大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2008-04-06

[][][]2008年第3戦バーレーンGP決勝

  1. クビサ
  2. マッサ
  3. ハミルトン
  4. ライコネン
  5. コバライネン
  6. ハイドフェルド
  7. トゥルーリ
  8. ロズベルグ
  9. バトン
  10. アロンソ
  11. ウェバー
  12. バリチェッロ
  13. グロック
  14. ピケ
  15. ブルデー
  16. 中嶋
  17. クルサード
  18. フィジケラ
  19. ベッテル
  20. スーティル
  21. デビッドソン
  22. 佐藤

スタート、ハミルトンが一瞬ストールしかけて大きく出遅れた。 ポールのクビサも伸び悩んでマッサが一コーナーを奪取。

その一コーナーではハミルトンが他車に追突した様に見えた。フロントウイングにダメージがあったはず。

ベッテルから白煙、二周目にリタイア。ハミルトンのフロントウイングが脱落。やっぱりか。ピケがスピン。ハミルトンはピットでウイング交換、クルサード、バトン、スーティルもピットに入っている。

  1. マッサ
  2. ライコネン
  3. クビサ
  4. ハイドフェルド
  5. コバライネン
  6. トゥルーリ
  7. ロズベルグ
  8. ウェバー
  9. アロンソ
  10. グロック
  11. フィジケラ
  12. バリチェッロ
  13. ブルデー
  14. ピケ
  15. 佐藤
  16. 中嶋
  17. デビッドソン
  18. ハミルトン
  19. クルサード
  20. バトン
  21. スーティル

うーん、スタート後にフロントぶつけたのはスーティルだったかもしれん。テレビで見るとマクラーレンとフォースインディアの見分けがつかん。

十八周目、クビサが一回目のピットイン。フェラーリ勢が三十四秒台で飛ばし始める。

クルサードとバトンが接触。タイトなコーナーでインに入ったバトンがその後挙動を乱してクルサードに突込んだ形。クルサードもイン締めすぎだったか。バトンはフロントウイングを落して二度目のピットイン。

二十一周目、ライコネンがピットイン。バトン、三度目のピットインでガレージへ。

二十二周目、マッサとハイドフェルド、コバライネン、アロンソがピットイン。アロンソ、意外に早目だな。

  1. マッサ
  2. ライコネン
  3. グロック
  4. クビサ
  5. ハイドフェルド
  6. コバライネン
  7. トゥルーリ
  8. ウェバー
  9. ロズベルグ
  10. ブルデー
  11. アロンソ
  12. 中嶋
  13. バリチェッロ
  14. フィジケラ
  15. 佐藤
  16. ハミルトン
  17. デビッドソン
  18. ピケ
  19. クルサード
  20. スーティル

「浜島さん、ここまでタイヤの様子をどう御覧になりますか」「‥‥イマイチかな、グリップが。」ワロタ。

フィジケラとハミルトンのバトル。見分けつかんなー。

ハミルトンはバトルした佐藤やフィジコに対して抜いた後にポーズを出す。これは駄目だなあ。何様かと言われても仕方ないぞ。

三十三周目、そのハミルトンが二度目のピットイン。同じ周、中嶋もピットイン。

  1. マッサ
  2. ライコネン
  3. クビサ
  4. ハイドフェルド
  5. コバライネン
  6. トゥルーリ
  7. ウェバー
  8. ロズベルグ
  9. グロック
  10. アロンソ
  11. バリチェッロ
  12. フィジケラ
  13. ピケ
  14. ブルデー
  15. 中嶋
  16. ハミルトン
  17. 佐藤
  18. デビッドソン
  19. クルサード
  20. スーティル

ライコネンが追い上げてマッサとの差を大きく縮めてきた。

三十八周目、ピケの様子がおかしい。

三十九周目、ライコネンがマッサより先にピットイン。もう逆転は無理か。

四十周目、マッサがピットイン。ライコネンの前を確保。

四十二周目、クビサがピットイン。

四十三周目、ピケがリタイア。フォーメーションラップの時点で「二速に入らない」と訴えていたので、止むなしといったところ。しかしギアボックストラブルなら次戦でグリッド降格か。踏んだり蹴ったりのレギュレーションだな。

暫定首位のハイドフェルドが四十六周目にピットイン。

ライコネンの後ろにコバライネンが接近。ヘイキはまだ二回目のピットに入っていない。四十八周目、ピットイン。

  1. マッサ
  2. ライコネン
  3. クビサ
  4. ハイドフェルド
  5. コバライネン
  6. トゥルーリ
  7. ウェバー
  8. ロズベルグ
  9. グロック
  10. アロンソ
  11. バリチェッロ
  12. フィジケラ
  13. 中嶋
  14. ハミルトン
  15. ブルデー
  16. デビッドソン
  17. 佐藤
  18. クルサード
  19. スーティル

ハイドフェルドが四十八周目にファステスト。速いなー。四十九周目、コバライネンが塗り換える。

マッサが序盤二戦のミスを取り返す今季初優勝を飾り、ライコネンが二位でフェラーリ1ー2。クビサ三位、ハイドフェルドが四位でBMWザウバーコンストラクターズ首位に立った。コバライネン五位、以下トゥルーリ、ウェバー、ロズベルグまでが入賞。完走十九台、ハミルトンは十三位に沈んだ。

どうだろう、昨年に比べると、というか昨年終盤からハミルトンに安定感が欠けるんだよな。ちょっと今日のレースはいただけなかった。マクラーレンチームとしてもBMWに完敗。フェラーリはマッサエフェクトがあるんで、BMWの存在が今後を面白くしてくれるのは確実だね。初優勝はどの辺かな。直感でモナコあたりではないかと予想してみよう。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20080406

2008-04-05

[][][]2008年第3戦バーレーンGP予選

Q1

どこもタイヤのグリップ確保に苦心している様で、午前のフリーではタイムがあまり伸びていない。一分三十秒は軽く超えてくると思ったのだが金曜と同じ三十二秒台どまり。

残り七分、佐藤が最終コーナーでスピン。黄旗が出る中、マッサが三十一秒台を出したが、このタイムは有効か否か。

残り四分四十九秒でセッションは赤旗中断。理由は不明。琢磨は壁にヒットしてリタイアとなったがマシンもパーツも危険とみられる場所にはない。

ほどなくセッション再開。念の為安全確認したということか。

上位三チーム六台を除く全台がアタック。クルサード、フィジケラ、ベッテル、スーティル、デビッドソン、佐藤が脱落。六番手グロックから十九番手ベッテルまでが一秒以内。相変らず厳しい。

Q2

前回の失敗を取り返そうと、マッサが発奮モードに入ってるな。とにかく速い。このムラッ気こそがマッサだな。嫌いじゃないよ。

大混戦の末、ウェバー、バリチェッロ、グロック、ピケ、ブルデー、中嶋が脱落。 上位六台を除くとトヨタウィリアムズルノーホンダが一台づつ残った。

Q3

トヨタピットが混乱中。トゥルーリのマシンに給油ができていない模様。通常の給油機が二台とも動かず、ガレージ内の整備用のもので何とか間に合せた。

最終アタック、マッサが第二セクターで遅れて二番手に。やはりムラッ気の男。

ポールポジションを獲ったのは、自身初、ポーランド人初、そしてチーム参戦以来初となるBMWザウバーのクビサ。いつかやるだろうとは思ったが、意外に早かったな。

三番手ハミルトン、四番手ライコネン、以下コバライネン、ハイドフェルド、トゥルーリ、ロズベルグ、バトン、アロンソの順だった。

アロンソがしんどいなー。レースではまた渋い走りを見せてくれるといいが。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20080405

2007-04-15

[][][]2007年第3戦バーレーンGP決勝

  1. マッサ(フェラーリ)
  2. ハミルトン(マクラーレン)
  3. ライコネン(フェラーリ)
  4. アロンソ(マクラーレン)
  5. ハイドフェルド(BMW)
  6. クビサ(BMW)
  7. フィジケラ(ルノー)
  8. ウェバー(レッドブル)
  9. トゥルーリ(トヨタ)
  10. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  11. ブルツ(ウィリアムズ)
  12. コバライネン(ルノー)
  13. デビッドソン(スーパーアグリ)
  14. ラルフ(トヨタ)
  15. バリチェッロ(ホンダ)
  16. バトン(ホンダ)
  17. 佐藤(スーパーアグリ)
  18. リウッツィ(トロロッソ)
  19. スピード(トロロッソ)
  20. スーティル(スパイカー)
  21. クルサード(レッドブル)
  22. アルバース(スパイカー)

スタート、マッサがうまく前をキープ、ライコネンがやや加速に劣るも一、二コーナーの切返しで三番手を守った、しかし四コーナーでラインを外しアロンソに抜かれた。

後方でクラッシュがありバトンとスピードがリタイア。バトンはラルフと、スピードはスーティルと接触したものらしく、スーティルのノーズが粉砕されてコースを塞いだのでセーフティカーが出た。

リウッツィが隊列の完成後にピットインしてタイヤ交換と給油。ハードタイヤでスタートしたのが幸いして、これを捨ててソフトタイヤに。実質一回ストップ作戦に切換えたということで、これは巧い。

四周目にリスタート。順位は大幅には動かず。

  1. マッサ(フェラーリ)
  2. ハミルトン(マクラーレン)
  3. アロンソ(マクラーレン)
  4. ライコネン(フェラーリ)
  5. ハイドフェルド(BMW)
  6. クビサ(BMW)
  7. フィジケラ(ルノー)
  8. ウェバー(レッドブル)
  9. コバライネン(ルノー)
  10. トゥルーリ(トヨタ)
  11. ブルツ(ウィリアムズ)
  12. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  13. デビッドソン(スーパーアグリ)
  14. クルサード(レッドブル)
  15. 佐藤(スーパーアグリ)
  16. ラルフ(トヨタ)
  17. バリチェッロ(ホンダ)
  18. アルバース(スパイカー)
  19. リウッツィ(トロロッソ)
  20. スーティル(スパイカー)

九周目、リウッツィにドライブスルーペナルティ。リスタート時にコントロールライン手前で他車を抜いてしまったらしい。折角の作戦をフイにした。

マッサとハミルトン、アロンソとライコネン、クビサとフィジケラの差がそれぞれ一秒以内。こうなるとマッサが見物かな。十三、十四周目とファステストをマークして逃げる。しかし十五周目にはハミルトンがファステストで追い縋る。この二台が三番手以下に大きく差をつける中、十八周目にクルサード、ブルツ、ラルフがピットイン。

二十周目、ハミルトンがピットイン。ソフトタイヤで長めの給油。最終コーナーでハミルトンとロズベルグがホイールトゥホイール、というかホイールをぶつけ合つて両車コースアウト。順位を入換えつつコースに復帰した。

二十二周目、マッサがピットイン。二十三周目にアロンソ、ハミルトンよりは短めの給油。

二十四周目にライコネンとハイドフェルドが同時にピットイン。ライコネンはアロンソの前に復帰成功、フェラーリピットは手を叩く。しかし給油短くなかったか? 二回目大丈夫か?

んー、ライブタイミングモニタの調子が悪いぞ。

リウッツィがピットに戻ってリタイア。

ハミルトンのペースが落ちて、マッサに離されライコネンに迫られている。

クルサードが一人でオーバーテイク大会開催中。ここまで一台一台を丁寧に抜いて、二十一番手のスタートから気が付けば七番手、フィジケラまで抜いてみせたのは凄い。

そして三十一周目、ハイドフェルドがアロンソを抜いた。マクラーレンのペースが悪い。

トゥルーリが速度の伸びないことにカッカしてピットに「トラブルなんじゃないか」と怒鳴りつける。後ろから同じエンジンウィリアムズに突かれて気が気でないらしい。

三十六周目、ホームストレートで佐藤のエンジンがブロー。何だか懐かしい風景だわ。

三十八周目? クルサードがピットに戻ってリタイア。ミッショントラブルらしい。元気だっただけに勿体なや。

ウェバーのマシン、走行中に突如センターウイングが弾け飛んだ。給油口も開き放しになっていて、何かのトラブルか。すぐにピットに戻るが、これは通常のルーチン作業。

順位を整理したいがライブタイミングが死んでて無理。オフィシャルサイト自体が重くてどうにもならん。

残り十五周、ウェバーがリタイアしてレッドブル全滅。

残り十四周、アロンソがピットイン。ハイドフェルドの後ろ五番手のまま。続いてハミルトンがピットイン、ライコネンの前二番手で復帰に成功。ルイスとキミのタイム差は二秒弱、ハードタイヤとマシンの適応性が最後の勝負を左右するか。

残り五周、フィジコに対してブリアトーレからイタリア語で指示が飛ぶ。どうやら「トゥルーリを抜けトゥルーリを」と言っている様だ。デビッドソンに白煙、佐藤と同じトラブルか、マシンを止めてリタイア。

フィジコはヤルノを激しく攻めるがヤルノもフィジコは抜かれたくない相手だ。最後までバトルは続く。

マッサが今週は堅実に走り遂げて今季初優勝、ハミルトンが二戦連続で二位に入りF1史上初のデビュー三戦連続表彰台を達成。三位ライコネン、四位ハイドフェルドもそれぞれ二戦連続、五位アロンソ、以下クビサ、トゥルーリ、フィジケラまでが入賞。

アロンソ・ハミルトン・ライコネンが22ポイントで完全に横並び、マッサが16ポイントでそれに続く。ハミルトンも凄いけど、何より喜ばしいのはライコネンが三連続で表彰台フィニッシュしてること。今までだったらここまでに三回はリタイアしてるよね!! キミには壊れない車を与えてやりたいと思っていたから、今の状況は見ていて楽しい。「賢い」アロンソを相手にどう戦えるかを見るのが楽しみだ。そこにハミルトンとマッサがどう絡むか、まだ序盤だけどこれほど縺れそうなシーズンもないんでワクワクしてますよ。

はー、マイケル一人抜けるとこんな風になるのねえ。しみじみ。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20070415

2007-04-14

[][][]2007年第3戦バーレーンGP土曜フリー

おや、フェラーリにMarlboroロゴが。どういうカラクリ?

ボーッと見てたらデビッドソンが三十二秒台とか出して吹いた。三番手という順位は更新されるだろうからともかくとして、水準が。高すぎる。

ハミルトン、ライコネン、ハイドフェルド、クビサ、デビッドソン、マッサの順でここまで三十二秒台、コンマ五秒以内。一秒以内に八台、二秒以内に十八台。どうなりますやら。

[][][]2007年第3戦バーレーンGP予選

Q1

デビッドソンのアタックにカメラも釘付け。全車中で最初に三十三秒台に。ハミルトンが三十二秒台でこれを上回る。アロンソは三十三秒止まり、ハイドフェルトがそれに続く。

アンソニーはQ2進出確実、佐藤は当落線上。マッサがトップに立ちライコネンは四番手。上位六台はいつも通りフェラーリマクラーレンBMW

落ちたのは佐藤、リウッツィ、スピード、スーティル、クルサード、アルバース。しかし三番手アロンソから十八番手リウッツィまでが一秒以内という超接近戦。ちょっとした差が壁となった。

Q2

ハミルトンがどかんと三十一秒台を出した。こりゃポールも獲りかねんな。

ホンダの遅さが際立っている。Q1進出は端から諦めてレース用セッティングをしてるのかも。

マッサが三十一秒台前半、やるなあ。ラストアタックを前に一旦落着いた。

  1. マッサ(フェラーリ)
  2. ハミルトン(マクラーレン)
  3. ライコネン(フェラーリ)
  4. ハイドフェルド(BMW)
  5. アロンソ(マクラーレン)
  6. クビサ(BMW)
  7. ウェバー(レッドブル)
  8. トゥルーリ(トヨタ)
  9. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  10. デビッドソン(スーパーアグリ)
  11. フィジケラ(ルノー)
  12. ラルフ(トヨタ)
  13. コバライネン(ルノー)
  14. ブルツ(ウィリアムズ)
  15. バリチェッロ(ホンダ)
  16. バトン(ホンダ)

七番手ウェバー以降がラストアタックに挑む。

ブルツ、コバライネン、デビッドソン、ラルフ、バリチェッロ、バトンが脱落。八番手から十四番手までコンマ五秒以内、Q2も厳しい戦いだった。

Q3

アタックに入ってからマッサがポンと上に出た。ハミルトン、ライコネン、アロンソと続く。ラストアタックでどうなるか。

マッサが自己ベスト更新。ハミルトン、ライコネン、アロンソと変らず。ハイドフェルド、クビサ、フィジケラ、ウェバー、トゥルーリ、ロズベルグの順となった。

これはまた一コーナー勝負になりそうだ。川井氏によるとハミルトンは「皆あまりにも早くブレーキを踏むんでビックリするよ」とか言ってるらしくて、面白くなりそうだ。これに挑発されたマッサが我慢しすぎて‥‥とかありそうだもんな。

どうでもいいけど長谷川アナが「んー」と唸ると携帯のバイブレータが鳴ったかと思ってしまうのであまり唸らないでほしい。というかアナウンサーは唸る暇があるなら喋らなくちゃ駄目だろう。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20070414

2006-03-12

[][][]2006年第1戦バーレーンGP決勝

昨日と同様の風が出ているが空は晴れ、路面には陽炎が立昇っている。

  1. M・シューマッハー
  2. F・マッサ
  3. J・バトン
  4. F・アロンソ
  5. J・P・モントヤ
  6. R・バリチェッロ
  7. M・ウェバー
  8. C・クリエン
  9. G・フィジケラ
  10. N・ハイドフェルト
  11. J・ヴィルヌーヴ
  12. N・ロズベルグ
  13. D・クルサード
  14. J・トゥルーリ
  15. V・リウッツィ
  16. S・スピード
  17. R・シューマッハー
  18. C・アルバース
  19. 井出有治
  20. 佐藤琢磨
  21. K・ライコネン
  22. T・モンテイロ

モンテイロはスペアカーに乗換えたためピットスタート。フォーメーションラップスタート直後に井出に対して「INCIDENT」の表示が出た。

スタート、アロンソが三番手浮上。ミッドランドのアルバースが動かない。一コーナーでハイドフェルトがスピン。これはニコと接触したのか? ニコはピットに入ってノーズを交換した。

アロンソはすぐさま二番手に浮上。

井出は「十五秒前までにピットクルーがグリッドを離れなかった」とのことでドライブスルーペナルティ。

先の一コーナー、ニックとニコは直接絡んではいない模様。

五周目、リウッツィがクルサードをパス。V10パワー炸裂。八番手に甘んじるフィジコは予選でエンジンを回し過ぎてからマシンが不調に陥ったとのことで、ストレートエンドでウェバーに追い立てられる始末。

八周目、一コーナーの飛込みでアロンソのインを伺ったマッサがブレーキミスでスピン。アロンソはこれをよく見て、鼻先を掠める赤いマシンを避けた。素晴しい。

マッサはフラットスポットを作ったか、すぐさまピットイン。しかし右リアタイヤのレンチが作動せず致命的なタイムロス、最後尾に落ちてしまった。

十一周目、バトンがモントヤを抜いて三番手に浮上。

ああ、前から見たマクラーレンミッドランドにしか見えない。ライコネンがジャックを追回している。

十六周目、マイケルが最初のピットイン。

十九周目、バトンがピットイン。

うう、ライブタイミングモニタを誤って閉じたら重くて二度と開けなくなってしまった。

二十周目、アロンソがピットイン。序盤にピットの指示でクルージングしていたのが響いたか、マイケルに先に行かれてしまった。後方ではスーパーアグリが二台同時ピットイン、先に入った井出のあおりで佐藤はドライブスルー。井出はそのままリタイアか? ドタバタドタバタ。

二十二周目、オンボードカメラのフィジコのマシンが急にパワー抜け。ハイドロ系トラブルによりスロットルが開かなくなった模様。

ライブタイミングが返ってこないんで途中順位が示せない。

佐藤がピットインを繰返し、二十九周目で既に五回目。スーパーアグリは春のバーレーンテスト実施中。井出も一旦リタイア表示が出たがテスト走行を続けている。

この辺での順位、ただし若干不正確。

  1. M・シューマッハー
  2. F・アロンソ
  3. J・バトン
  4. J・P・モントヤ
  5. K・ライコネン
  6. R・バリチェッロ
  7. C・クリエン
  8. M・ウェバー
  9. N・ロズベルグ
  10. J・トゥルーリ
  11. V・リウッツィ
  12. S・スピード
  13. D・クルサード
  14. R・シューマッハー
  15. F・マッサ
  16. T・モンテイロ
  17. 佐藤琢磨
  18. 井出有治

三十周目、ライコネンがピットイン。一回ストップ作戦。同じ周、ホームストレートでジャックのBMWがブロー。

三十七周目、マイケル二度目のピットイン。アロンソはこの隙にスパートをかけなくてはならないが、さてどうか。アロンソのピットイン時が見物だ。重いマイケルが自己ベストで差を縮める。三十九周目、アロンソピットイン。マイケル来た。アロンソ、アウト。一コーナー並んだ。アロンソ、インを守る。完全に横並び。アロンソが前を守った。うーむ。

残り十三周、上位六台の順位。

  1. アロンソ
  2. マイケル
  3. ライコネン
  4. バトン
  5. モントヤ
  6. ウェバー

残り十一周、井出がテスト終了。

ニコがファステストラップを叩き出して入賞圏を狙う。残り九周、一コーナーからコース半分を使ってクルサードを抜き、八番手に浮上! これは凄いぞロズベルグJr.!!

五十一周目。ここでやっとタイミングモニタが出たので正確。

  1. F・アロンソ
  2. M・シューマッハー
  3. K・ライコネン
  4. J・バトン
  5. J・P・モントヤ
  6. M・ウェバー
  7. C・クリエン
  8. N・ロズベルグ
  9. D・クルサード
  10. F・マッサ
  11. V・リウッツィ
  12. N・ハイドフェルト
  13. S・スピード
  14. R・シューマッハー
  15. R・バリチェッロ
  16. J・トゥルーリ
  17. T・モンテイロ
  18. 佐藤琢磨

アロンソとマイケルの差はずっと0.4秒。今ひとつ追切れない。これはむしろアロンソがペースコントロールしてるんだろうなあ。残り三周、マイケルが少しづつ遅れ始めた。ライコネンとバトンの三位争いも過熱してきた。ニコは七位を狙ってクリエンに襲いかかる。そしてパス。レッドブル二台を見事引摺り下した。

最終ラップ、マイケルが二位キープに入って優勝はアロンソ、そして三位に最後尾スタートのライコネン。四位バトン、五位モントヤ、ウェバー、ロズベルグ、クリエンまでが入賞。完走十八台、何もかもが変ったシーズンの緒戦、苛酷なバーレーンとしては高い完走率を示したレースだった。

表彰台に立つ三人は間違いなく今年のチャンプ争いの主役となるだろう。一年を占う意味で実に面白い結果となった。

ファステストラップは新人ニコ・ロズベルグ、これも楽しみな逸材だ。デビュー当時のバトンを思い出す。

入賞を争ったレッドブルも昨年から引続いて渋い位置にいてくれる。そしてトロロッソのV10パワー。この辺りが今年の面白ポイントとなりそうだ。コンストラクターとしての「日本勢」は、何だかやっぱり一味足りない。スーパーアグリについては新製シャシーが投入されるまではコメントを控えさせて頂く。

尚、次戦マレーシアGPの期間中は三日間とも旅行に出ているため、当サイトの一切の更新を行いません。悪しからず。

結果

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20060312
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報