大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2008-07-20

[][][]2008年第10戦ドイツGP決勝

  1. ハミルトン
  2. マッサ
  3. コバライネン
  4. トゥルーリ
  5. アロンソ
  6. ライコネン
  7. クビサ
  8. ウェバー
  9. ベッテル
  10. クルサード
  11. グロック
  12. ハイドフェルド
  13. ロズベルグ
  14. バトン
  15. ブルデー
  16. 中嶋
  17. ピケ
  18. バリチェッロ
  19. スーティル
  20. フィジケラ

スタート、クビサがヘアピンで四番手までジャンプアップ。ライコネン七番手に後退。ソフトタイヤの選択がハマッたかな。

四周目、アロンソがトゥルーリを一コーナーで狙うが失敗、この失速を突いてライコネンが二コーナーでアロンソを抜いた。トゥルーリ行列ができている。

  1. ハミルトン
  2. マッサ
  3. コバライネン
  4. クビサ
  5. トゥルーリ
  6. ライコネン
  7. アロンソ
  8. ベッテル
  9. ウェバー
  10. グロック
  11. ハイドフェルド
  12. ブルデー
  13. バトン
  14. クルサード
  15. ロズベルグ
  16. バリチェッロ
  17. 中嶋
  18. ピケ
  19. フィジケラ
  20. スーティル

クルサードが随分下がっているな。どうした。

十四周目、タイミングモニタ上のコバライネンの順位がズルズル下って最後尾に落ちた。停った? と思ったが次の周で元に戻った。計時システムのエラーだったようだ。

ハミルトンとマッサの差が十秒に拡がっている。

十九周目にハミルトン、二十周目にトゥルーリとアロンソ、二十一周目にマッサがピットイン。アロンソやマッサはソフトタイヤを選択。ラバーが乗っているとソフトの方がタレにくいらしい。気温が低くてハードに熱が入りにくいというのもあるかもしれない。

二十二周目、コバライネンがピットイン、マクラーレンは当初のセオリー通りにハード→ハード。二十三周目ライコネン、マッサと同じくソフトに変更。フェラーリは攻めに出た。

  1. ハミルトン
  2. マッサ
  3. グロック
  4. コバライネン
  5. ハイドフェルド
  6. クビサ
  7. ライコネン
  8. トゥルーリ
  9. ベッテル
  10. アロンソ
  11. ウェバー
  12. バトン
  13. ロズベルグ
  14. バリチェッロ
  15. ピケ
  16. ブルデー
  17. スーティル
  18. 中嶋
  19. クルサード
  20. フィジケラ

三十周目、三番手のグロックがピットイン。やはりソフト→ソフト。ベッテルとアロンソの問に復帰、今一番熱い集団。いきなりバトル。

バリチェッロとピケはもしかして一回ストップ作戦か。三十三周目にバリチェッロがピットイン、残り三十五周。給油量が分らなかった。ソフトタイヤだがスタート時はどちらだったか。

三十六周目、最終コーナーでグロックの右リアサスが壊れてホームストレート上でクラッシュ、コース上にデブリが散乱してセーフティカー導入。グロックは腰を傷めたかもしれない。

ピケがこのタイミングで丁度ピットに入っていて、これは大チャンス。十四番手で復帰、一回ストップならここから順位は下がることはない。

三十九周目、ピットレーンオープンでほぼ全車がピットイン。ハミルトン、ハイドフェルド、バリチェッロ、スーティル、中嶋だけが入っていないのか。ピケ三番手。これはおいしい。

ピットレーン内でアロンソとベッテルが並走になり、アロンソは止むなく白線カットでこれをかわした。これは問題になりそうだ。

四十一周目、中嶋入った。これは丸損。

ウェバーはピットアウト直後から白煙を吹き、結局ストップ。

四十二周目、レース再開。

  1. ハミルトン
  2. ハイドフェルド
  3. ピケ
  4. マッサ
  5. クビサ
  6. コバライネン
  7. トゥルーリ
  8. ベッテル
  9. アロンソ
  10. ライコネン
  11. ロズベルグ
  12. ブルデー
  13. クルサード
  14. バリチェッロ
  15. フィジケラ
  16. 中嶋
  17. スーティル
  18. バトン

四十四周目、コバライネンがクビサを、ライコネンがアロンソを抜いた。アロンソはロズベルグにも抜かれる。四十五周目、ライコネンはベッテルも抜いて八番手に。さらにトゥルーリも抜く。オーバーテイク大会。前が詰ったのがキミにとっては幸いしたか。

五十周目、バリチェッロとクルサードが接触。

五十一周目、ハミルトンがピットイン。四番手でコース復帰。これは厳しい。五十二周目、コバライネンがハミルトンを前に出した。首位ニックがファステストラップ。しかし五十四周目、二度目のピットイン。ピケトップ。行けるか? 行けるよな? 放送席が何も言わないのは二回ストップだと思ってるのか?

  1. ピケ
  2. マッサ
  3. ハミルトン
  4. ハイドフェルド
  5. コバライネン
  6. クビサ
  7. ライコネン
  8. トゥルーリ
  9. ベッテル
  10. アロンソ
  11. ロズベルグ
  12. ブルデー
  13. フィジケラ
  14. クルサード
  15. 中嶋
  16. スーティル
  17. バトン

五十七周目、ヘアピンでハミルトンがマッサを抜いた。カッとなったマッサは次のコーナーでアウトから仕掛け返すが失敗。

川井氏がやっとピケ優勝の可能性に気付いたか。一方のアロンソ、単独スピン。

六十周目、やはりスピード差は如何ともし難くハミルトンがトップに立った。いやしかしピケ頑張れ。ラインネン、クビサを抜いて六番手。

  1. ハミルトン
  2. ピケ
  3. マッサ
  4. ハイドフェルド
  5. コバライネン
  6. ライコネン
  7. クビサ
  8. ベッテル
  9. トゥルーリ
  10. ロズベルグ
  11. アロンソ
  12. ブルデー
  13. クルサード
  14. フィジケラ
  15. 中嶋
  16. スーティル
  17. バトン

最終ラップ、ピケ二番手は安泰。マッサはハイドフェルドに追われている。

ハミルトンが二戦連続の優勝、そしてネルソン・ピケが自身初の二位表彰台。ブラボー!

三位にマッサが踏留まり、ハイドフェルド、コバライネン、ライコネン、クビサ、ベッテルまでが入賞。完走十七台、セーフティカーで得したとはいえ、チャンスをしっかりモノにしたピケとルノーチームに祝杯を挙げたい。やっぱりチャンピオン経験のある強いチームは違うね。

勝利者インタビューのハミルトンの発言は微妙だなあ。あれではチームオーダーがあったと受取られないか? まあ、見え見えではあるのだけど。

ともあれ、ルイスがランクトップのまま、次はハンガリーだ。

xiscoxisco2008/07/20 22:49二度目ましてです、お疲れ様でした。
ピケが表彰台とは驚きですよね。個人的にはハイドフェルドのファステストが見られたのが、かなりの感涙ものでした。
では、おやすみなさい!

yms-zunyms-zun2008/07/20 22:52ニック、良かったですよね。Q3に残れてたら表彰台もあったでしょう。面白いレースでした。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20080720

2008-07-19

[][][]2008年第10戦ドイツGP予選

Q1

ドライだがやや天気が心配。風も強い。路面温度も低く、ソフト側のタイヤが使い物にならないとか。

下位集団はソフトタイヤでアタックするもやはり厳しそう。この短いホッケンハイムで最後までもたないのか。ハード側で熱が入るのを待った方がタイムは出る様だ。

ベッテルが五番手。確実にいいところに留まる様になったなあ。そのベッテルに引掛ったためにピケが脱落。「抗議しよう」とピットと交信している。

ともあれ中嶋、ピケ、バリチェッロ、スーティル、フィジケラが脱落。

Q2

ライコネンとマッサが一発目からソフト側で出走。データ取りかな。タイムは悪くない様だがマクラーレンには及ばない。タイヤの相性はマクラーレンの方が良い様だ。

アロンソが四番手に飛込み、ベッテルは九番手に残った。

グロック、ハイドフェルド、ロズベルグ、バトン、ブルデーが脱落。ニックが落ちたかー。レッドブルファミリーが三台残ってるのが凄いよね。

Q3

ライコネンが一人苦しんでるなあ。コバライネンはミスをして最後のアタックに賭けるしかなくなった。

マッサが暫定トップ、コバライネンが二番手に続く。ハミルトンがトップに立ち、アロンソが、そしてトゥルーリが四番手に入りライコネンの順位を押下げる。

ハミルトン、マッサ、コバライネン、トゥルーリ、アロンソ、ライコネン、クビサ、ウェバー、ベッテル、クルサードの順となった。

コバライネンはやはりミスがあった様で、パフォーマンス面ではマッサより上かもしれない。

レース全体でのタイヤマネジメントではフェラーリ有利だとしても、マクラーレンの速さはやはり強力な武器となるだろう。トゥルーリ、アロンソが一周目にどう立回るかでレースが左右されるのかもしれない。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20080719

2008-07-06

[][][]2008年第9戦イギリスGP決勝

ウェットコンディション。

  1. コバライネン
  2. ウェバー
  3. ライコネン
  4. ハミルトン
  5. ハイドフェルド
  6. アロンソ
  7. ピケ
  8. ベッテル
  9. マッサ
  10. クビサ
  11. クルサード
  12. グロック
  13. ブルデー
  14. トゥルーリ
  15. 中嶋
  16. バリチェッロ
  17. バトン
  18. スーティル
  19. フィジケラ
  20. ロズベルグ

ロズベルグはサスペンション交換でピットスタート。

スタート、ハミルトンが巧かった。二番手に上り、コバライネンに迫る。コバライネンは失敗してウェバーとライコネンの蓋になった格好。ヘイキは一コーナーで挙動を乱すが耐えた。

チャペルあたりでウェバーがスピン。マッサもスピン、クルサードとベッテルは絡んで両者リタイア。大荒れ。クルサードは最後の母国GPだけに残念。

五周目、ハミルトンがコバライネンを抜いた。

  1. ハミルトン
  2. コバライネン
  3. ライコネン
  4. アロンソ
  5. ハイドフェルド
  6. ピケ
  7. トゥルーリ
  8. クビサ
  9. グロック
  10. バリチェッロ
  11. バトン
  12. スーティル
  13. ブルデー
  14. ウェバー
  15. 中嶋
  16. フィジケラ
  17. マッサ
  18. ロズベルグ

ウェバーは落したポジションを懸命に回復中。調子はいい様だ。十一周目、コバライネンがスピンしてライコネンに先行を許す。ヘイキはフィンランド人のくせにウェットに弱いのか?

十二周目、スーティルがスピンしてグラベルに捕まりリタイア。目の前でスピンされたブルデーはヒヤヒヤ。これで中嶋に抜かれた。

  1. ハミルトン
  2. ライコネン
  3. コバライネン
  4. アロンソ
  5. ハイドフェルド
  6. ピケ
  7. トゥルーリ
  8. クビサ
  9. グロック
  10. バトン
  11. ウェバー
  12. バリチェッロ
  13. 中嶋
  14. ブルデー
  15. フィジケラ
  16. ロズベルグ
  17. マッサ

ハミルトンとライコネンの差が詰ってきた。二十周目、コバライネンがピットイン。赤外線カメラの映像、交換前のタイヤも温度高いんだな。タイヤウォーマーちょう偉い。

二十一周目アロンソ、タイヤは交換せずに給油のみ。コンディション変化をどう読んだか。

二十二周目、ハミルトンとライコネンが同時ピットイン。ライコネンは給油のみ、ハミルトンはタイヤも交換。前後関係はそのままだがピットアウト後のパフォーマンスに差が出るか。

二十三周目、止んでいた雨が再び降り始めた。こうなるとタイヤ無交換組は辛い。ギャンブル性が強くなってきたな。

  1. ハミルトン
  2. ライコネン
  3. コバライネン
  4. トゥルーリ
  5. ハイドフェルド
  6. アロンソ
  7. グロック
  8. クビサ
  9. バトン
  10. バリチェッロ
  11. ピケ
  12. ブルデー
  13. ウェバー
  14. 中嶋
  15. フィジケラ
  16. ロズベルグ
  17. マッサ

ライコネン、明らかにペースが悪い。擦減ったウェットタイヤではどうにもならず。二十七周目、コバライネンとハイドフェルドの餌食に。ハイドフェルドはコバライネンも抜いて二番手に浮上。

ペースがどうしようもないライコネンは折返しの三十一周目にピットインしてタイヤ交換、満タンにしてコース復帰。最後まで走りきるつもりか。

強まる雨の中、三十五周目にハイドフェルドがコバライネンを抜いて二番手浮上。

  1. ハミルトン
  2. ハイドフェルド
  3. コバライネン
  4. クビサ
  5. ピケ
  6. バリチェッロ
  7. グロック
  8. トゥルーリ
  9. アロンソ
  10. バトン
  11. ライコネン
  12. ロズベルグ
  13. 中嶋
  14. ウェバー
  15. ブルデー
  16. マッサ

雨ますます強まる。コバライネン、三十六周目にピットイン。バリチェッロとバトンはエクストリームウェットタイヤに交換。もうスタンダードウェットは無理か。四番手ピケがコースアウトしてリタイア。マッサとライコネンがスピン大会。ホンダ勢のペースがいい。しかし雨は弱まったか。

三十九周目、ハミルトンが二度目のピットインでスタンダードウェットに交換。ハイドフェルド、クビサも続いて同じくスタンダードウェット。ドライビングが難しくても我慢の選択か。

しかしこのコンディションはやはり厳しいのか、四十一周目にクビサがスピンアウト、リタイア。ロズベルグも前車と接触してフロントウィング破損、ピットイン。

あちこちでスピン大会、そして野兎も縦横無尽に走り回る。

  1. ハミルトン
  2. バリチェッロ
  3. ハイドフェルド
  4. トゥルーリ
  5. アロンソ
  6. コバライネン
  7. ライコネン
  8. 中嶋
  9. ウェバー
  10. ロズベルグ
  11. グロック
  12. ブルデー
  13. マッサ

終盤を迎えてスタンダードのペースが戻ってきた。守るか攻めるか。マッサは相変らずスピン大会、お前はいつぞやのラルフか。

五十周目、コバライネンもまたスピンしてアロンソとライコネンに抜かれる。

  1. ハミルトン
  2. ハイドフェルド
  3. バリチェッロ
  4. アロンソ
  5. ライコネン
  6. コバライネン
  7. 中嶋
  8. トゥルーリ
  9. ロズベルグ
  10. ウェバー
  11. ブルデー
  12. グロック
  13. マッサ

ライコネンがアロンソを追立てているが、そう簡単に料理できる相手ではないぞ。その二人をハミルトンが周回遅れにする。しかしアロンソは厳しいのか、五十四周目にライコネンに抜かれ、コバライネンにも追立てられる。さらに中嶋が迫る。

五十八周目、コバライネンがようやくアロンソを抜いた。中嶋とトゥルーリも迫ってきている。

荒れに荒れたレースを一人堅実に走り続けたハミルトンが母国で今季三勝目。二位にハイドフェルド、そして三位に何とバリチェッロ。雨のルビーニョを久々に見たな。ジョーダン時代の初優勝を思い出した。四位ライコネン、五位コバライネン、以下アロンソ、トゥルーリ、中嶋まで入賞。十三台完走。マッサが最後尾を守りきり、フェラーリ大敗。今回は本当にダメすぎたな。

ライコネン、ハミルトン、マッサが同点で並ぶ。今年のチャンピオンシップは毎戦トップが入換るので何がどうなるやら。シーズン展開としては面白い。

次はニュルではなくホッケンハイムでのドイツGP。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20080706

2008-07-05

[][][]2008年第9戦イギリスGP予選

クルサードが今季限りでの引退を表明。

Q1

遠くから局地的な雨足が迫っており、それがコースに差掛る前にタイムを出そうと全車いきなりアタックラップへ。

フリー走行までは苦しいと言われたフェラーリもそこそこまとめてきた。BMWルノーとレットブルがライバルかなあ残り六分を切ったところで雨。もうタイム更新はないだろう。

一瞬のシャワーだったのでブルデーとフィジケラは最後のチャンスに賭けてコースイン。バリチェッロ、バトン、スーティルも続く。

ブルデー六番手! すげ! これは光ったなぁ。偉いなあ。フィジケラはコースオフ。黄旗が出て他のアタックは駄目になった。

トロロッソはベッテルも三番手を出してる。Q1だからこれが即どうこうではないけど、いや、面白い。

バリチェッロ、バトン、ロズベルグ、スーティル、フィジケラが脱落。

Q2

天気の心配はない様だ。

激戦としか言い様のないアタックを制したのはハミルトンとコバライネン、ウェバーの後ろにBMW勢が続き、フェラーリは六番手と八番手。ベッテルがQ3進出。

脱落したのはクルサード、グロック、ブルデー、トゥルーリ、中嶋。

Q3

ハミルトンが一回目にコースオフ。コバライネンはトップタイム。

クビサはピット内でダンパーのチェック。コースインできない。ノータイムで終了か。

ライコネン、暫定トップを奪取。ベッテル五番手に来た!

ハミルトンが二番手。そして何とウェバーがトップに躍り出た。ええ!?

そして、今週末の良さを存分に発揮したコバライネンがぶっちぎリのポールポジションを獲得。もちろんヘイキにとってはF1キャリア初PP。

コバライネン、ウェバー、ライコネン、ハミルトン、ハイドフェルド、アロンソ、ピケ、ベッテル、マッサ、クビサの順。すごいことになったな。

明日が晴れるにせよ雨が降るにせよ、ちょっと何かが起りそうな感じだね。楽しみだ。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20080705
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報