大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2009-05-24

[][][]2009年第6戦モナコGP決勝

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  3. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  4. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  5. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  6. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  7. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  8. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  9. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  10. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  11. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  12. ネルソン・ピケ(ルノー)
  13. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  14. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)
  15. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  16. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  17. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  18. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  19. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  20. ティモ・グロック(トヨタ)

ハミルトンは予選のクラッシュでギアボックスを含むリアエンドを全交換したため降格、グロックはサスペンション交換によりピットスタート。

レーススタート、奇数列のブラウンが前に出てライコネンは追い付けず、三番手に後退。/(^o^)\

四番手ベッテルが蓋になって行列ができている。七周目にしてベッテルのタイヤが終っていて、とてもまともに走れる状態ではない。マッサがシケインで仕掛けるが勢い余ってショートカット。ベッテルを前に行かせなくてはならないが、気をつけないと後ろにやられるよ? と思って見ていたらその通りのことが起きた。ロズベルグがベッテルに便乗してマッサの前に出る。直線でアクセルを緩めるってのはそういうことなんだよね。

十周目、ベッテルの隙を突いてマッサ、コバライネン、ウェバーが前に出て、ベッテルはたまらずピットイン。

十一周目の第一コーナーでブエミがピケに追突。ブエミはその場でリタイア、ピケもリアウイングにダメージを負ってピットへ。結局リタイアになった。クビサ、ハミルトン、スーティルもピットイン。

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  3. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  4. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  5. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  6. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  7. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  8. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  9. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  10. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)
  11. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  12. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  13. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  14. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  15. ティモ・グロック(トヨタ)
  16. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  17. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  18. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)

十六周目にライコネンがピットイン。バリチェッロに頭を抑えられたのが痛かったね。

十七周目、ベッテルが一コーナーでクラッシュ、リタイア。バリチェッロがピットイン。短い作業時間でライコネンの前を守った。給油したのか?

十八周目バトン、十九周目ロズベルグとピットに入り上位が目まぐるしく入換る。まあ元の順位に戻ってるだけだが。二十周目にマッサがピットイン。

二十三周目、ウェバーがピットインでロズベルグの前に出た。

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  3. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  4. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  5. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  6. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  7. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  8. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  9. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  10. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)
  11. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  12. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  13. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  14. ティモ・グロック(トヨタ)
  15. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  16. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  17. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)

何も起きないスティント中。ウトウトしてる間にクビサがリタイアしているな。

路面が出来つつあり、ラップタイムが上っている。上位が軒並み十五秒台。速いなー。

五十一周目、バリチェッロがピットインして五番手で復帰。続けてバトンも二度目のピットイン。

五十三周目、コバライネンがプールサイドでクラッシュ、リタイア。昨日のマッサと同じミスだったな。

ライコネンがピットイン、タイヤに手間取りバリチェッロの前には出られず。

五十七周目.マッサとウェバーが同時にピットイン。

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  3. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  4. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  5. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  6. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  7. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  8. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)
  9. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  10. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  11. ティモ・グロック(トヨタ)
  12. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  13. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  14. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  15. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)

五十九周目、グロックがなんと一回目のピットイン。七百キロの車重は伊達ではなかった。作戦的に何の意味があったのかは分らない。セーフティカーでも狙ったのかね。

六十六周目、ロズベルグがピットイン。六十七周目アロンソ。結局順位動かず。

七十一周目、ハミルトンがトゥルーリを捕えてようやくドベ三に順位を上げた。

最終ラップ、中嶋がミラボーに刺さってリタイア。そんなアクシデントを余所に、バトンが今回も無難な走りを貫いて、初めてモナコを制し、今期のワールドチャンピオンを早くも決定。え? いやだって、スペイン-モナコと連勝しちゃったら、ねえ。バリチェッロが二位に入り「ベスト・セカンドドライバー」の役を完璧に果した。

ライコネンとマッサが三位四位に入り、フェラーリとしては今季初のダブル入賞。信頼性とピットのポカがなければ優勝も狙える位置にまでは上って来たかな。ピットのポカがなければ!? 無理!!

その他順位は次の通り。

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  3. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  4. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  5. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  6. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  7. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  8. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)
  9. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  10. ティモ・グロック(トヨタ)
  11. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  12. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  13. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  14. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  15. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)

あー、「強いドライバー順リスト」になってるねえ。ニコと一貴の差とか、トゥルーリの順位とか、アロンソやフィジコの位置とかをマシンの性能評価と掛合せてみたら、ほらね。ルイスがこの位置で完走というのがやや意外。もうちょっと無理して上位に来るかリタイアか、と思った。予選をミスで失ったもんだから、流石に自重したか。俺はそんなとこで自重するルイスなんて見たくないんだけどな。

次はトルコ。ここでバトンがマッサを抑えたら、もう本当に決りだよね。凄いね。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20090524

2009-05-23

[][][]2009年第6戦モナコGP予選

Q1

マッサがプールサイドで尻を流してノーズを擦ってしまった。ダメージはそんなに大きくなさそう。

Q1から凄まじく熾烈なアタック合戦になっている。ソフトタイヤの特性で複数回アタックが有効とわかり、各車がコースに長く残る傾向。

残り八分、ハミルトンがミラボーで体勢を崩してリアをヒット。サスペンションを壊してマシンを停めてしまった。第一セクターは最速だっただけに残念。

マシンをコースから取除くためにセッションは赤旗中断。

セッション再開、マッサが最初にタイムを出すが今ひとつ伸び悩む。ライコネン二番手。

全車がコースに出てクリアラップを得るのが困難な状況でマッサが四番手に浮上。

最後の最後まで目まぐるしく順位が入換る。ハミルトン、ハイドフェルド、クビサ、トゥルーリ、グロックがノックアウト。BMWトヨタの二大ワークスが最下位を奪い合い、今季初めてフォースインディアが二台ともQ2進出を果した。

Q2

いきなり十四秒台が連発される、Q1以上に激しい予選。

ピケが最終コーナーでスピン、幸いクラッシュは免れたか。

フィジケラの出した二つのタイムについて、シケインショートカットにより抹消との裁定。

上位のコバライネン、ウェバー、ロズベルグは走行をやめた。残り十二台のアタック。

ライコネンがぶっちぎりでトップに立つ。これは凄いな、KERSの使い方とか完璧だったんだろうな。

ブエミ、ピケ、フィジケラ、ブルデー、スーティルが脱落。いつもならQ1落ちの面子だな。

Q3

決勝結果がここで決まると言ってもいい、予選最終セッション。まずはベッテル、ロズベルグ、バリチェッロ、バトンという順位になった。

激しい激しい激しいアタックの結果、バトンが自身のQ2のタイムより速い記録でポールを獲得。ライコネンが二番手。一コーナーの奪い合いが楽しみだな。

以下バリチェッロ、ベッテル、マッサ、ロズベルグ、コバライネン、ウェバー、アロンソ、中嶋の順となった。

ホームストレートの長さを考えるとスタートでKERSが使えるかどうかは微妙だが、ここで前に出られなければバトンの優勝は堅いだろう。上位にトゥルーリが居ないから序盤に渋滞のできる確率はそれほど高くなさそうだけど。

どうなりますかな。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20090523

2009-05-10

[][][]2009年第5戦スペインGP決勝

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  3. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  4. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  5. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  6. ティモ・グロック(トヨタ)
  7. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  8. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  9. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  10. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  11. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  12. ネルソン・ピケ(ルノー)
  13. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  14. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  15. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  16. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  17. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)
  18. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  19. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  20. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)

スタート、奇数列ブラウンが前に出る。しかもバリチェッロが先行。マッサはKERSのダッシュ力を活かしてベッテルを抜いた。と思ったらオンボードの表示では使ってないな。後方で激しいクラッシュ。トゥルーリ、ブエミ、ブルデー、スーティルが巻き込まれてリタイア、散乱した破片によりセーフティカー出動となった。

  1. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  2. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  3. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  4. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  5. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  6. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  7. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  8. ティモ・グロック(トヨタ)
  9. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  10. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  11. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  12. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  13. ネルソン・ピケ(ルノー)
  14. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  15. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  16. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)

六周目に再スタート。アロンソがウェバーを攻めるが差しきれず。

コバライネンがスローダウン。ピットに戻り、そのままリタイア。

十八周目、グロックが最初の給油。そしてバトンとアロンソ。軽い車から順に入ってくる。ライコネンがスローダウン。アクセルを踏んでもパワーがかかってない感じ。

二十周目、バリチェッロがピットイン。異様に短い給油時間。三回ストップ?

二十一周目、マッサとベッテルが同時にピットインして、順位をそのままにピットアウト。

  1. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  2. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  3. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  4. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  5. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  6. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  7. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  8. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  9. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  10. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  11. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  12. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  13. ティモ・グロック(トヨタ)
  14. ネルソン・ピケ(ルノー)

バトンはバリチェッロに抜かれたこととセーフティカーのおかげとで三回から二回ストップに作戦を変えたのだと。

三十二周目、バリチェッロが二回目のピットストップ。めちゃめちゃ早いな 。これでバトンが暫定的に前。

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  3. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  4. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  5. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  6. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  7. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  8. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  9. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  10. ティモ・グロック(トヨタ)
  11. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  12. ネルソン・ピケ(ルノー)
  13. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  14. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)

バリチェッロのペースがよろしくない。三回ストップでこれではもう優勝は望めないか。

四十四周目、ベッテルがピットイン。マッサがそれに合わせ、また前後関係をキープしたままコース復帰。マッサはスタートで得た順位をしっかり守り通した。バリチェッロはこの二台との戦いになる。

五十一周目、バリチェッロとウェバーが同時にピットへ。マッサとベッテルのペースが上らず、この二台に遠く及ばない。フェラーリのハードタイヤとのミスマッチは相当深刻な模様。

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  3. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  4. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  5. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  6. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  7. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  8. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  9. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  10. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  11. ティモ・グロック(トヨタ)
  12. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  13. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  14. ネルソン・ピケ(ルノー)

マッサにピットからの指示。「燃料のミクスチャをP3にしてゴールまで保たせろ」。どうやら燃料が厳しいらしい。背後からはベッテルに追い立てられている。それでも抜かれずに済んでいるのはKERS様々といったところか。

今度は「前のラップで燃料使いすぎ。もっとセーブしないともう一回給油することになるぞ」。マッサ応える、「どうしろってんだ、こちとら抜かれない様に必死なんだよ!」今年はフェラーリの交信が聞けて色々面白いなあ。去年までまず流れなかったもんなあ。

こうなるとマッサの最終コーナー付近の映像だけが楽しみだな。左に寄ったら負け、という。

残り四周、マッサがストレートスピードを落して順位を譲った。ピットから「行かせろ。一周分足りない」と指示が。

最終ラップ、アロンソにも追い付かれて、最後に意地も見せられず、最早ゴールに辿り着けるかどうか。

バトンが余裕の今季四勝目、バリチェッロが二位。ウェバーは0.8秒差で三位に入り、ベッテル、アロンソ、マッサ、ハイドフェルド、ロズベルグまでが優勝。完走十四台、正直眠いレースだったよ。まあスペインだしなあ。

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  3. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  4. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  5. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  6. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  7. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  8. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  9. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  10. ティモ・グロック(トヨタ)
  11. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  12. ネルソン・ピケ(ルノー)
  13. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  14. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)

きっちり入賞したアロンソは流石の一言。フェラーリはマシンは良くなってきているんだろうけど、信頼性はともかく「ベンチがアホやからレースでけへん」状態。トヨタも然り。

次はモナコ、KERSがたぷん使い物にならないサーキットの筆頭。ここはもう一回ベッテルに期待したいところかな。ドライで勝ってみせてくれ。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20090510

2009-05-09

[][][]2009年第5戦スペインGP予選

Q1

あれ? 川井氏がスタジオにいるのか。

BMWがKERSを諦めて、マクラーレンフェラーリのみが搭載。F1のオピニオンリーダーとしてはやめる訣にはいかないということか。いづれ義務付けられる技術なら途中でやめるのは愚策よね。

そのKERS搭載車のうち、マッサが一人ポンとトップタイムを出した。ライコネンは九番手。ハミルトン七番手、そしてコバライネンは十七番毛で脱落確定。キミもずるずる下がって当落線上。そして最後にトゥルーリが十五番手に滑り込んでライコネンの脱落が決定。

通過できなかったのはライコネン、ブルデー、コバライネン、スーティル、フィジケラの五台。んー、これは‥‥。

上位はマッサ、ウェバー、バトン、ベッテル、ロズベルグ、バリチェッロという順。接戦とはいえ、フェラーリの明暗は迷走としか言い様がないな。

Q2

レッドブルが速さを見せてトップを独占。全台が一秒半の間にいるのだから誰も気が抜けない。

マッサが気合を入れて二番手に。そしてバリチェッロが二十秒を切るタイムでトップに躍り出る。

上位はバリチェッロ、ウェバー、グロック、マッサ、バトン、ベッテルの順。地元アロンソが十番手に留まった。

中嶋、ピケ、ハイドフェルド、ハミルトン、ブエミが脱落。マクラーレンはここまで。

Q3

バトン、ベッテル、バリチェッロ、マッサ、ウェバー、グロック、トゥルーリ、アロンソ、ロズベルグ、クビサの順でグリッド確定。バトンの最後は凄かったな。

ブラウンが奇数列独占でレースも有利に運ぶだろうがベッテルとマッサがどう絡んで行けるかが楽しみ。アロンソもBMWの前に出たので、地元ジョーカーとして何か期待して良さそうだ。トヨタは数に入れなくていいよね。

どうでもいいけど川井氏、しばらく見ない間に*1すごく肥えたな。もともと上背があるから画面に圧迫感がありすぎる。

追記

予選後に発表された各車の車重。概ね-600kgで燃料搭載量となる。

1ルイス・ハミルトンマクラーレンメルセデス683.0kg
2ヘイキ・コバライネンマクラーレンメルセデス657.0kg
3フェリペ・マッサフェラーリ655.0kg
4キミ・ライコネンフェラーリ673.0kg
5ロバート・クビサBMWザウバー698.6kg
6ニック・ハイドフェルドBMWザウバー676.3kg
7フェルナンド・アロンソルノー645.0kg
8ネルソン・ピケルノー677.4kg
9ヤルノ・トゥルーリトヨタ648.5kg
10ティモ・グロックトヨタ655.5kg
11セバスチャン・ブルデートロロッソ・フェラーリ669.0kg
12セバスチャン・ブエミトロロッソ・フェラーリ678.0kg
14マーク・ウェバーレッドブルルノー651.5kg
15セバスチャン・ベッテルレッドブルルノー651.5kg
16ニコ・ロズベルグウィリアムズトヨタ670.0kg
17中嶋 一貴ウィリアムズトヨタ676.6kg
20エイドリアン・スーティルフォースインディア・メルセデス675.0kg
21ジャンカルロ・フィジケラフォースインディア・メルセデス656.0kg
22ジェンソン・バトンブラウンGP・メルセデス646.0kg
23ルーベンス・バリチェッロブラウンGP・メルセデス649.5kg

トヨタがこの軽さで六・七番手ってのは、やっぱり、ねえ?

*1:F1GPニュースは基本的に観ないので

MakoXMakoX2009/05/10 18:53Q1途中から見ていて、川井さんの音声がやけにクリアでアレ?と思っていたら、おースタジオかよと驚きました。
いつもの小倉さん、森脇さんがあまり動かずに大人しく喋っているのに対して、川井さんはアナウンサーに向かってカラダを斜めにしていたので、余計に圧迫感がでていましたね。

yms-zunyms-zun2009/05/10 18:59ああ、座り方が横柄っていうのもあるかもしれませんね。あと、F1GPニュースで気にならなかったのは隣が大林氏だからなのかもしれません。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20090509
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報