大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2007-08-25

[][][]2007年第12戦トルコGP予選

Q1

難しいサーキットらしく、誰もがどこかしらでミスをする。そんな中で光ったのがデビッドソン、なんと九番手タイムでQ1通過。

リウッツィ、ラルフ、佐藤、ベッテル、スーティル、山本が脱落となった。上位がほぼ固まってるだけにデビッドソンはよくやった。

Q2

タイヤの使い分けが面白いな。今回はハードとミディアムだが、ハードの方が良いというチームも少なくない様だ。

うお、デビッドソンがラストアタックで八番手に入った。ライバルに抜かれて結果十一番手だが、これは見事。

脱落はデビッドソン、ウェバー、クルサード、バリチェッロ、バトン、ブルツ。

Q3

アロンソが前回同様ギリギリのラストアタック。ハードタイヤで臨んだが自己ベストを更新できず。

マッサが二年連続でポールを獲得、ハミルトン、ライコネン、アロンソと続く。以下クビサ、ハイドフェルド、コバライネン、ロズベルグ、トゥルーリ、フィジケラの順となった。

さあ、どうなるかわかんね。

計量場での様子を見ると、マッサとハミルトンは雰囲気がいいんだよな。まあ、マッサは機嫌がいい時は誰にでもフレンドリーな奴なんだろうけど。ハミルトンとアロンソも、まあ険悪な様子はない。なんかそういうところに目が行ってしまう昨今。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20070825
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報