパーアグリ)
  12. バトン(ホンダ)
  13. スーティル(スパイカー)
  14. アルバース(スパイカー)

マクラーレンのフロントアッパーウイングに可動疑惑があるとのことで、車載カメラを見てコメンタリー陣がうだうだ。「去年のフェラーリほどは動いてないと思います」って小倉さん、いやフェラーリ並には動いてるでしょこれは。まああの位置あの形状なら可動すること自体にメリットはないだろうから他のチームは何も言わないのだろうけど。

五十九周目、フィジケラがピットイン。佐藤とピット出口で並ぶ、スピードの差で一コーナーに佐藤が八番手で進入。

終盤の注目点はほぼ琢磨vsフィジコのみとなっているが、スタート後の一コーナーが見所の全てだったと言ってよい*1マッサが二連勝を決め、ハミルトンが二位でランキングトップに立った。地元アロンソは辛うじて表彰台で面目を保ち、四位には常連ハイドフェルドに代ってクビサが入った。五位クルサードは今期初完走での快挙、以下ロズベルグ、コバライネン、そして佐藤がスーパーアグリに初のポイントをもたらした。八台がリタイアして完走十四台、データが豊富なサーキット故の攻め込みが苛酷なレースを生むのかもしれんなと思ったり。

表彰式の控え室でハミルトンに話しかけるマッサ、たぶん「お前チャンピオンシップでトップじゃん、やるじゃん」とか言ってる様に聞えた。こういう余裕ある関係も、シーズン終盤まで争いが続くとギスギスしてくるんだよな。それはそれで楽しみだ。

次はモナコか。ここでこそハミルトンの「性能」を見たい。

*1:発火があったなそういえば

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20070513

2007-05-12

[][][]2007年第4戦スペインGP土曜フリー

上位の顔触れがわけわかんないことになったな。

  1. ハミルトン(マクラーレン)
  2. アロンソ(マクラーレン)
  3. クビサ(BMW)
  4. ハイドフェルド(BMW)
  5. クルサード(レッドブル)
  6. マッサ(フェラーリ)
  7. ライコネン(フェラーリ)
  8. デビッドソン(スーパーアグリ)
  9. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  10. コバライネン(ルノー)
  11. フィジケラ(ルノー)
  12. トゥルーリ(トヨタ)
  13. バリチェッロ(ホンダ)
  14. 佐藤(スーパーアグリ)
  15. スピード(トロロッソ)
  16. ラルフ(トヨタ)
  17. バトン(ホンダ)
  18. ウェバー(レッドブル)
  19. ブルツ(ウィリアムズ)
  20. リウッツィ(トロロッソ)
  21. スーティル(スパイカー)
  22. アルバース(スパイカー)

ハミルトンからトゥルーリまで十二台が一秒以内。

ここから何を予想しろと。

[][][]2007年第4戦スペインGP予選

Q1

スーティルがアタックラップの後ギアボックストラブルでスローダウン。

ウェバーにもトラブルが出たらしく、Q1終了間際にエンジンカウルを外す映像が。脱落確定。

ラルフ、ブルツ、ウェバー、スーティル、アルバース、スピードが脱落。スピードはタイムを出せなかった。スーパーアグリは十、十一番手。

それにしても、ラルフよ‥‥

Q2

佐藤がコース上でストップ、クラッシュする場所ではないので何らかのトラブルか。

ハミルトン、そしてライコネンが二十秒台に突入。マッサがそれらを上回る。やっぱりフェラーリマクラーレンの次元が他と違いすぎるな。

デビッドソンは二回アタックに出たが二度ともドライビングミスでチャンスを失いタイムなし。

ロズベルグ、バリチェッロ、佐藤、バトン、デビッドソン、リウッツィが脱落。ホンダだらけ。

Q3

バーンアウトの後、最初のアタックラップではBMW勢のみハードタイヤを使用。アロンソ、ライコネン、マッサ、ハミルトンの順。アロンソがトップに立った時の歓声がものすごい。

二度目のアタックはBMWもソフトで。

最後の熾烈なアタックの応酬をマッサが制し、アロンソは二番手に。ライコネン、ハミルトンとまたもフェラーリ奇数、マクラーレン偶数のグリッドとなった。

以下クビザ、トゥルーリ、ハイドフェルド、コバライネン、クルサード、フィジケラの順。

決勝、まずは一コーナーに誰が最初に飛込むか。マクラーレンの動きに注目だな。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20070512
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報