大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2009-11-01

[][][]2009年第17戦アブダビGP決勝

  1. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  2. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  3. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  4. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  5. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  6. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  7. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  8. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  9. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  10. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  11. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  12. 小林可夢偉(トヨタ)
  13. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  14. ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)
  15. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  16. ヴィタントニオ・リウッツィ(フォースインディア・メル+エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  17. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  18. ロマン・グロージャン(ルノー)
  19. ジャンカルロ・フィジケラ(フェラーリ)

セデス)

コバライネンがギアボックス交換により五番手降格でスタート。

上位はほぼそのままの隊列、最後尾フィジケラはKERSを使って大幅に順位を上げている。

なんだこの再現CG映像。また変なテクノロジーを試してるなあ。

序盤は上位三台が接近戦、十八周目にハミルトンがピットイン。同じ周にバトンもピットイン、長い給油でソフト側タイヤをなるべく使わない作戦か。バトンが戻ったのは小林の目の前、ブラジルと同様のバトルがいきなり始まった。重いバトンを難なく料理した小林は一回ストップと言われていて、その通りならバトンの前を守り切れれば快挙だ。

二十一周目、再びハミルトンがピットに戻ってリタイア。あー、勿体ない。右リアのブレーキにトラブルが出たらしい。アルグエルスアリもスローダウンしてリタイア。

  1. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  2. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  3. 小林可夢偉(トヨタ)
  4. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  5. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  6. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  7. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  8. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  9. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  10. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  11. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  12. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  13. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  14. ヴィタントニオ・リウッツィ(フォースインディア・メルセデス)
  15. ジャンカルロ・フィジケラ(フェラーリ)
  16. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  17. ロマン・グロージャン(ルノー)
  18. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)

レースの真ん中、太陽は完全に沈んだ。

小林が同一周回の誰よりも速いタイムで三番手を快走している。一回ストップ勢がそろそろ動き出すタイミングで最初にピットに入るのはフィジケラ。他には小林、ライコネン、コバライネン、中嶋、リウッツィ、アロンソ、グロージャンが一回ストップ。

フェラーリのピットウォールでマイケルとフェリペが並んでいる図は何か色々と変だ。もう一チーム作れよ。

三十一周目、小林がピットイン。十二番手でコースに復帰。ブラウンは完全に小林をマークしている。三位争いをしている。凄えぞ。

フィジケラにドライブスルーペナルティ。

三十三周目、中嶋がピットイン。一回ストップ勢で残るのはアロンソだけ。三十五周目にアロンソ。

四十周目、そろそろ二回ストップ勢の時間。ロズベルグ、クビサ、そしてウェバーがピットイン。

続々とピットインがあって四十三周目にはあらかた片付いた。ここで奇策を採るなら素直に一回ストップにするよ、ということか。バトンもそんなに引張らなかった。クビサとブエミがバトルで絡み、クビサは大きく順位を落した。

  1. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  2. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  3. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  4. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  5. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  6. 小林可夢偉(トヨタ)
  7. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  8. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  9. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  10. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  11. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  12. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  13. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  14. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  15. ヴィタントニオ・リウッツィ(フォースインディア・メルセデス)
  16. ロマン・グロージャン(ルノー)
  17. ジャンカルロ・フィジケラ(フェラーリ)
  18. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)

残り六周、バトンがウェバーに迫ってきた。チャンピオン自らシーズンの最後をバトルで彩ってくれようというのか。

残り二周、ウェバーは尻を振り振り必死で順位を守る。最終ラップでスリップに入るバトン、しかしウェバーも巧みにラインを守る。

ベッテルがアブダビでの最初の勝利者となり、ウェバーが猛攻を凌ぎきって二位。終盤のレッドブルは本当に速かった。三位にチャンピオンのバトン、最後はよく戦って負けた。以下バリチェッロ、ハイドフェルド、六位に小林。一回ストップ勢の中ではぶっちぎりのトップで入賞。こういう走りができなきゃ一回ストップ作戦をやる意味なんてないんだよね。他の連中ははっきりいって失敗だった。給油のあるレースはこれが最後。来年からレース中の給油は禁止される。そんなレースで、今回一番いい仕事をしたと思う。何より二回ストップのトゥルーリの前でゴールしたのは凄い。

七位トゥルーリ八位ブエミ、完走は十八台。

シーズンを通して色々あったけれど、今何かを書けるほど整理もできていないので、とりあえずいつものレースの備忘録はここまで。

ではまた来年。

  1. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  2. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  3. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  4. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  5. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  6. 小林可夢偉(トヨタ)
  7. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  8. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  9. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  10. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  11. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  12. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  13. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  14. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  15. ヴィタントニオ・リウッツィ(フォースインディア・メルセデス)
  16. ジャンカルロ・フィジケラ(フェラーリ)
  17. エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  18. ロマン・グロージャン(ルノー)
トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20091101

2009-10-31

[][][]2009年第17戦アブダビGP予選

ブラジルGPに引続いて小林可夢偉が出走。グロックの受けたダメージは事の外大きかったようだ。

初開催のアブダビGPは薄暮の中で予選が始まった。

Q1

ハード側の方がグリップレベルが高いということで、最初にソフトタイヤを履くマシンがちらほら。

ハミルトンが早々に1:39.873というタイムを出し、ライバルを寄せつけない。二番手クビサが一秒以上も離された。第二セクターの速さが異常だ。二本の直線だけのセクションなのだがそんなに差が出るのか。

アロンソ、リウッツィ、スーティル、グロージャン、そしてフィジケラが脱落。

Q2

やはりハミルトンが速いがQ1ほどではないか。一方のコバライネンは残り五分余りのところでスローダウン、コース上でストップした。

残り三分、日は没してトワイライトゾーンに入った。

ライコネン、小林、コバライネン、中嶋、アルグエルスアリが脱落。落ちた上位三人がタイミングモニタ上で並ぶと紛らわしくて困るよな。

ベッテルも39秒台に入った。さすが。

Q3

夜になった。うわー、この世で最も美しいサーキットになったなこれは。どこのゲームの背景だ。

やはりハミルトンが強い。ブラウン勢もよく戦っているが、これは決勝の作戦もあるからなあ。とにかくハミルトンの前に出ないとスタートでKERSを使って逃げられたらアウトということだろう。

終了間際、ウェバーとベッテルがトップに躍り出たが、最後にハミルトンがこれを楽々と破ってポールポジションを獲得。

ブラウンはレットブルの後ろとなり、バリチェッロのランキング二位に黄信号か。

  1. ルイス・ハミルトン(マクラーレンメルセデス)
  2. セバスチャン・ベッテル(レッドブルルノー)
  3. マーク・ウェバー(レッドブルルノー)
  4. ルーベンス・バリチェッロ(ブラウンGP・メルセデス)
  5. ジェンソン・バトン(ブラウンGP・メルセデス)
  6. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
  7. ロベルト・クビサ(BMWザウバー)
  8. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
  9. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズトヨタ)
  10. セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  11. キミ・ライコネン(フェラーリ)
  12. 小林可夢偉(トヨタ)
  13. ヘイキ・コバライネン(マクラーレンメルセデス)
  14. 中嶋一貴(ウィリアムズトヨタ)
  15. ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)
  16. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
  17. ヴィタントニオ・リウッツィ(フォースインディア・メル+エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  18. ロマン・グロージャン(ルノー)
  19. ジャンカルロ・フィジケラ(フェラーリ)

セデス)

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20091031
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報