大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2007-05-12

[][][]2007年第4戦スペインGP予選

Q1

スーティルがアタックラップの後ギアボックストラブルでスローダウン。

ウェバーにもトラブルが出たらしく、Q1終了間際にエンジンカウルを外す映像が。脱落確定。

ラルフ、ブルツ、ウェバー、スーティル、アルバース、スピードが脱落。スピードはタイムを出せなかった。スーパーアグリは十、十一番手。

それにしても、ラルフよ‥‥

Q2

佐藤がコース上でストップ、クラッシュする場所ではないので何らかのトラブルか。

ハミルトン、そしてライコネンが二十秒台に突入。マッサがそれらを上回る。やっぱりフェラーリマクラーレンの次元が他と違いすぎるな。

デビッドソンは二回アタックに出たが二度ともドライビングミスでチャンスを失いタイムなし。

ロズベルグ、バリチェッロ、佐藤、バトン、デビッドソン、リウッツィが脱落。ホンダだらけ。

Q3

バーンアウトの後、最初のアタックラップではBMW勢のみハードタイヤを使用。アロンソ、ライコネン、マッサ、ハミルトンの順。アロンソがトップに立った時の歓声がものすごい。

二度目のアタックはBMWもソフトで。

最後の熾烈なアタックの応酬をマッサが制し、アロンソは二番手に。ライコネン、ハミルトンとまたもフェラーリ奇数、マクラーレン偶数のグリッドとなった。

以下クビザ、トゥルーリ、ハイドフェルド、コバライネン、クルサード、フィジケラの順。

決勝、まずは一コーナーに誰が最初に飛込むか。マクラーレンの動きに注目だな。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20070512
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報