大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2009-10-18

[][][]2009年第16戦ブラジルGP予選

日本GPの予選で負傷したグロックの代りとして小林可夢偉が出場。フリー走行のみを走った鈴鹿を別にして、正式にF1デビューとなった。

Q1

強い雨の中、Q1途中でフィジケラがスピン、赤旗中断。とても走れる状況ではない。

コンディションの回復を待って残り十五分でセッション再開。タイムアタックではなくとにかくコース上に留まってタイムを残すだけの博打の様な予選になった。

Q1通過も危ういハミルトンは二セット目のウェットを使う。レース含めて三セットしか使えないレギュレーション下でも形振りは構っていられない。

ベッテル、コバライネン、ハミルトン、ハイドフェルド、フィジケラがノックアウト。雨が得意なベッテルがまさかの敗退。ブラウン勢がホッと胸を撫で下す。

Q2

三十分近く待ってからセッションスタート、しかし開始後三分もしない間に一コーナーでリウッツィがクラッシュし、マシンが大破。当然赤旗。

鈴鹿に続いて中断だらけだな。

一時間以上待ってようやく雨が上がり、セッション再開。Q1の開始時刻からは二時間以上が過ぎている。レースよりも長丁場になった。

ラップタイムの向上を待ってロズベルグがインターミディエイトタイヤを試す。そして最後にトップタイムをマーク。

小林、アルグエルスアリ、グロージャン、バトン、リウッツィがノックアウト。小林はミスが無ければQ3に行けたのに惜しかった。

Q3

全車インターミディエイトを履いてコースイン。目まぐるしく首位が入替わる。

コンディションが良くなる一方なら後からアタックする方が有利、最終的にポールを奪ったのはバリチェッロ。今季初PPが地元ブラジルとは。凄まじい大歓声が彼を祝福する。

二番手にウェバー、「ベッテルのサポートに徹する」というGP前のコメントが不気味な色を帯びる位置。三番手にスーティルは大殊勲。以下トゥルーリ、ライコネン、ブエミ、ロズベルグ、クビサ、中嶋、アロンソの順。

チャンプ争いに余り興味はないが、これならルビーニョに獲ってほしいよね、と思える内容だった。明日マッサの振るチェッカーフラッグを最初に受けるべきは誰だろうと考えるとね。

根拠もなく変な因縁話をするけどもさ、シーズン後半でルビーニョが「化けた」のだとしたら、それは彼のパーツが同胞のマッサを傷つけてしまったことも大きな理由だと思うんだ。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20091018
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報