大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2008-06-22

[][][]2008年第8戦フランスGP決勝

  1. ライコネン
  2. マッサ
  3. アロンソ
  4. トゥルーリ
  5. コバライネン
  6. クビサ
  7. ウェバー
  8. クルサード
  9. グロック
  10. ピケ
  11. ハイドフェルド
  12. ベッテル
  13. ハミルトン
  14. ブルデー
  15. 中嶋
  16. バトン
  17. フィジケラ
  18. スーティル
  19. ロズベルグ
  20. バリチェッロ

ハミルトン、ロズベルグは前戦のペナルティ、バリチェッロはギアボックス交換で降格。

スタート、トゥルーリがアロンソの前に出た。アロンソはクビサにも抜かれたがその後に挽回。速さはある様だ。かなり軽いのだろう。

ハミルトンが順位を上げて二周目で早くも十番手へ。

五周目、バトンのフロントウイングが壊れている。何があったか。最終シケインでミスしたらしい。

ハミルトンにシケインショートカットで順位をを上げたことによるドライブスルーペナルティ。十五周目に実行して十三番手に逆戻り。

十六周目、アロンソが最初のピットイン。やはり短かった。ハミルトンの前、十二番手で復帰。

十九周目、バトンがピットでリタイア。

二十周目、ハミルトンがピットイン。

二十一周目、トゥルーリとクビサが同時にピットイン。

二十二周目、ライコネン。この間にペースを上げたいマッサはハミルトンに引掛って怒りのアクション。二十四周目にピットインするが当然ライコネンの前には出られず。

二十六周目、ピケとコバライネンが同時にピットイン。ピケが前を取ったが、ピット出口からの加速が遅れてコバライネンが止むを得ず抜いて行った。リミッターの誤作動か、あるいは操作ミスか。

  1. ライコネン
  2. マッサ
  3. トゥルーリ
  4. ベッテル
  5. クビサ
  6. ハイドフェルド
  7. アロンソ
  8. ウェバー
  9. コバライネン
  10. ピケ
  11. グロック
  12. クルサード
  13. 中嶋
  14. フィジケラ
  15. バリチェッロ
  16. ロズベルグ
  17. ハミルトン
  18. ブルデー
  19. スーティル

二十九周目、「五分後に雨降るよ」という無線が。

トゥルーリとクビサが三番手を争っている。トヨタがまともにレースをしている!

ライコネンのラップタイムが落ち込んでいる。マッサより一秒遅い。これはトラブルだな。

三十六周目、中嶋ピットイン。ロズベルグはまだ。ウィリアムズは一回ストップか。

三十九周目、マッサがライコネンを抜いた。カメラが捉えた映像により、ライコネンの右側の排気管が折れていると判明。

四十二周目、ロズベルグがピットイン。

四十三周目、アロンソがピットイン。二回ストップだったか。

  1. マッサ
  2. ライコネン
  3. トゥルーリ
  4. クビサ
  5. コバライネン
  6. ウェバー
  7. ピケ
  8. グロック
  9. クルサード
  10. ベッテル
  11. ハイドフェルド
  12. アロンソ
  13. ハミルトン
  14. ブルデー
  15. 中嶋
  16. バリチェッロ
  17. フィジケラ
  18. スーティル
  19. ロズベルグ

あー長坂アナにイライラする。「ン周目」という時に、タイミングモニタの数字をそのまま言ってはいけないことは分っている様だが、一周分足して言うべきところを逆に引いて喋るから出鱈目な数になっている。タイミングモニタに出ているのは「先頭の車が既に走り終えた周回数」なのだよ。

五十二周目、トゥルーリとピケがピットイン。コバライネンがスパート。三番手争いが熱くなってきた。

五十三周目、ライコネンとコバライネンがピットイン。ライコネンは排気管の処理はせず。コバライネンはトゥルーリを捉えられなかった。

五十五周目、マッサが先頭をキープしたままピット。

五十七周目、小雨が来た。コンディションが変るのはいつ頃か。このタイミングでバリチェッロがピットイン。画面が来ないのでタイヤが分らないが、ドライタイヤだろう。

今宮氏は熊倉氏に話を被せるのをやめろよな、見苦しい。

トゥルーリ対コバライネン。クビサも絡んで三台のバトル。

  1. マッサ
  2. ライコネン
  3. トゥルーリ
  4. コバライネン
  5. クビサ
  6. ウェバー
  7. アロンソ
  8. ピケ
  9. クルサード
  10. ハミルトン
  11. グロック
  12. ベッテル
  13. ハイドフェルド
  14. バリチェッロ
  15. 中嶋
  16. ロズベルグ
  17. ブルデー
  18. フィジケラ
  19. スーティル

残り二周、アロンソのミスを突いてピケが前に出た。

同じ周、コバライネンが最後のチャンスとばかりにトゥルーリにアタック、二台並んでシケインに飛込み。失敗してショートカット、素直に順位を譲った。これで勝負あり。

全く何も起らなかったマッサが余裕の優勝。トラブルに泣いたライコネンも後ろに大差をつけての二位。三位はしっかり抑えたトゥルーリ、天晴なレースであった。四位コバライネン、最後のアタックは良かったよ。以下クビサ、ウェバー、ピケ、アロンソまでが入賞。完走十九台、リタイアはバトンのみだった。

ライコネンの右リアカウルは熱で焼け落ちてボロボロ。よくこれで二位を守れたものだ。

表彰台のトゥルーリの満足気な表情がいい。フェラーリのためのイタリア国歌を自分への祝福と思って聴いてるのだろう。いいレースをしたね。オベ・アンダーソンの喪章に捧げる表彰台と考えると、丁度二十年前のイタリアGPを連想するよ。

次はイギリス。マクラーレンに復活の手掛りはあるか。

tyosakatyosaka2008/06/23 01:23私も長坂アナにはイライラしました。フリー走行の時の津川哲夫氏のコメントも遮りまくりでしたし。また、オーバーテイクされたマシンとしてブルデーとベッテルを間違えたままだったり。素人が公式サイトのLive Timing観ながらわかることがわからないのが不思議に思いました。F1についての知識が少ないわけじゃないので、たんに実況が不得意ということなんでしょうか。個人的には実況は伊藤、竹下、西岡アナあたりにお願いしたいです。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20080622

2008-06-21

[][][]2008年第8戦フランスGP予選

Q1

ハイドフェルドが足切りに遭いそうだ。

最終シケインのクリアの仕方によってはタイムを認めないよ、という話でゴタゴタしている。最終的に四輪とも縁石を踏み外してグリーンに出てしまうとアウト、と確認された。

ハイドフェルド、最後の最後に辛うじて十二番手でクリア。

トップはフェラーリ二台、続いてトゥルーリとハミルトン。

脱落したのは中嶋、バトン、バリチェッロ、フィジケラ、スーティルの五台。

Q2

アロンソの方がマクラーレンより速い。ルノーの地元ブースト?

フェラーリの速さは別格。

ハミルトン三番手にトゥルーリ、アロンソと続いた。クビサは辛うじて十番手、ハイドフェルドは沈んだ。

ピケ、ハイドフェルド、ベッテル、ブルデー、ロズベルグが脱落。レッドブルの存在感が増してきたな。

Q3

前戦の失態で十番手降格が確定しているハミルトンがどこまで前に出られるか、に注目が集まる。しかし思う様にタイムが伸びてこない。

ライコネン、マッサ、そして最後にハミルトンが三番手に飛込んで傷口を最小限に収めたか。あとは燃料搭載量がどうか。以下四番手アロンソ、トゥルーリ、コバライネン、クビサ、ウェバー、クルサード、グロックの順となった。

誰が見てもフェラーリ逃げ切りだが、今年のフェラーリピットはボンヤリさんなので付入る隙はあるだろう。三番グリッドからのスタートとなるアロンソの動きに注目。あとBMWかなあ。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20080621

2008-06-09

[][][]2008年第7戦カナダGP決勝

  1. ハミルトン
  2. クビサ
  3. ライコネン
  4. アロンソ
  5. ロズベルグ
  6. マッサ
  7. コバライネン
  8. ハイドフェルド
  9. バリチェッロ
  10. ウェバー
  11. グロック
  12. 中嶋
  13. クルサード
  14. トゥルーリ
  15. ピケ
  16. スーティル
  17. フィジケラ
  18. ブルデー
  19. ベッテル
  20. バトン

ベッテル、ブルデー、バトンがギアボックスを交換で降格処分、ブルデー以外はピットスタート。

昨日問題となったヘアピンその他での舗装の剥離には応急措置がなされたが、レース中の破損は有得るとのこと。その場合はセーフティカーが導入されると事前に予告されている。

スタート、アロンソがロズベルグに抜かれた。上位は他に大きな変動はなし。

  1. ハミルトン
  2. クビサ
  3. ライコネン
  4. ロズベルグ
  5. アロンソ
  6. マッサ
  7. コバライネン
  8. バリチェッロ
  9. ハイドフェルド
  10. 中嶋
  11. ウェバー
  12. クルサード
  13. トゥルーリ
  14. グロック
  15. ピケ
  16. スーティル
  17. フィジケラ
  18. ブルデー
  19. ベッテル
  20. バトン

五周目、ピットヘアピンでハイドフェルドがバリチェッロを抜いた。中嶋も迫る。

ハミルトンがクビサをどんどん引離して十周終了時に五秒差。セーフティカーが出ない限り逃げ切れるペースだな。

十三周目、ピケがヘアピンでトゥルーリを押し退ける様に抜いた。ちょっと強引だったか。

十五周目、スーティルが三コーナーのアプローチでマシンを止めてリタイア。ブレーキが炎上している。スーティルのマシンの排除のためにセーフティカーが十七周目にコースイン。これはハミルトンにとっては最悪のタイミング。フェラーリピットもスタンバイ。ハミルトンに合せる算段に出たな。

ピットレーンが開いた途端、上位七台がそのままピットへ流入。事件はここで起きた。作業を終えてクビサとライコネンがピットレーン出口で信号停止。そこへ信号を見ていなかったハミルトン(今日の馬鹿)が突込んできてライコネンに追突。両車大破、リタイア。そこへロズベルグも来て馬鹿に追突、フロントを破損。

二十一周目、レース再開。マッサが二度目のピットイン。給油し直しか。ロズベルグも壊れたノーズを交換。

  1. ハイドフェルド
  2. バリチェッロ
  3. 中嶋
  4. ウェバー
  5. クルサード
  6. トゥルーリ
  7. グロック
  8. フィジケラ
  9. ベッテル
  10. クビサ
  11. アロンソ
  12. ピケ
  13. コバライネン
  14. バトン
  15. ブルデー
  16. ロズベルグ
  17. マッサ

渋滞メーカーバリチェッロのためにハイドフェルドが余裕の独走。

二十八周目、ピケがスピン。自力でコースに戻ったが、ちょっと危なかった。マッサがよく見て避けた。

トップのハイドフェルドが三十周目にピットイン。ソフトタイヤに換えてフルタンクの給油。またセーフティカーが出ることを見越して一回ストップの作戦に変更、賭けに出た。当れば優勝だ。

  1. バリチェッロ
  2. 中嶋
  3. クルサード
  4. トゥルーリ
  5. グロック
  6. ベッテル
  7. クビサ
  8. ハイドフェルド
  9. アロンソ
  10. コバライネン
  11. バトン
  12. ロズベルグ
  13. ウェバー
  14. マッサ
  15. ブルデー
  16. ピケ
  17. フィジケラ

三十四周目、二番手中嶋がピットイン。なんでソフトタイヤを履かせなかったのか。折角の二番手が勿体無い。三十六周目、ロズベルグが三回目のピットイン。

三十七周目、バリチェッロが一回きりのストップ。続いてクルサードとベッテルもピットイン。あとはトヨタの二台のみ。

  1. トゥルーリ
  2. グロック
  3. クビサ
  4. ハイドフェルド
  5. アロンソ
  6. クルサード
  7. バリチェッロ
  8. コバライネン
  9. バトン
  10. 中嶋
  11. マッサ
  12. ウェバー
  13. ブルデー
  14. ピケ
  15. ベッテル
  16. ロズベルグ
  17. フィジケラ

三十九周目トゥルーリピットイン。トップのグロックは四十一周目に突入。

四十二周目、ピケがピットでリタイア。結果が出ないな。

四十四周目、アロンソがピットヘアピンでハイドフェルドのインを差したが、ラインを外したことで大きく膨らみ、また抜返された。

続く四十五周目、アロンソのギアがスタックしたのか、リアが出てスピン。壁に当ってクラッシュ、リタイア。ハイドフェルドはこれで楽になった。

四十八周目、ピットヘアピンで中嶋がバトンに追突、ウイングを破損。続くストレートでフラップが飛び、ピットレーンに入ったところでウイングが落ちて前輪が乗り上げてしまい、ピットロードを曲れずクラッシュ、リタイアとなった。ドタバタコメディか。

五十周目、クビサがピットイン。首位をキープしてコース復帰、BMWのワンツーが確定。

五十一周目、ヘアピンでコバライネンがバリチェッロを抜いた。しかし二台ともラインが外れ、イン側に出来た大きな空間をマッサが走り抜けて二台抜き。すごいすごい。

五十三周目、フィジケラが単独スピンでリタイア、コース脇にマシンが残る。すわセーフティカーか、と色めき立つのはまだピット作業が必要な連中で、ピットレーンが閉まる前にピットに駆け込んだ。

しかしマシンの撤去はスムーズに行われ、セーフティカーは出なかった。

  1. クビサ
  2. ハイドフェルド
  3. クルサード
  4. バリチェッロ
  5. グロック
  6. トゥルーリ
  7. マッサ
  8. ベッテル
  9. ロズベルグ
  10. コバライネン
  11. ウェバー
  12. バトン
  13. ブルデー

五十九周目、バリチェッロがコースを外れてトヨタ二台に抜かれた。

本来速い連中が順位を上げてくる。マッサ六番手、コバライネン九番手。

  1. クビサ
  2. ハイドフェルド
  3. クルサード
  4. グロック
  5. トゥルーリ
  6. マッサ
  7. バリチェッロ
  8. ベッテル
  9. コバライネン
  10. ロズベルグ
  11. ウェバー
  12. バトン
  13. ブルデー

というか体調の悪いバリチェッロの順位がずるずる落ちている。ベッテルとコバライネンが迫る。

コバライネンがベッテルに迫る。ベッテル守る。

残り三周、マッサがトゥルーリを料理。続けてグロックに迫る。どうやらグロックがミスしてトゥルーリが足止めされたところをやられたらしい。

大混乱のレースを見事にくぐり抜け、クビサがF1で初優勝、これはBMWザウバーチームとしても、そしてポーランド人ドライバーとしても初めての優勝となる。二位にハイドフェルドが入りBMWのワンツーフィニッシュ。三位、忘れた頃に表彰台に立つクルサード。四位グロックも初入賞、以下マッサ、トゥルーリ、バリチェッロ、ベッテルが入賞。完走十三台、アホのおかげで記録続出のレースとなった。

初めてのポーランド国歌の後は久し振りに聞くドイツ国歌。やっぱりスイスじゃなくてドイツのチームなのね。しかしドイツ国歌の後はイタリア国歌へのメドレーになるものと耳が覚えているので肩すかしというか、改めて時代が変ったなと思った。

チームクルーはやっぱりスイス国旗を振回していて、これはなんというか、ペーターさんおめでとう。あのSWCでのシルバーアロー最強時代からここまで、むしろ長すぎたよね。パートナーがメルセデスからフェラーリ、そしてBMWと変ってやっと掴んだ勝利。本当におめでとうだ。完全買収後もチーム名から「ザウバー」を外さないBMWも愛してるぜ。

これでクビサがチャンピオンシップもリード。もう、アホ二人なんか放っといてチャンプになっちまいな。

ニックは「自分だって勝てたのに」と言いたげな浮かない表情。当然だ。ここで悔しがらなきゃ嘘だ。次も頑張れ。

次はフランス。へー、北米連戦じゃないのか。‥‥思ってカレンダー見て吹いた。アメリカGPなくなってるやん!

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20080609

2008-06-08

[][][]2008年第7戦カナダGP予選

午前のフリー走行の後半でアクシデントが相次いだ。最終的なセットアップの仕上げはできているのか。

モントリオール名物の動物が何度も画面に映っている。危ないなあ。「決定的瞬間」を見なくて済めばいいのだが。

Q1

ハミルトンが一人16秒台、マッサ,コバライネン、ライコネンに続いたのがアロンソ。これはびっくり。

ベッテルは午前のクラッシュでモノコック交換となり未出走、ノックアウトはブルデー、スーティル、フィジケラ、バトンとなった。バトンはフィジケラより四秒も遅い。

ピットヘアピンで舗装の剥離が起きてまともに走れなくなっている模様。

Q2

ヘアピンが砂利だらけになるのを嫌って早くからアタックを始める車が多い。昨日からハミルトンの調子がいい様で、ここまでトップタイムを連発。マッサ二番手、ライコネンも三番手がやっと。

グロック、中嶋、クルサード、トゥルーリ、ピケが脱落。トゥルーリのQ2脱落は今季初か。今日はやたらとスピンが多かった。ウェバーも五番手タイムを出した後でスピン。壁にヒットして停まってしまったが、これはQ1は走れないことになるのかな。

アロンソは四番手。すごい。

Q3

やはりマクラーレンフェラーリが早々にコースイン。路面が駄目になるまでにタイムを出したい。しかしアタック開始直後にコバライネンがコースアウト。タイヤマネジメントに失敗したか。

車載カメラの映像で見ても、ピットヘアピンは走りにくそうだな。

おっと、最後にクビサがトップを奪った。ハミルトンもアタック中、そして悠々とトップを奪い返す。燃料搭載量の差はタイムにあまり関係のないコースだけに、何もなければ決勝は逃げ切りを狙っているのだろう。ちょっと周囲はこれを止めるのは難しそうだ。

ただ、ここはセーフティカーありきのコース、そして雨の可能性も囁かれている。皆そこに賭けるしかなさそうだ。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20080608
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報