大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2009-08-30

[][][]2009年第12戦ベルギーGP決勝

  1. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  2. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  3. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  4. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  5. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  6. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  7. ティモ・グロック(トヨタ)
  8. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  9. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  10. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  11. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  12. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  13. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  14. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  15. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  16. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  17. ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)
  18. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  19. ロマン・グロージャン(ルノー)
  20. ルカ・バドエル(フェラーリ)

んー、放送が微妙にトヨタ持上げモード? まあいいや、どうせ結果はいつも通りだろう。これ伏線になるかな。

スタートはバリチェッロが発進に失敗、後続はうまくかわしたが一コーナーでやや混乱があったか。ライコネンが大外のマンセルラインを回り込む。

ケメルストレートの終り、レコームの入口でライコネンがラインを外しシケインをカット気味に回る。戻る際にBMWと接触してクビサのウイングが飛んだ様に見えた。そして集団後方ではバトン、グロージャン、ハミルトン、アルグスエルアリがリタイアとなる大クラッシュ。

セーフティカー導入となりトゥルーリ、バリチェッロ、スーティルがピットイン。トゥルーリはどうしたんだっけ、一コーナーで何かあった?

  1. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  2. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  3. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  4. ティモ・グロック(トヨタ)
  5. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  6. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  7. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  8. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  9. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  10. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  11. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  12. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  13. ルカ・バドエル(フェラーリ)
  14. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  15. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  16. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)

五周目に再スタート、コースレイアウト上一コーナーで差を開けられないフィジケラはライコネンの射程に捉えられ、ケメルストレートで為す術なく仕止められる。オールージュであんだけピッタリ入られちゃうとどうしようもないよね。

十三周目、クビサとグロックがピットイン。グロックがなかなか出てこないが映像が来ないので詳細は不明。リプレイの様子を見ると給油機にトラブルがあったらしい。

十五周目、ライコネンとフィジケラ、ウェバー、ハイドフェルドと上位が同時にピットイン。ウェバーがハイドフェルドとあわや接触しかねないタイミングでリリースされ、ウェバーはコースに出てからハイドフェルドに順位を譲った。しかし審議は免れず、ウェバーにピットスルーペナルティの裁定が下った。

十七周目にベッテルがピットイン。

  1. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  2. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  3. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  4. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  5. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  6. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  7. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  8. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  9. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  10. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  11. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  12. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  13. ティモ・グロック(トヨタ)
  14. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  15. ルカ・バドエル(フェラーリ)
  16. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)

何が凄いってフィジケラがライコネンから全く離されていないことだな。常に二秒以内に位置取っている。

十九周目、ロズベルグがピットイン。ウェバーがピットスルーを履行。

一周目のクラッシュに対してレース後に審議のサイン。まあ、ただのレーシングアクシデントだと思うけどねえ。

二十二周目、トゥルーリがガレージに入ってリタイア。あー。ほら。

フィジコとキミの差が縮まって、一秒以内になった。これはガチ勝負だなあ。今季ここまでで一番面白いシーンが来たぞ。

二十五周目、アロンソが一回きりのピットイン。しかし左フロントのリムカバーが填らない、填らない。三十秒以上を失った。ここでリプレイ、スタート直後のアロンソのカメラ。リムカバーに他車が接触していた! これはTVクルーの良い仕事。

しかしやはりリムカバーの取付けがおかしく、まともに走れない状況。ハンガリーでのアクシデントのこともあり、ピットも慎重な姿勢で再ピットインを指示。リタイアせざるを得ないだろうね。気の毒。

  1. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  2. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  3. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  4. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  5. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  6. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  7. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  8. ティモ・グロック(トヨタ)
  9. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  10. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  11. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  12. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  13. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  14. ルカ・バドエル(フェラーリ)

三十一周目、クビサが二度目のピットイン。

そしてライコネンとフィジケラが同時にピットイン。停止時間も全く同じ、残り十三周の真剣勝負になるか。

  1. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  2. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  3. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  4. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  5. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  6. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  7. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  8. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  9. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  10. ティモ・グロック(トヨタ)
  11. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  12. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  13. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  14. ルカ・バドエル(フェラーリ)

三十四周目、ハイドフェルドがファステスト。BMWいいなあ。

三十六周目、ベッテルがピットイン。クビサの前、三番手に浮上した。

それにしてもFインディアの速さというか、マシンの動きが素晴しいな。とてもジョーダン系のチームとは思えない。

残り三周、バリチェッロのマシンから白煙。無線で「エンジンエンジン」と言っている。最後まで保つのか?

再スタート後のオーバーテイクで得た首位を守り抜き、ライコネンが今季初優勝。そしてフィジケラがフォースインディアに見事初表彰台をもたらす二位。三位にベッテル、チャンプ争いに重要なポイントをもぎ獲った。

以下クビサ、ハイドフェルド、コバライネン、バリチェッロ、ロズベルグが入賞。完走十六台、一周目の事故が全体に影響したレースだったかもしれない。あれがなけりゃフィジコ優勝は間違いなかったんじゃないかな。

いや、実に面白かった。次はモンツァ。また何か見られそうな予感。

  1. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  2. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  3. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  4. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  5. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  6. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  7. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  8. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  9. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  10. ティモ・グロック(トヨタ)
  11. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  12. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  13. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  14. ルカ・バドエル(フェラーリ)
トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20090830
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報