大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2007-08-05

[][][]2007年第11戦ハンガリーGP決勝

  1. ハミルトン(マクラーレン)
  2. ハイドフェルド(BMW)
  3. ライコネン(フェラーリ)
  4. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  5. ラルフ(トヨタ)
  6. アロンソ(マクラーレン)
  7. クビサ(BMW)
  8. トゥルーリ(トヨタ)
  9. ウェバー(レッドブル)
  10. クルサード(レッドブル)
  11. コバライネン(ルノー)
  12. ブルツ(ウィリアムズ)
  13. フィジケラ(ルノー)
  14. マッサ(フェラーリ)
  15. デビッドソン(スーパーアグリ)
  16. リウッツィ(トロロッソ)
  17. バトン(ホンダ)
  18. バリチェッロ(ホンダ)
  19. 佐藤(スーパーアグリ)
  20. ベッテル(トロロッソ)
  21. スーティル(スパイカー)
  22. 山本(スパイカー)

アロンソとフィジケラは予選中に他車のアタックを妨害したために五番手降格処分となっている。

スタート、ハイドフェルドが出遅れてライコネンに先行を許す。アロンソはクビサに抜かれ、マッサも中団に埋もれたまま。

佐藤がマッサを抜いいて十五番手に。アロンソ、最終コーナーでウェバーに抜かれる。三周目に抜き返して七番手に。四周目、クビサを抜いて六番手。

六周目、山本がクラッシュ、リタイア一号に。

ハミルトンとライコネンがファステストの連発ので逃げる十周目。

  1. ハミルトン(マクラーレン)
  2. ライコネン(フェラーリ)
  3. ハイドフェルド(BMW)
  4. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  5. ラルフ(トヨタ)
  6. アロンソ(マクラーレン)
  7. クビサ(BMW)
  8. ウェバー(レッドブル)
  9. コバライネン(ルノー)
  10. クルサード(レッドブル)
  11. フィジケラ(ルノー)
  12. トゥルーリ(トヨタ)
  13. デビッドソン(スーパーアグリ)
  14. ブルツ(ウィリアムズ)
  15. 佐藤(スーパーアグリ)
  16. マッサ(フェラーリ)
  17. リウッツィ(トロロッソ)
  18. ベッテル(トロロッソ)
  19. バトン(ホンダ)
  20. スーティル(スパイカー)
  21. バリチェッロ(ホンダ)

それにしてもマッサがザウバー時代に戻った様なマイペースっぷりだな。

十八周目、ハイドフェルドとロズベルグとアロンソがピットイン。十九周目、ラルフがピットイン。アロンソ周りの順位は変らない。

二十周目、ハミルトンとライコネンが同時にビットイン、クビサがそれに続く。

スーパーアグリの話になると必ず今宮氏の口から「いろんな意味で苦しい」といふ言葉が出る。どう考へてもこれは「倒産寸前」といふ意味にしか受取れないなあ。今日は好走を続ける二台。マッサも依然佐藤に迫れない。

二十八周目、コバライネンが一回目のピットイン。第一スティントをスーパーソフトタイヤで乗切り、ここでもやはりスーパーソフトを選択。これは面白い。

三十四周目、佐藤が一回目、そしてロズベルグが二回目のピットイン。これはまさか一回ストップと三回ストップの可能性が両方あるってことか? そんな馬鹿な。マッサがまだ入らないが、もしかして‥‥?

三十六周目、マッサがピットイン。スーパーソフトを履いたが燃料はほとんど積まず。他車と二回目のピットタイミングを揃える作戦か。意味あるのか?

三十八周目、バトンがリタイア。

四十一周目、川井氏が「マッサのエンジン音がおかしい」と言う。ラップタイムもずいぶん落ちたが、何かあったか。その後は異常なさそうだが。

四十三周目、デビッドソンがコバライネンと接触してリタイア。四十五周目、リウッツィがピットでリタイアに。

五十一周目、ハミルトンがピットイン、アロンソが続く。マッサも二度目のピットイン。ライコネンはハミルトンの前に出られなかった。勝敗は決したか。

  1. ハミルトン(マクラーレン)
  2. ライコネン(フェラーリ)
  3. クビサ(BMW)
  4. ハイドフェルド(BMW)
  5. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  6. アロンソ(マクラーレン)
  7. ラルフ(トヨタ)
  8. ウェバー(レッドブル)
  9. コバライネン(ルノー)
  10. トゥルーリ(トヨタ)
  11. クルサード(レッドブル)
  12. フィジケラ(ルノー)
  13. ブルツ(ウィリアムズ)
  14. マッサ(フェラーリ)
  15. 佐藤(スーパーアグリ)
  16. ベッテル(トロロッソ)
  17. スーティル(スパイカー)
  18. バリチェッロ(ホンダ)

さすがオンガロリンク、順位変動がほとんどない。

残り十周、トップ争いのハミルトンvsライコネン、三位争いのハイドフェルドvsアロンソがそれぞれ一秒以内のバトル。しかしハミルトンはミスすまい。三位はどうだろう。フランスGPみたいなことになるかどうか。

結局アロンソの方が細かいミスを連発して抜くには至らず。ハミルトンは当然の様に一切のミスをせず、今季三度目の優勝。ライコネンは最終ラップで意地のファステストラップ、なんと自身の全ての予選タイムをも上回ったが、時既に遅し。三位にハイドフェルド、三回ストップでうまく守り切った。

四位アロンソ、五位クビサ、以下ラルフ、ロズベルグ、コバライネンまでが入賞。完走十八台、マッサは十三位に沈んだ。中団に埋れると本当に駄目だなー。

表彰台上に、マクラーレンのチームスタッフの姿はなし。コンストラクターとしての参加権はないとのFIAからの通知が出たそうな。もちろんハミルトン自身には問題なし。

マクラーレンコンストラクターポイントに関しては控訴審の結果を待つしかないが、ハミルトンが逆境にめげずに真直ぐ育ってくれることを祈るよ。インタビューによるとステアリングにトラブルを抱えていたって? 化物か‥‥

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報