大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2004-06-24

[]前途多難

マクラーレンはブルツとP・デ・ラ・ロサがはじめてMP4-19Bをドライブ。

(略)

しかし、ヘレスの暑さに揃ってクーリングのトラブルに見舞われてしまった。テクニカル・ディレクターのA・ニューウェイが心配そうにマシンに張り付き、しまいには自ら下にもぐって穴を開けるようなドタバタもみられ、復活の道のりは険しいようだ。

マクラーレン、険しい復活への道 [ 2004/06/23

ヘレス合同テストの一幕。ニューウィ自らが開けた穴なら空力効果も抜群だろう、などと皮肉も言いたくなるが本当に大丈夫かね。そこそこタイムは出てる様だけど、今のマクラーレンの問題はそこじゃないからね。つか、どこを取り出しても問題の種。しかし一方でブルツはこう言っている。

「現行のMP4-19は『遅い』『信頼性がない』、さらに僕に言わせれば『狭い』も加えた三重苦だ。実際にここまで悲惨なシーズンを送っているのだから、これはもうこの『MP4-19B』を投入するしかないだろう。新しいクルマにはそれだけのパフォーマンスと信頼性があるよ」

ブルツ、「改良型車投入すべき」

「すべき」はやめれ、といふのはおいといて。多少の不安はあれど、今よりはマシということか。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20040624
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報