大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2009-06-07

[][][]2009年第7戦トルコGP決勝

  1. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  2. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  3. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  4. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  5. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  6. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  7. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  8. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  9. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  10. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  11. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  12. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  13. ティモ・グロック(トヨタ)
  14. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  15. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  16. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  17. ネルソン・ピケ(ルノー)
  18. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  19. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  20. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)

スタートはバリチェッロの動きに注目だね。さあ、スタート。‥‥あれれえ?

何があったかエンジンストールか、バリチェッロは十三番手に後退。一方、バトンは九コーナーでベッテルを抜いてトップへ。ベッテルのドライビングミスの様だ。ライコネンも後退している。アロンソと軽く接触してフロント翼端板を傷めたか。

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  3. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  4. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  5. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  6. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  7. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  8. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  9. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  10. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  11. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  12. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  13. ティモ・グロック(トヨタ)
  14. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  15. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  16. ネルソン・ピケ(ルノー)
  17. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  18. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  19. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  20. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)

見事なまでに奇数列スタート組が前に出ているが、バリチェッロだけはそれを台無しにした。

四周目、フィジケラがピットイン。そしてリタイア。

コバライネンと激しくやりあうバリチェッロ。遅いマシンでもKERSの力は絶大で、前に出られない。ペースを完全に乱されて九周目にスピン、順位をさらに落してハミルトンの後ろへ。

十三周目、バリチェッロが今度はスーティルと接触してフロント翼端板を失った。もうボロボロ。脆さが出尽したねえ。十四周目にピットイン。

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  3. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  4. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  5. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  6. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  7. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  8. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  9. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  10. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  11. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  12. ティモ・グロック(トヨタ)
  13. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  14. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  15. ネルソン・ピケ(ルノー)
  16. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  17. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  18. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)
  19. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)

十五周目、アロンソがピットイン。十六周目ベッテル。

ベッテルは短い給油で三回ストップか。メリットはあるのかどうか。

十七周目トゥルーリ、そしてバトンがピットイン。続いてマッサ。

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  3. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  4. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  5. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  6. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  7. ティモ・グロック(トヨタ)
  8. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  9. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  10. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  11. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  12. ネルソン・ピケ(ルノー)
  13. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  14. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  15. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  16. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  17. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  18. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)
  19. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)

二十五周目、バトンにベッテルが追着いた。おお、三回ストップの意味あるじゃん。これはレベルの高いレースだよ。まるでトップチーム同士の争いじゃないか。

二十八周目、中嶋がピットイン。ウィリアムズは一回ストップか。

バトンを攻めきれなかったベッテルは三十周目に二度目のピットイン。

三十三周目ハミルトンとブルデーが一回きりのピットイン。これで全員一回以上のピットを終えた。

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  3. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  4. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  5. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  6. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  7. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  8. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  9. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  10. ティモ・グロック(トヨタ)
  11. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  12. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  13. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  14. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  15. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  16. ネルソン・ピケ(ルノー)
  17. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  18. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  19. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)

中嶋のこの位置は凄いよ? これで走り切れたらどうなる?

四十周目、バリチェッロが入ったのを筆頭に二回目のピットラッシュ。

四十四周目、中嶋ピットイン。何だ二回ストップか。入賞は堅いけど、ちょっと詰らん。しかもタイヤ装着に手間取られて大きく後退。あーあ。

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  3. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  4. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  5. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  6. ティモ・グロック(トヨタ)
  7. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  8. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  9. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  10. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  11. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  12. ネルソン・ピケ(ルノー)
  13. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  14. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  15. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  16. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  17. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  18. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  19. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)

四十九周目、残り十周でバリチェッロがリタイア。ブラウンGPとして初めての事態。今日は日が悪かったのね。

終盤、クルージングしているウェバーにベッテルが追いついてきた。チームの無線は「マークの方が速いんだからな? マシンを大事に走るんだぞ?」という微妙な含みのある内容。抜くなとは言えないからねえ。あの若造が言うことを聞くかどうかだな。抜いたれ抜いたれ。

レースはバトンが今季六勝目を決めた。ウェバー、ベッテルのレットブル勢が二位三位。ベッテルにしてみれば一周目に少し膨らんでしまったのが全てだったね。チームからも同じ言葉で宥めるコメントが無線で届けられた。いや本当にハイレベルなレースだったよ。有難う。

以下トゥルーリ、ロズベルグ、マッサ、クビサ、グロックまでが入賞。キミやアロンソは入ってこれなかったか。中嶋も惜しかった。

次はイギリス、最後のシルバーストン? 今年からドニントンだとばかり思い込んでたよ。

  1. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  2. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  3. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  4. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  5. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  6. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  7. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  8. ティモ・グロック(トヨタ)
  9. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  10. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  11. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  12. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  13. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  14. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  15. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  16. ネルソン・ピケ(ルノー)
  17. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  18. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)
トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20090607
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報