大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2009-07-12

[][][]2009年第9戦ドイツGP決勝

  1. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  2. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  3. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  4. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  5. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  6. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  7. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  8. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  9. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  10. ネルソン・ピケ(ルノー)
  11. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  12. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  13. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  14. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  15. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  16. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  17. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  18. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  19. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)
  20. ティモ・グロック(トヨタ)

雨が予想されたが晴れ、路面温度が上昇する中迎えた決勝。

スタートでマクラーレンがよく伸びた。ウェバーがバリチェッロに幅寄せして軽くヒット。その隙にハミルトンがアウトから仕掛けようとするがそこは完全なオフライン、曲がり切れずに大幅に順位を落す。その後気が付けば最後尾に。右リアタイヤがバーストしている。

全体の順位が大きく変った。

  1. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  2. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  3. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  4. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  5. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  6. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  7. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  8. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  9. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  10. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  11. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  12. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  13. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  14. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  15. ネルソン・ピケ(ルノー)
  16. ティモ・グロック(トヨタ)
  17. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  18. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)
  19. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  20. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)

ソフトタイヤのグリップダウンが激しく、タイムが伸び悩む中での我慢比べ。画面からも各車のタイヤの傷みがはっきり判るほどだ。

スタートのウェバーの幅寄せについて審議のサイン。ドライブスルーペナルティ確定。当てちゃ駄目よね。初優勝は消えたか。

十七周目。

  1. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  2. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  3. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  4. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  5. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  6. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  7. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  8. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  9. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  10. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  11. ネルソン・ピケ(ルノー)
  12. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  13. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  14. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  15. ティモ・グロック(トヨタ)
  16. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  17. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  18. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  19. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)

第一スティントの長さにバラつきがあって、今上位にいるのは長めの人ばかり。ここまで走ってる人は二回ストップ、それ以外は三回の可能性も大いにありか。

三番手まで上ったスーティルが二十八周目にピットイン、しかしコース復帰直後の一コーナーでライコネンと接触。互いにウイングを傷め、スーティルは止むなく二度目のピットイン。無理しすぎて取返しのつかないことをしちゃったねえ。ライコネンは三十六周目にピットに戻ってリタイア。この接触についてはレース後の審議となる。

何だかんだでウェバーが首位に帰り咲いた。ハードタイヤを履いたレッドブルは無敵だな。このまま無事なら1-2確実。ブラウンは苦戦中。バトンのタイムは悪くないのに。

  1. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  2. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  3. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  4. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  5. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  6. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  7. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  8. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  9. ティモ・グロック(トヨタ)
  10. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  11. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  12. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  13. ネルソン・ピケ(ルノー)
  14. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  15. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  16. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  17. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  18. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)

ハミルトンが「雨が来そう」とレポート。直後にピットイン、三十九周目。何か考えがあるのか。

四十四周目、ウェバーがペナ含め三回目のピットイン、マッサの前の二番手に復帰。コースには若干の雨が見える。四十五周目ベッテルがソフトタイヤに交換。残り十五周。

マッサがハードタイヤに交換。雨のことを考えればソフトで行きたいが装着義務を満たしていない。マッサ涙目。

バリチェッロとバトンが二、三番手に浮上しているが、あと一回のピットストップが残っている。

アロンソがファステストを連発中。

残り十周、バリチェッロがピットイン。ハードタイヤ。続いてバトン、ソフトタイヤ。そしてバリチェッロの前に戻る。このタイヤの違いは‥‥?

  1. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  2. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  3. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  4. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  5. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  6. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  7. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  8. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  9. ティモ・グロック(トヨタ)
  10. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  11. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  12. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  13. ネルソン・ピケ(ルノー)
  14. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  15. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  16. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  17. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  18. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)

前に出たバトンはしかし苦しそう。ハードタイヤが正解か。バトン、バリチェッロ、アロンソが隊列になり後ろ二台がハードタイヤ。ソフトはしんどい。

六十周のレースを終えて、マーク・ウェバーがF1キャリア初優勝。ペナルティを喰った上での余裕の勝利、涙声での絶叫をマイクが拾った。

才能を認められながらも二着より上にどうしても行けなかった男が遂にやった。おめでとう。

二位ベッテル、そしてマッサが三位。なんと今期初表彰台。以下ロズベルグ、バトン、バリチェッロ、アロンソ、コバライネンまでが入賞。完走十八台、ハミルトンが唯一ラップ遅れの最後尾。一コーナーでミスしてなけりゃねえ。ハミルトンのコメントによると他車の接触のためにリアタイヤを切られ、一コーナーを直進するハメになったとか。だったら仕方ないね。

  1. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  2. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  3. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  4. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  5. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  6. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  7. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  8. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  9. ティモ・グロック(トヨタ)
  10. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  11. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  12. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  13. ネルソン・ピケ(ルノー)
  14. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  15. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  16. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  17. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  18. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)

次はオンガロリンク。このままレッドブルの夏になるかな?

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20090712
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報