大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2009-06-21

[][][]2009年第8戦イギリスGP決勝

  1. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  2. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  3. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  4. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  5. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  6. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  7. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  8. ティモ・グロック(トヨタ)
  9. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  10. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  11. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  12. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  13. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  14. ネルソン・ピケ(ルノー)
  15. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  16. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  17. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)
  18. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  19. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  20. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)

スタート、塩原アナのポエム炸裂!

トゥルーリがスタートに失敗、一方ライコネンがKERSを活用してか牛蒡抜きのジャンプアップ。バトンは沈んだ。

スタート直後のオーダー。

  1. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  2. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  3. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  4. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  5. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  6. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  7. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  8. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  9. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  10. ティモ・グロック(トヨタ)
  11. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  12. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  13. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  14. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  15. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  16. ネルソン・ピケ(ルノー)
  17. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)
  18. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  19. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  20. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)

フィジケラが凄いとこに居るぞ。

ハイドフェルドとピットがピットに入れの入りたくないのと言い合ってる。見ればフロントウイングのダメージでタイムが明かに落ちている。それでもニックは入りたくないという。

十六周目、中嶋が最初のピットイン。またイヤ作業がが‥‥大丈夫か?

次の周にライコネンが入り、ピットアウトで中嶋の前に。

  1. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  2. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  3. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  4. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  5. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  6. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  7. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  8. ティモ・グロック(トヨタ)
  9. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  10. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  11. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  12. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  13. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  14. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  15. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  16. ネルソン・ピケ(ルノー)
  17. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)
  18. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  19. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  20. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)

「そろそろピットインだけどバランスはどう?」と聞かれ「バランスはいいけどグリップがない!」と訴えるハミルトン。いやあ、それはどうにもならん気が。

続々とピットインが行われる。

ウェバーが長い給油で第二スティントの作戦に柔軟性を与えたが、ピットアウトの時点でバリチェッロの前に出てしまいその必要もなくなった。どうせ重くても一番速いレッドブルなので、もう勝負はついた様なものかな。

  1. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  2. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  3. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  4. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  5. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  6. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  7. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  8. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  9. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  10. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  11. ティモ・グロック(トヨタ)
  12. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  13. ネルソン・ピケ(ルノー)
  14. セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)
  15. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  16. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  17. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  18. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  19. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  20. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)

中盤戦、ニコがルーベンスを攻めている。ここに来てブラウンの圧倒的優位は急激に失われてしまったな。レッドブルが別次元に行っただけでなく、周囲も速くなってきた。

三十四周目、コバライネンが一回きりのピットイン。混雑しているところへ復帰して、チームメイトを先に行かせる動きと絡んで所在なげなラインを走っていたところをアビーでブルデーに追突された。ブルデーはウイング破損、コバライネンもリアタイヤが駄目になってもう一度ピットイン。そして三十九周目、コバライネンは三たびピットに戻りリタイアとなった。ブルデーもか。

ハミルトンがアビーでスピン。チームメイト絡みの事故のゴミでも拾ったか。

各車二回のピットインを終えた終盤の順位。

  1. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  2. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  3. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  4. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
  5. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  6. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  7. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  8. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  9. ティモ・グロック(トヨタ)
  10. ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)
  11. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  12. ネルソン・ピケ(ルノー)
  13. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  14. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  15. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  16. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  17. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  18. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)

中嶋は最初のピットインでのタイヤ選択の失敗でここまで順位が落ちて、フィジケラにまで抜かれてしまった。というか、フィジケラが速い。

結局その後順位は動かず、ベッテルが終始圧倒的な速さでレースを制した。ウェバーが二位に入りレッドブルが1-2。バリチェッロ、マッサ、ロズベルグ、バトン、トゥルーリ、ライコネンまでが入賞。完走十八台、気温の低いコースではブラウンに勝ち目がないことが露呈したレースだったのかな。まあ、このあたりからは資金力によるマシンのアップデートの頻度が勢力図を書換える要因となるのだろう。そこがブラウンのアキレス腱でもあるわけで。

表彰台であまり聴き覚えのない国歌が。レッドブルはオーストリアのチームとして登録されているのだな。でも中国GPでは手違いでこれじゃなくてイギリス国歌が流れてしまったのよね。

F1グランプリの発祥の地であるシルバーストンでのレースはこれでおしまい。この地で、今季ここまで(手違い含めて)すべてのサーキットに響いたイギリス国歌が流れなかったというのは、運命の皮肉というものを感じますな。

次はドイツ、ニュルブルクリンク。時間が空くのでまたマシンのアップデートがあるだろう。しかもベッテルの地元。どうなるだろうね。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20090621

2009-06-20

[][][]2009年第8戦イギリスGP予選

Q1

サンタンデルが「Abbey」と書いたロゴをコース全域に掲示しているせいで、全てのコーナーがアビーコーナーかと思ってしまうので何とかしてくれ。アビーは十一コーナーと決っておる。

今年のシルバーストンは三リッター時代に匹敵するタイムが出ているとのことで、レッドブルがバンバンとタイムを叩き出す。トヨタが続いてアロンソやロズベルグ、そしてフェラーリが喰い付く。ブラウンがやや沈み気味、そしてマクラーレンは終了の予感。

セッション終了間際の残り三十五秒、そのアビーコーナーでスーティルが大クラッシュ。もの凄いスピードでウォールに突込んだがエイドリアンは無事。セッションは赤旗終了。

このドタバタに何と、中嶋一貴がトップタイムを叩き出した。

フィジケラ、ブルデー、クラッシュしたスーティル、ハミルトン、ブエミが脱落。コバライネンは最下位でQ2に残った。

‥‥え? 残り二十四秒でセッション再開? まあ、時計が回って終りだな。

あ、ブエミだけコースに出た。最後のセットアップ確認でもしてるのかな。もちろんタイムは出せない。

Q2

ウェバー、トゥルーリ、中嶋、ベッテル、アロンソの順に上位が並ぶ。コバライネンは最下位確実か。しかしここにきてブラウンが急に伸び悩んだな。Q2落ちも有得る?

バトンは辛うじて八番手、バリチェッロは四番手。脱落したのはマッサ、クビサ、コバライネン、ピケ、ハイドフェルド。BMW全滅、そしてマッサが。あらら。

最速はベッテル、そしてウェバーのレッドブル勢。もう手が着けられない。

Q3

ウェバーとベッテルの叩き合い。レベル高い。そこへバリチェッロがやってくる、しかしベッテルがさらに奪い返す。ウェバー伸びない、中嶋は最後に賭けて五番手に飛込んだ。

順位はベッテル、バリチェッロ、ウェバー、トゥルーリ、中嶋、バトン、ロズベルグ、グロック、ライコネン、アロンソ。

ウェバーはライコネンに引掛ったね。それにしてもレッドブルは速い。こりゃレースが恐ろしいわ。ルビーニョがどこまで絡んで行けるかね。

あと、中嶋は流石に燃料満載じゃないよね? そろそろちゃんとレースさせてあげようよ。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20090620

2006-06-11

[][][]2006年第8戦イギリスGP決勝

  1. アロンソ
  2. ライコネン
  3. M・シューマッハー
  4. マッサ
  5. フィジケラ
  6. バリチェッロ
  7. R・シューマッハー
  8. モントヤ
  9. ハイドフェルト
  10. ヴィルヌーヴ
  11. クルサード
  12. ロズベルグ
  13. リウッツィ
  14. クリエン
  15. スピード
  16. モンテイロ
  17. ウェバー
  18. アルバース
  19. バトン
  20. モンタニー
  21. 佐藤
  22. トゥルーリ

スタート後、一周目のマゴッツ・ベケッツ・チャペルのS字で大きく順位を落していたラルフがスピードに追突された。スピードはコースアウト、体勢を乱したラルフはコース上で踏張りすぎて、後ろから来たウェバーと激しくクラッシュ。この三台がリタイアとなりセーフティカーが出た。四周目、レース再開。

二番手ライコネンがコーナーでミスッたところをマイケルが窺うが、キミが守り通す。モントヤがバリチェッロを抜いて七番手に。

  1. アロンソ
  2. ライコネン
  3. M・シューマッハー
  4. マッサ
  5. フィジケラ
  6. ハイドフェルト
  7. モントヤ
  8. バリチェッロ
  9. ロズベルグ
  10. ヴィルヌーヴ
  11. クルサード
  12. バトン
  13. トゥルーリ
  14. リウッツィ
  15. クリエン
  16. モンテイロ
  17. アルバース
  18. 佐藤
  19. モンタニー

スタートで巧く前に出たハイドフェルト、しかしモントヤの追撃を受け続けている。どこまで持ちこたえられるか。

十周目、バトンがスピンしてコースアウト、マシンは炎上。オイルが漏れてそれに乗った様な動きだった。サッカーWCに合せてイングランド柄のヘルメットで臨んだ地元GPだが、予選から惨々。

トップ五台のラップタイムにほとんど差はなく、ただライコネンのペースにマイケルが付合わされている。そのおかげでアロンソが少しづつ差を拡げている。これを嫌がってマイケルが十九周目に一回目のピットイン。予想では長く引張るかと思われたが、結果的に予想の逆をいくことになった。

二十周目、ライコネンがピットインしてマイケルの前を塞ぐ。アロンソはいきなり21秒台に突入。すげ。

二十二周目、フィジケラがピットインしてマッサの前に復帰。二十三周目、アロンソがピットイン。

二十四周目、最初の三台の接触について審議のアナウンス。

二十六周目、二番手ハイドフェルトがピットイン。しかしなかなか発進できない。クラッチトラブルか? 押掛けでなんとか復帰したがモントヤの後ろに。勿体ない。

  1. アロンソ
  2. ライコネン
  3. M・シューマッハー
  4. フィジケラ
  5. マッサ
  6. モントヤ
  7. ハイドフェルト
  8. ロズベルグ
  9. ヴィルヌーヴ
  10. バリチェッロ
  11. トゥルーリ
  12. クルサード
  13. クリエン
  14. リウッツィ
  15. アルバース
  16. モンテイロ
  17. 佐藤
  18. モンタニー

膠着状態の第二スティントを経て四十二周目、マイケルが二度目のピットイン。そのアウトラップの二セク・三セクでベストタイムを叩き出し、続いてピットに入ったライコネンを抜いた。えーと、「ふゅーえるえふぇくと」って何ですか? みたいな。この高速コースで、何それ。ライコネンは少しタイムロスもあったらしい。

四十五周目、アロンソピットイン。

四十六周目、フィジケラとマッサが同時にピットイン。

  1. アロンソ
  2. M・シューマッハー
  3. ライコネン
  4. フィジケラ
  5. マッサ
  6. モントヤ
  7. ハイドフェルト
  8. ヴィルヌーヴ
  9. ロズベルグ
  10. バリチェッロ
  11. トゥルーリ
  12. クルサード
  13. リウッツィ
  14. クリエン
  15. アルバース
  16. モンテイロ
  17. 佐藤
  18. モンタニー

終盤、ライコネンのペースが周囲より一秒ほど遅い。フィジコとの三位争いが面白くなりそうだ。

残り五周、フィジコが高速S字でライコネンをズバッと抜いたあッ‥‥と車載映像に皆沸き立ったが、これはよく見たらミッドランドを抜いたアロンソだった。紛わしいっちゅうねん。世界中が勘違いしたっちゅうねん。

フィジコにはピットから「去年の鈴鹿のお返しをしてやれ」と発破がかけられる。残り二周。

レースを余裕で制したのはアロンソ、二位にマイケル、三位は逃げ切ったライコネン、そしてフィジケラ、以下マッサ、モントヤ、ハイドフェルト、ヴィルヌーヴまでが入賞。ずっと安定して速かったBMWザウバーがそれをきちんとポイントにしてみせた。素晴しい。ウィリアムズ、ホンダ、トヨタはがっかり大賞、レッドブルは影薄かった。

次は北米二連戦。エンジンきついけど、ルノーには関係なさげだな。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20060611

2005-07-10

[][][]2005年第11戦イギリスGP決勝

フォーメーションラップの最終コーナーで佐藤がストップ。スタートはアボートもディレイもなく通常通り行われ、一周を待たずにセーフティカー導入。

スタートではバリチェッロが好スタートで四番手へ、マイケルも七番手に浮上。佐藤は一旦ピットに押されて戻り、給油してラップ遅れでスタートした。三周目、レース再開。

マイケルがライコネンの追上げに対して守勢に立たされている。ライコネンの方が積んでいると仮定すると、一回目のピットインで順位をキープできるかどうかがマイケルの勝負どころ。

十一周目、カーティケヤンがコース脇にマシンを止めた。

十八周目、アルバースとバリチェッロがピットイン。ルビーニョは異常に短い給油時間だったが、何か企んだか。

蓋になっていたトゥルーリがピットに入り、マイケルがペースアップ。しかし先にマイケルがピットに入り、ライコネンがピットインを終えた時には順位が入れかわってしまった。

‥‥居眠りして目覚めてみると、大体二回目のピットインを終えた頃。フィジケラが二度目のピットイン時にエンスト。マニクールに続いて二週連続。何やってんだ。

わりと淡々と展開したレース、フェラーリは六、七位で地味にダブル入賞。リタイアはカーティケヤンの一台のみ、モンテイロは連続完走記録を伸ばしてF1の歴史に名も残しつつある。この調子で頑張れ。

表彰式はシャンパンファイトなし。やはり、ロンドンでの爆破事件に配慮した模様。グランプリが無事に終ってよかった。

結果

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20050710

2005-07-09

[][][]2005年第11戦イギリスGPフリー走行三回目

相変らずのコンディションで、気温も路面温度も低いまま。タイムレンジも昨日の予想通りほとんど変らず。

津川哲夫氏の「なぜマクラーレンは速いのか」の講釈が面白かった。

結果

[][][]2005年第11戦イギリスGPフリー走行四回目

相変らずのコンディションで、気温も路面温度も低いまま。タイムレンジも昨日の予想通りほとんど変らず。以上、コピペ。

ライコネンがセッション中にマシントラブルでストップ。原因はまだ不明。

結果

[][][]2005年第11戦イギリスGP公式予選

前セッションのトラブルでライコネンがエンジン交換を行ったため、グリッド降格が確定。また、モンテイロもすでにエンジン交換を行っており、こちらはアタックを見合せている。

バリチェッロは五番手スタートでトゥルーリの後ろ、マイケルはラルフの後ろ。スタート次第だね、これは。

結果

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20050709
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報