大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2008-03-16

[][][]2008年第1戦オーストラリアGP決勝

  1. ハミルトン(マクラーレン)
  2. クビサ(BMW)
  3. コバライネン(マクラーレン)
  4. マッサ(フェラーリ)
  5. ハイドフェルド(BMW)
  6. トゥルーリ(トヨタ)
  7. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  8. クルサード(レッドブル)
  9. ベッテル(トロロッソ)
  10. バリチェッロ(ホンダ)
  11. アロンソ(ルノー)
  12. バトン(ホンダ)
  13. 中嶋(ウィリアムズ)
  14. ウェバー(レッドブル)
  15. ライコネン(フェラーリ)
  16. フィジケラ(フォースインディア)
  17. ブルデー(トロロッソ)
  18. グロック(トヨタ)
  19. 佐藤(Sアグリ)
  20. ピケ(ルノー)
  21. デビッドソン(Sアグリ)
  22. スーティル(フォースインディア)

グロックはミッション交換と予選中の走行妨害で五グリッドづつ、計十グリッド後退。スーティルはモノコック破損によりピットスタート。

スタート、ハミルトンとクビサはスムーズに出た。一コーナーでマッサが接触、後方でも多重接触が起きてセーフティカー導入。

マッサ、ウェバー、ロズベルグ、バトン、デビッドソンがピットへ。ベッテルとフィジケラはリタイア。

三周目再スタート、しかしバトンは再びピットに戻ってリタイアに。

  1. ハミルトン(マクラーレン)
  2. クビサ(BMW)
  3. コバライネン(マクラーレン)
  4. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  5. ハイドフェルド(BMW)
  6. トゥルーリ(トヨタ)
  7. バリチェッロ(ホンダ)
  8. ライコネン(フェラーリ)
  9. クルサード(レッドブル)
  10. アロンソ(ルノー)
  11. 佐藤(Sアグリ)
  12. グロック(トヨタ)
  13. スーティル(フォースインディア)
  14. ブルデー(トロロッソ)
  15. ピケ(ルノー)
  16. 中嶋(ウィリアムズ)
  17. マッサ(フェラーリ)

十周目、ウィリアムズの中嶋がルノーのピケを抜いた。ん? これはF1 LEGENDSですか?

十七周目、二番手クビサが最初のピットイン。ライコネンの後ろ、八番手に復帰。そのライコネンは右に左にバリチェッロを揺さぶるが抜けない。

十九周目、ハミルトンがピットイン、コバライネンの後ろに復帰。ライコネンがバリチェッロを抜いた。

マッサの車載、左フロントタイヤのラインが消えてるな。磨耗の偏りが激しい。トゥルーリがピットでリタイア。

二十一周目ハイドフェルド、次にロズベルグがピットイン。二十二周目コバライネン。二番手に復帰したがそこはライコネンの目前、バトル発生だ。

コバライコネンのバトルが長引く間にクビサが迫ってきている。

二十七周目、マッサがクルサードを突飛ばしてクルサードは大破、これで二度目のセーフティカー。直前にピットインした佐藤はおいしい。

  1. ハミルトン(マクラーレン)
  2. コバライネン(マクラーレン)
  3. ライコネン(フェラーリ)
  4. クビサ(BMW)
  5. ハイドフェルド(BMW)
  6. アロンソ(ルノー)
  7. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  8. バリチェッロ(ホンダ)
  9. グロック(トヨタ)
  10. マッサ(フェラーリ)
  11. 中嶋(ウィリアムズ)
  12. ピケ(ルノー)
  13. ブルデー(トロロッソ)
  14. 佐藤(Sアグリ)

二十九周目、ピットレーンがオープンになり、ブルデーが真先にピットへ。クビサ、アロンソ、グロック、中嶋と続々ピットイン。

三十周目再スタート。

マッサが謎のリタイア。ピケはピットイン、しかし復帰してすぐにマシンを止めてリタイア。

ライコネンはコバライネンを攻め立てた挙句自滅してコースアウト、最後尾へ。そのまま一回限りのピットイン。

三十三周目、佐藤がリタイア。

  1. ハミルトン(マクラーレン)
  2. コバライネン(マクラーレン)
  3. ハイドフェルド(BMW)
  4. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  5. バリチェッロ(ホンダ)
  6. ブルデー(トロロッソ)
  7. クビサ(BMW)
  8. アロンソ(ルノー)
  9. 中嶋(ウィリアムズ)
  10. グロック(トヨタ)
  11. ライコネン(フェラーリ)

残り十五周ほどで二回ストップ勢がピットイン。

ライコネンがダートにはみだしてスピン、もうめちゃくちゃ。

四十四周目、グロックが大クラッシュ、破片を派手にバラまいて三度目のセーフティカー。ピットインのタイミングばかり狙った様にアクシデントが起るな

バリチェッロがクローズドの時間中にピットインして給油。これはペナルティ対象なんじゃないの? とか言ってたらピットアウト時にホースを引きずって事故になった。ドタバタドタバタ。

ピットレーンオープン、コバライネンとアロンソがピットイン。

  1. ハミルトン(マクラーレン)
  2. ハイドフェルド(BMW)
  3. バリチェッロ(ホンダ)
  4. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  5. ブルデー(トロロッソ)
  6. クビサ(BMW)
  7. 中嶋(ウィリアムズ)
  8. ライコネン(フェラーリ)
  9. コバライネン(マクラーレン)
  10. アロンソ(ルノー)

残り十周、レース再開。中嶋のポイントに注目が集まったと思ったら、当の中嶋と前のクビサはピットにいる。スタート前に接触した模様。クビサはリタイア。

コバライネンがライコネンを抜いたらその隙にアロンソが二台とも抜いた。すげえな。

バリチェッロはピットスルーペナルティ。

ライコネンのエンジン音がおかしい。スピードも伸びない。しかし走行を続ける。ポイント死守か。

五十五周目、ライコネンのフェラーリが息絶えた。

残り三周、四番手快走中のブルデーのマシンから白煙。ペースは良かったのに、残念。フェラーリエンジン全滅。

残り二周、コバライネンがアロンソを抜いた。しかし最終ラップのホームストレートでコバが失速、アロンソが再び逆転。

ハミルトンがトップを守って優勝、ハイドフェルド二位、ロズベルグ三位で初表彰台、アロンソ四位、以下コバライネン、バリチェッロ、中嶋、ブルデー、ライコネンまでが完走扱い。バリチェッロに赤信号無視の審議が出たため、ライコネンまで入賞の可能性がある。

控え室から表彰台に上るまで、ロン・デニスがハミルトンのお父さん状態。去年みたいに気を遣う相手がいないと分り易いなー。

何があったか、フェラーリ完敗。天国から地獄とはこのことか。トッドもロスも居なくなるとこうも違うんだな。チームは人が作るんだよな。

次は来週のマレーシア。今回の様なアクシデント祭りにはならないだろうから、本当のシーズンの始まりになることだろう。

追記

バリチェッロは予想通りレース結果から除外され、完走八台全員が入賞という結果になった。

また、セーフティカーによるフォーメーションラップ解除前にクビサに追突した中嶋は、このレース結果に対するペナルティは課されないが次戦マレーシアGPにおいて予選順位の十グリッド降格となることが決定している。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20080316
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報