大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2007-10-06

[][][]2007年第16戦中国GP予選

Q1

フェラーリ勢が速く、ライコネンが首位タイムを堅持。七番手ベッテル以降三十七秒台にひしめく各車。

バリチェッロ、フィジケラ、ブルツ、佐藤、スーティル、山本が脱落。前戦で二位だったコバライネンは十六番手でギリギリ通過、ルノーは厳しいのか。

Q2

相変らずライコネンが速い。マクラーレンはどうしてもフェラーリの上に出られない、しかし彼らはもはやチーム内しか見ていないか。

リウッツィ、ベッテル、トゥルーリ、コバライネン、デビッドソン、ロズベルグが脱落。ヘイキは最終コーナーで大きくはみ出してしまった。

Q3

最初のアタックはマッサ、ライコネン、ハミルトン、アロンソの順。アロンソはとにかくポールが欲しいがフェラーリを上回れないでいる。

しかしラストアタックでハミルトンがポンとタイムを出してポールポジションを獲得。ライコネン、マッサと続いてアロンソは四番手に沈んだ。以下クルサード、ラルフ、ウェバー、ハイドフェルド、クビサ、バトンの順。これはスタート次第でハミルトンのタイトルが決定しそうな勢いだ。

しかし台風の接近により明日はほぼ確実に雨と言われている。雨で済めばよいのだが。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20071006
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報