大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2009-05-10

[][][]2009年第5戦スペインGP決勝

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  3. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  4. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  5. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  6. ティモ・グロック(トヨタ)
  7. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  8. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  9. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  10. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  11. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  12. ネルソン・ピケ(ルノー)
  13. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  14. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  15. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  16. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  17. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)
  18. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  19. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  20. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)

スタート、奇数列ブラウンが前に出る。しかもバリチェッロが先行。マッサはKERSのダッシュ力を活かしてベッテルを抜いた。と思ったらオンボードの表示では使ってないな。後方で激しいクラッシュ。トゥルーリ、ブエミ、ブルデー、スーティルが巻き込まれてリタイア、散乱した破片によりセーフティカー出動となった。

  1. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  2. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  3. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  4. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  5. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  6. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  7. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  8. ティモ・グロック(トヨタ)
  9. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  10. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  11. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  12. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  13. ネルソン・ピケ(ルノー)
  14. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  15. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  16. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)

六周目に再スタート。アロンソがウェバーを攻めるが差しきれず。

コバライネンがスローダウン。ピットに戻り、そのままリタイア。

十八周目、グロックが最初の給油。そしてバトンとアロンソ。軽い車から順に入ってくる。ライコネンがスローダウン。アクセルを踏んでもパワーがかかってない感じ。

二十周目、バリチェッロがピットイン。異様に短い給油時間。三回ストップ?

二十一周目、マッサとベッテルが同時にピットインして、順位をそのままにピットアウト。

  1. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  2. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  3. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  4. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  5. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  6. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  7. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  8. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  9. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  10. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  11. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  12. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  13. ティモ・グロック(トヨタ)
  14. ネルソン・ピケ(ルノー)

バトンはバリチェッロに抜かれたこととセーフティカーのおかげとで三回から二回ストップに作戦を変えたのだと。

三十二周目、バリチェッロが二回目のピットストップ。めちゃめちゃ早いな 。これでバトンが暫定的に前。

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  3. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  4. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  5. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  6. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  7. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  8. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  9. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  10. ティモ・グロック(トヨタ)
  11. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  12. ネルソン・ピケ(ルノー)
  13. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  14. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)

バリチェッロのペースがよろしくない。三回ストップでこれではもう優勝は望めないか。

四十四周目、ベッテルがピットイン。マッサがそれに合わせ、また前後関係をキープしたままコース復帰。マッサはスタートで得た順位をしっかり守り通した。バリチェッロはこの二台との戦いになる。

五十一周目、バリチェッロとウェバーが同時にピットへ。マッサとベッテルのペースが上らず、この二台に遠く及ばない。フェラーリのハードタイヤとのミスマッチは相当深刻な模様。

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  3. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  4. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  5. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  6. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  7. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  8. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  9. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  10. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  11. ティモ・グロック(トヨタ)
  12. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  13. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  14. ネルソン・ピケ(ルノー)

マッサにピットからの指示。「燃料のミクスチャをP3にしてゴールまで保たせろ」。どうやら燃料が厳しいらしい。背後からはベッテルに追い立てられている。それでも抜かれずに済んでいるのはKERS様々といったところか。

今度は「前のラップで燃料使いすぎ。もっとセーブしないともう一回給油することになるぞ」。マッサ応える、「どうしろってんだ、こちとら抜かれない様に必死なんだよ!」今年はフェラーリの交信が聞けて色々面白いなあ。去年までまず流れなかったもんなあ。

こうなるとマッサの最終コーナー付近の映像だけが楽しみだな。左に寄ったら負け、という。

残り四周、マッサがストレートスピードを落して順位を譲った。ピットから「行かせろ。一周分足りない」と指示が。

最終ラップ、アロンソにも追い付かれて、最後に意地も見せられず、最早ゴールに辿り着けるかどうか。

バトンが余裕の今季四勝目、バリチェッロが二位。ウェバーは0.8秒差で三位に入り、ベッテル、アロンソ、マッサ、ハイドフェルド、ロズベルグまでが優勝。完走十四台、正直眠いレースだったよ。まあスペインだしなあ。

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  3. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  4. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  5. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  6. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  7. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  8. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  9. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  10. ティモ・グロック(トヨタ)
  11. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  12. ネルソン・ピケ(ルノー)
  13. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  14. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)

きっちり入賞したアロンソは流石の一言。フェラーリはマシンは良くなってきているんだろうけど、信頼性はともかく「ベンチがアホやからレースでけへん」状態。トヨタも然り。

次はモナコ、KERSがたぷん使い物にならないサーキットの筆頭。ここはもう一回ベッテルに期待したいところかな。ドライで勝ってみせてくれ。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20090510
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報