大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2009-08-23

[][][]2009年第11戦ヨーロッパGP決勝

  1. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  2. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  3. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  4. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  5. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  6. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  7. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  8. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  9. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  10. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  11. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  12. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  13. ティモ・グロック(トヨタ)
  14. ロマン・グロージャン(ルノー)
  15. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  16. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  17. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  18. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  19. ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)
  20. ルカ・バドエル(フェラーリ)

スタート、ライコネンがKERSに物を言わせて二台抜いて四番手浮上。一コーナーでグロックとブエミが接触、両者ピットイン。また、グロージャンが橋を渡った後の十コーナーでグロージャンも接触してフロントにダメージ。バドエルはスタートで順位を上げたが単独スピンで台無しに。

  1. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  2. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  3. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  4. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  5. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  6. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  7. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  8. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  9. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  10. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  11. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  12. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  13. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  14. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  15. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  16. ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)
  17. ルカ・バドエル(フェラーリ)
  18. ロマン・グロージャン(ルノー)
  19. ティモ・グロック(トヨタ)
  20. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)

ハミルトンが序盤から最速で後続との差を拡げる。コバライネンとバリチェッロもペースは悪くない。タイヤはマクラーレンがソフト側、ブラウンはハード側。序盤からソフトが使えるのは強みかもね。

十七周目、ハミルトンがピットインしてまたソフトに。これはどうだろう、第二スティントでもタレの心配はないということか。そしてコバライネンもソフトに。

ベッテルが一度ピットインして、次の周で二度目のピットイン。どうやら一回目に給油ができていなかったらしい。これは可哀想。

マクラーレン二台がピットストップで後退している間にバリチェッロがファステストを出す。ノリノリだな。

二十周目ライコネンとバトンがピットイン。二十一周目、バリチェッロとロズベルグ、ウェバーがピットイン。バリチェッロはこれでコバライネンを抜いて二番手に浮上。

  1. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  2. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  3. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  4. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  5. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  6. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  7. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  8. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  9. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  10. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  11. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  12. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  13. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  14. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  15. ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)
  16. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  17. ルカ・バドエル(フェラーリ)
  18. ロマン・グロージャン(ルノー)
  19. ティモ・グロック(トヨタ)
  20. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)

ハミルトンに「リアタイヤがオーバーヒート気味だからちょっとアクセル戻してね」と指示が。うーん、やっぱりソフトで繋いで良かったのか?

二十五周目、ベッテルがオイルを噴上げてリタイア。うーん、ツイてないな。

三十周目、バドエルとグロージャンが同時ピットイン。リリースが同時だったので「ちょっと危ないかな?」とは思ったがバドエルが完全に前、しかし何を思ったかバドエルはわざわざ道を譲ってグロージャンを前に行かせてしまった。これにはピットウォールのマイケルも呆れ顔。

まあ、ルカの気持はわかるよ。動きが完全にペーパードライバーのそれだもの。でも、それじゃあねえ。

で、道を譲った後にコース上で白線越えをしてしまってドライブスルーペナルティ。金曜のフリーでピットレーンの速度違反を繰返したことも伏線としてあるのだろうね。意識しすぎてダメダメになってる。ルカっていい奴なんだろうなあ。

七番手ウェバーとバトンが直接対決。一点二点でもチャンピオンシップを考えると大切な戦い。ブラウンのピットからバトンに「積極的に行け」と発破がかかる。そしたらレッドブルのピットが「なんてことをあっちは言ってるからミラーに注意しろよ」とウェバーにアドバイス。こいつら楽しんでるなあ。

三十八周目、ハミルトンが二度目のピットイン、しかしこれはスケジュールにない早すぎるタイミング。ピットは準備がなくて大慌て、しかしトラブルの様子は見られない。ともあれ大きくタイムロス。バリチェッロにとっては大きなチャンス、ここでしっかりファステストを出す。

次の周でコバライネンもピットイン、こちらは滞りなく作業完了。ルビーニョは本当にノリノリだ。

四十周目、中嶋の左リアタイヤがバースト。この周にバリチェッロがピットイン、ハミルトンの前でコース復帰。これは決ったか。同じ周にライコネンとクビサもピットイン。

  1. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  2. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  3. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  4. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  5. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  6. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  7. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  8. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  9. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  10. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  11. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  12. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  13. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  14. ロマン・グロージャン(ルノー)
  15. ティモ・グロック(トヨタ)
  16. ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)
  17. ルカ・バドエル(フェラーリ)
  18. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  19. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)

ウェバーが四十四周目にピットイン、作業に手間取ってバトンとクビサに順位を奪われる。

ブエミがブレーキトラブルでスピン、リタイア。

最終スティントにハードタイヤを残してしまったのは得策ではなかったか、と思えばしっかりペースを上げてくるハミルトン。バリチェッロをどこまで追い込めるか。

残り三周でグロックがファステスト。ええええー?

チャンスをしっかり逃さず掴んだバリチェッロが今季初、どころか五年ぶりとなる優勝を飾った。二位に惜しかったハミルトン、そして三位に勝負強いライコネンが上ってきた。スタートの成功が全ていい方に転がったか。以下コバライネン、ロズベルグ、アロンソ、バトン、クビサまでが入賞。九位ウェバーはあのピットのミスがなければなあ。中嶋は完走扱いのリタイアとなっている。

マシンを降りるなりヘルメットの頭頂部に施した「マッサ・イエロー」をカメラにアピールしたバリチェッロ。表彰式のブラジル国歌も誰の為か。驚いたのはブラジル国歌に唱和する声がコースに轟いたこと。ここがポルトガルなら分るけど、スペインだよな? いや、いい光景だった。

次は来週のベルギーGP。

  1. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  2. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  3. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  4. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  5. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  6. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  7. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  8. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  9. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  10. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  11. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  12. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  13. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  14. ティモ・グロック(トヨタ)
  15. ロマン・グロージャン(ルノー)
  16. ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)
  17. ルカ・バドエル(フェラーリ)
  18. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20090823
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報