大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2008-09-06

[][][]2008年第13戦ベルギーGP予選

Q1

コンディションは辛うじてドライ。Q1の間は降雨の心配無用とのこと。

ベッテルが六番手タイムを出して、そしてブルデ一がなんとトップタイム。これは驚いた。バリチェッロ、バトン、スーティル、中嶋、フィジケラが脱落。

トロロッソ、「(タイミングモニタの)写真とっとくといいかもね」なんて冗談を言っている。こういう雰囲気いいなあ。

Q2

流石にマクラーレンが速い。トヨタレッドブルが苦戦、一方のトロロッソは余裕のタイム。面白い。

最後のアタックで少し順位が動いて、トゥルーリ、ピケ、グロック、クルサード、ロズベルグが脱落。トロロッソは二台共残った。最近好調気味だったトヨタも全滅。

上位を見ると、トロロッソはルノーにも拮抗、BMWに比肩するところまで来てるんだよな。何て時代だ。

Q3

ベッテルがコースに出てこない。実質Q2組のトップを狙ったか。

最初のアタックではマクラーレン優位。

最後にベッテルも出てきた。しかしタイムは大したことなし。ただ走っただけ。

ラストアタックは少しもつれてハミルトンがトップ、マッサが二番手。コバライネン、ライコネンが二列目。以下ハイドフェルド、アロンソ、ウェバー、クビサ、ブルデー、ベッテルの順となった。

ハミルトンが突出した速さを見せた。マッサは頑張ってるな。

天気はよくなかったが、雨は降らなかった。決勝はどうなるかな。なにしろスパだからな。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20080906
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報