大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2008-06-22

[][][]2008年第8戦フランスGP決勝

  1. ライコネン
  2. マッサ
  3. アロンソ
  4. トゥルーリ
  5. コバライネン
  6. クビサ
  7. ウェバー
  8. クルサード
  9. グロック
  10. ピケ
  11. ハイドフェルド
  12. ベッテル
  13. ハミルトン
  14. ブルデー
  15. 中嶋
  16. バトン
  17. フィジケラ
  18. スーティル
  19. ロズベルグ
  20. バリチェッロ

ハミルトン、ロズベルグは前戦のペナルティ、バリチェッロはギアボックス交換で降格。

スタート、トゥルーリがアロンソの前に出た。アロンソはクビサにも抜かれたがその後に挽回。速さはある様だ。かなり軽いのだろう。

ハミルトンが順位を上げて二周目で早くも十番手へ。

五周目、バトンのフロントウイングが壊れている。何があったか。最終シケインでミスしたらしい。

ハミルトンにシケインショートカットで順位をを上げたことによるドライブスルーペナルティ。十五周目に実行して十三番手に逆戻り。

十六周目、アロンソが最初のピットイン。やはり短かった。ハミルトンの前、十二番手で復帰。

十九周目、バトンがピットでリタイア。

二十周目、ハミルトンがピットイン。

二十一周目、トゥルーリとクビサが同時にピットイン。

二十二周目、ライコネン。この間にペースを上げたいマッサはハミルトンに引掛って怒りのアクション。二十四周目にピットインするが当然ライコネンの前には出られず。

二十六周目、ピケとコバライネンが同時にピットイン。ピケが前を取ったが、ピット出口からの加速が遅れてコバライネンが止むを得ず抜いて行った。リミッターの誤作動か、あるいは操作ミスか。

  1. ライコネン
  2. マッサ
  3. トゥルーリ
  4. ベッテル
  5. クビサ
  6. ハイドフェルド
  7. アロンソ
  8. ウェバー
  9. コバライネン
  10. ピケ
  11. グロック
  12. クルサード
  13. 中嶋
  14. フィジケラ
  15. バリチェッロ
  16. ロズベルグ
  17. ハミルトン
  18. ブルデー
  19. スーティル

二十九周目、「五分後に雨降るよ」という無線が。

トゥルーリとクビサが三番手を争っている。トヨタがまともにレースをしている!

ライコネンのラップタイムが落ち込んでいる。マッサより一秒遅い。これはトラブルだな。

三十六周目、中嶋ピットイン。ロズベルグはまだ。ウィリアムズは一回ストップか。

三十九周目、マッサがライコネンを抜いた。カメラが捉えた映像により、ライコネンの右側の排気管が折れていると判明。

四十二周目、ロズベルグがピットイン。

四十三周目、アロンソがピットイン。二回ストップだったか。

  1. マッサ
  2. ライコネン
  3. トゥルーリ
  4. クビサ
  5. コバライネン
  6. ウェバー
  7. ピケ
  8. グロック
  9. クルサード
  10. ベッテル
  11. ハイドフェルド
  12. アロンソ
  13. ハミルトン
  14. ブルデー
  15. 中嶋
  16. バリチェッロ
  17. フィジケラ
  18. スーティル
  19. ロズベルグ

あー長坂アナにイライラする。「ン周目」という時に、タイミングモニタの数字をそのまま言ってはいけないことは分っている様だが、一周分足して言うべきところを逆に引いて喋るから出鱈目な数になっている。タイミングモニタに出ているのは「先頭の車が既に走り終えた周回数」なのだよ。

五十二周目、トゥルーリとピケがピットイン。コバライネンがスパート。三番手争いが熱くなってきた。

五十三周目、ライコネンとコバライネンがピットイン。ライコネンは排気管の処理はせず。コバライネンはトゥルーリを捉えられなかった。

五十五周目、マッサが先頭をキープしたままピット。

五十七周目、小雨が来た。コンディションが変るのはいつ頃か。このタイミングでバリチェッロがピットイン。画面が来ないのでタイヤが分らないが、ドライタイヤだろう。

今宮氏は熊倉氏に話を被せるのをやめろよな、見苦しい。

トゥルーリ対コバライネン。クビサも絡んで三台のバトル。

  1. マッサ
  2. ライコネン
  3. トゥルーリ
  4. コバライネン
  5. クビサ
  6. ウェバー
  7. アロンソ
  8. ピケ
  9. クルサード
  10. ハミルトン
  11. グロック
  12. ベッテル
  13. ハイドフェルド
  14. バリチェッロ
  15. 中嶋
  16. ロズベルグ
  17. ブルデー
  18. フィジケラ
  19. スーティル

残り二周、アロンソのミスを突いてピケが前に出た。

同じ周、コバライネンが最後のチャンスとばかりにトゥルーリにアタック、二台並んでシケインに飛込み。失敗してショートカット、素直に順位を譲った。これで勝負あり。

全く何も起らなかったマッサが余裕の優勝。トラブルに泣いたライコネンも後ろに大差をつけての二位。三位はしっかり抑えたトゥルーリ、天晴なレースであった。四位コバライネン、最後のアタックは良かったよ。以下クビサ、ウェバー、ピケ、アロンソまでが入賞。完走十九台、リタイアはバトンのみだった。

ライコネンの右リアカウルは熱で焼け落ちてボロボロ。よくこれで二位を守れたものだ。

表彰台のトゥルーリの満足気な表情がいい。フェラーリのためのイタリア国歌を自分への祝福と思って聴いてるのだろう。いいレースをしたね。オベ・アンダーソンの喪章に捧げる表彰台と考えると、丁度二十年前のイタリアGPを連想するよ。

次はイギリス。マクラーレンに復活の手掛りはあるか。

tyosakatyosaka2008/06/23 01:23私も長坂アナにはイライラしました。フリー走行の時の津川哲夫氏のコメントも遮りまくりでしたし。また、オーバーテイクされたマシンとしてブルデーとベッテルを間違えたままだったり。素人が公式サイトのLive Timing観ながらわかることがわからないのが不思議に思いました。F1についての知識が少ないわけじゃないので、たんに実況が不得意ということなんでしょうか。個人的には実況は伊藤、竹下、西岡アナあたりにお願いしたいです。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20080622

2008-06-21

[][][]2008年第8戦フランスGP予選

Q1

ハイドフェルドが足切りに遭いそうだ。

最終シケインのクリアの仕方によってはタイムを認めないよ、という話でゴタゴタしている。最終的に四輪とも縁石を踏み外してグリーンに出てしまうとアウト、と確認された。

ハイドフェルド、最後の最後に辛うじて十二番手でクリア。

トップはフェラーリ二台、続いてトゥルーリとハミルトン。

脱落したのは中嶋、バトン、バリチェッロ、フィジケラ、スーティルの五台。

Q2

アロンソの方がマクラーレンより速い。ルノーの地元ブースト?

フェラーリの速さは別格。

ハミルトン三番手にトゥルーリ、アロンソと続いた。クビサは辛うじて十番手、ハイドフェルドは沈んだ。

ピケ、ハイドフェルド、ベッテル、ブルデー、ロズベルグが脱落。レッドブルの存在感が増してきたな。

Q3

前戦の失態で十番手降格が確定しているハミルトンがどこまで前に出られるか、に注目が集まる。しかし思う様にタイムが伸びてこない。

ライコネン、マッサ、そして最後にハミルトンが三番手に飛込んで傷口を最小限に収めたか。あとは燃料搭載量がどうか。以下四番手アロンソ、トゥルーリ、コバライネン、クビサ、ウェバー、クルサード、グロックの順となった。

誰が見てもフェラーリ逃げ切りだが、今年のフェラーリピットはボンヤリさんなので付入る隙はあるだろう。三番グリッドからのスタートとなるアロンソの動きに注目。あとBMWかなあ。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20080621

2007-07-01

[][][]2007年第8戦フランスGP決勝

  1. マッサ(フェラーリ)
  2. ハミルトン(マクラーレン)
  3. ライコネン(フェラーリ)
  4. クビサ(BMW)
  5. フィジケラ(ルノー)
  6. コバライネン(ルノー)
  7. ハイドフェルド(BMW)
  8. トゥルーリ(トヨタ)
  9. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  10. アロンソ(マクラーレン)
  11. ラルフ(トヨタ)
  12. バトン(ホンダ)
  13. バリチェッロ(ホンダ)
  14. ウェバー(レッドブル)
  15. スピード(トロロッソ)
  16. クルサード(レッドブル)
  17. リウッツィ(トロロッソ)
  18. ブルツ(ウィリアムズ)
  19. デビッドソン(スーパーアグリ)
  20. アルバース(スパイカー)
  21. スーティル(スパイカー)
  22. 佐藤(スーパーアグリ)

天候は曇。サポートレース中に雨はあった様だが、決勝の間は大丈夫だろうというのが大方の予想らしい。

フォーメーションラップ直前、スーティルにトラブルが出てグリッド上でマシンを降りた。ピットスタートになるのか?

後方からのスタートとなるアロンソはソフトタイヤを装着。集団に埋れる間にさっさと使ってしまおうという戦略らしい。

スタートでライコネンが二番手浮上、一コーナーでリウッツィとデビッドソンが接触してリタイア。アロンソはトゥルーリを狙う。アデレードヘアピンでトゥルーリがコバライネンと接触し、両車ともピットへ。トゥルーリは破損が激しくリタイア、コバライネンは特にダメージはなかった。

アロンソはハイドフェルドを激しく攻め立て、五周目には一瞬前に出るがハイドフェルドがラインをクロスさせて守った。軽くして飛ばしたいアロンソ対重くして引張りたいハイドフェルド、どちらも必死。

  1. マッサ(フェラーリ)
  2. ライコネン(フェラーリ)
  3. ハミルトン(マクラーレン)
  4. クビサ(BMW)
  5. フィジケラ(ルノー)
  6. ハイドフェルド(BMW)
  7. アロンソ(マクラーレン)
  8. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  9. バトン(ホンダ)
  10. バリチェッロ(ホンダ)
  11. ラルフ(トヨタ)
  12. ウェバー(レッドブル)
  13. クルサード(レッドブル)
  14. ブルツ(ウィリアムズ)
  15. 佐藤(スーパーアグリ)
  16. スピード(トロロッソ)
  17. アルバース(スパイカー)
  18. スーティル(スパイカー)
  19. コバライネン(ルノー)

十七周目、ハミルトンがピットイン。入替りでアロンソも同じ周に。前に出られないマクラーレン二台が真先に動いたか。

ハミルトンが消えた後、ライコネンのペースが上った。ピットインで確実に前をキープしなければならないので、エンジン回転数の自主制限を一時的に解除したのかもしれないな。マッサがピットインした二十周目にキミがファステスト。やはりそうかも。

二十三周目、ライコネンがピットイン。マッサの後ろでコース復帰。アロンソがフィジケラを抜いて七番手浮上。

  1. マッサ(フェラーリ)
  2. ライコネン(フェラーリ)
  3. ハミルトン(マクラーレン)
  4. クビサ(BMW)
  5. バトン(ホンダ)
  6. ハイドフェルド(BMW)
  7. アロンソ(マクラーレン)
  8. フィジケラ(ルノー)
  9. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  10. バリチェッロ(ホンダ)
  11. ラルフ(トヨタ)
  12. ウェバー(レッドブル)
  13. クルサード(レッドブル)
  14. ブルツ(ウィリアムズ)
  15. スピード(トロロッソ)
  16. スーティル(スパイカー)
  17. アルバース(スパイカー)
  18. コバライネン(ルノー)
  19. 佐藤(スーパーアグリ)

二十五周目、バトンとバリチェッロからアルバースまではピットインしていない。

ハイドフェルドとアロンソのバトル再び。ペースに劣るハイドフェルドがよく守ってる。アロンソにしてみれば歯痒い展開だが、こういうバトルに強い奴でもないからなあ。

アルバースがピット出口でストップ。給油ホースを引張ったままだぞ。給油ノズルが抜けないまま発進し、引きちぎれたホースでクルーを薙ぎ倒して、そのままピット出口にマシンを止めてリタイアとなった。

三十四周目、アロンソがついにハイドフェルドを仕留めて五番手に浮上。

三十八周目、ハミルトン二回目のピットイン。またハードタイヤ、ということは三回作戦か。コース復帰時にクビサと並び、何度かやり合いながら強引に三番手をキープした。これなら順位はとりあえず安泰か。アロンソも同じ周に入る。やはり三回ストップか。こちらは対ハイドフェルドで見てメリットのある作戦だろうか。BMWマクラーレンのレースになってしまったな。

  1. マッサ(フェラーリ)
  2. ライコネン(フェラーリ)
  3. ハミルトン(マクラーレン)
  4. クビサ(BMW)
  5. ハイドフェルド(BMW)
  6. フィジケラ(ルノー)
  7. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  8. バトン(ホンダ)
  9. アロンソ(マクラーレン)
  10. ラルフ(トヨタ)
  11. バリチェッロ(ホンダ)
  12. ウェバー(レッドブル)
  13. クルサード(レッドブル)
  14. ブルツ(ウィリアムズ)
  15. スピード(トロロッソ)
  16. コバライネン(ルノー)
  17. スーティル(スパイカー)
  18. 佐藤(スーパーアグリ)

四十四周目、マッサがピットイン。新品のソフトタイヤを履いた、「マッサラ、マッサラ」って今宮さんそれは。

四十六周目、クビサがピットイン。続いてライコネン、パーフェクトなピット作業でマッサの前に立ち、念願のトップに立った。これは見事。

四十八周目ハイドフェルド、アロンソの前で余裕のコース復帰、このままだとアロンソは負けが決ったか。このままではフィジケラとの差も危うい。

五十一周目、フィジケラがピットイン。アロンソの前に出られた。ルノーにしてみれば地元で少しいい結果になりそう。

五十三周目、ハミルトンが三回目のピット。三番手はキープ。

  1. マッサ(フェラーリ)
  2. ライコネン(フェラーリ)
  3. ハミルトン(マクラーレン)
  4. クビサ(BMW)
  5. ハイドフェルド(BMW)
  6. フィジケラ(ルノー)
  7. アロンソ(マクラーレン)
  8. バトン(ホンダ)
  9. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  10. ラルフ(トヨタ)
  11. バリチェッロ(ホンダ)
  12. スピード(トロロッソ)
  13. ウェバー(レッドブル)
  14. クルサード(レッドブル)
  15. ブルツ(ウィリアムズ)
  16. コバライネン(ルノー)
  17. 佐藤(スーパーアグリ)
  18. スーティル(スパイカー)

フィジケラ対アロンソ。アロンソは今日こんなシーンばっかりだな。

五十八周目、スピードがマシンをコース外に停めた。

残り十周、順位は落着いたか。アロンソもフィジケラを攻めきれずに終りそうだ。

ライコネンが開幕戦以来となる二勝目、マッサが二位に入ってフェラーリが今年初の1-2フィニッシュ。ハミルトンが手堅く三位、クビサ、ハイドフェルドが並んで入賞、以下フィジケラ、アロンソ、バトンまでが入賞。完走は十七台だった。

ライコネン、シャンパンにいきなり口をつけるのね‥‥ちょっと撒いてからまた呑んでるし。そのシャンパン、下に落したらクルーが割ってしまった。やれやれ。

ともあれ、今回は隙らしい隙を見せずにフェラーリが完勝した。マクラーレンは、アロンソに関しては半ば自滅。ハミルトンとの差が開く一方で、次はそのルイスの母国GP。ここで決定的になるのかもね。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20070701

2007-06-30

[][][]2007年第8戦フランスGPフリー三回目

最終コーナーの立上りの縁石外側にある人工芝がめくれ上るというアクシデントで一時赤旗中断。なんだかすごい粗末な造りとあまりに急場凌ぎな対応に驚いた。

津川氏によると、ここ数戦のフェラーリの不調の原因のひとつは風洞設備の破壊によるものらしい。ステンレス鋼製のムービングベルトが運転中に破損したと聞いて身の毛がよだった。そりゃメチャクチャだろう。

てか、走行路面代りのムービングベルトが鋼製ってのがビックリだ。ゴムか何かだと思ってた。たぶん、ゴムベルトを時速百キロ以上で回したのではたわみや伸縮で正しい気流が得られないんだろうな。しかしまさか鋼製とは。

さすがF1テクノロジー、風洞ひとつとってもハチャメチャだ。

アロンソがブレーキトラブルでほとんど走行できなかった。予選は大丈夫か。

[][][]2007年第8戦フランスGP予選

CSの現地解説が川井氏に代って小倉氏になった。これは珍しい。

Q1

リウッツィ、ブルツ、佐藤、デビッドソン、アルバース、スーティルが脱落。上位はハミルトン、ライコネン、マッサ、アロンソ、コバライネン、ウェバー、ラルフ、クビサ、ハイドフェルド、クルサード。

アロンソは午前のトラブルもものともしなかった。BMWの前に色々入ってきたのが面白いな。

Q2

小倉氏によると「前回レッドブルのニーウィはアメリカに来ていなかった。何故なら彼はル・マンで走っていたからだ」って、えええっ!? 面倒くさくてル・マンのエントラントをチェックしてなかったけど、まさかそんな。

そのレッドブル、クルサードがギアボックストラブル。

ラルフ、バトン、バリチェッロ、ウェバー、スピード、クルサードが脱落。BMWが巻返し、トゥルーリもまた十番手に残り、いつも通りの顔触れが並んだ。

Q3

アロンソがエンジントラブルでピットに戻る。ツイてないな。載せ換えはあるのか? 結局タイムなしのままマシンを降りた。イギリスGP直前に、これは最悪の流れだなー。

ハミルトンの首位をマッサが奪う。今週末のフェラーリはいい感じだ。

その後もマッサが首位をキープし、ちょっと久しぶりのポール獲得。以下ハミルトン、ライコネン、クビサ、フィジケラ、コバライネン、ハイドフェルド、トゥルーリ、ロズベルグ、アロンソ。ルノーが良くなってきて、BMWの立場を崩しつつある。まあ、ハイドフェルドは重い作戦の可能性が高そうではあるが。

決勝でアロンソがどこまで行けるだろうか。雨の予報もあるそうで、さて。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20070630

2006-07-16

[][][]2006年第11戦フランスGP決勝

  1. M・シューマッハー
  2. マッサ
  3. アロンソ
  4. トゥルーリ
  5. R・シューマッハー
  6. ライコネン
  7. フィジケラ
  8. デ・ラ・ロサ
  9. クルサード
  10. ウェバー
  11. ハイドフェルト
  12. クリエン
  13. バリチェッロ
  14. スピード
  15. アルバース
  16. ヴィルヌーヴ
  17. バトン
  18. モンテイロ
  19. ロズベルグ
  20. モンタニー
  21. 佐藤
  22. リウッツィ

ロズベルグとリウッツィがエンジン交換でそれぞれ降格。

フォメーションラップで佐藤のマシンがなかなか発進しなかった。クラッチトラブルか。

スタート、アロンソがいい滑り出し、一コーナーでマッサに並んだが抜くには及ばず。

佐藤、二周目にやはりストップ。パワートレインのどこかが悪い、としか分らない。

んー、タイミングモニタが重くて使い物にならん。

デ・ラ・ロサがウェバーを右から左から煽ってみせるが、さて今日は祭を起せるか。

モンテイロが高速シケインで大きく跳ねて足周りでも傷めたか、ピットに戻ってしまった。

十七周目、マッサが先陣を切ってピットイン。やはり三回ストップをやるか。十八周目、アロンソとライコネン。十九周目にマイケル。明らかに三回ストップ。

二十周目、バリチェッロがトラブルでリタイア。

二十三周目、暫定首位のトゥルーリがピットイン。左リアタイヤの交換に手間取り大きく後退。ああ。

寝てしまった。

  1. M・シューマッハー
  2. マッサ
  3. アロンソ
  4. ライコネン
  5. トゥルーリ
  6. フィジケラ
  7. R・シューマッハー
  8. デ・ラ・ロサ
  9. ウェバー
  10. ハイドフェルト
  11. クルサード
  12. クリエン
  13. リウッツィ
  14. スピード
  15. ヴィルヌーヴ
  16. バトン
  17. ロズベルグ
  18. アルバース
  19. モンタニー

三十三周目、ライコネンが二度目のストップ。

三十五周目、丁度中間点でマッサが二度目。

周回遅れに腹を立てるアロンソ。ラップタイムが上らず、マッサとの差を思う様に広げられず相当苛立っている様だ。三十八周目、マイケルがピットイン。アロンソの直後に復帰して、いやらしくプレッシャーをかける。うわ、今日は最低の心境だろうな。

四十周目、ウェバーが激しくスピン。左リアタイヤのトレッド面が吹飛んだ。んー? ブリヂストンに不安材料か? ピットに戻ったがリタイア。と思ったらコースに復帰した。

四十三周目、アロンソが二度目のストップ。二回ストップ作戦らしい。四十六周目にフィジケラ。これも同様か。

五十一周目、デ・ラ・ロサが三回目。いよいよ終盤。

五十三周目、マッサがピットイン。アロンソがこの間に前へ出て二番手を確保した。

  1. M・シューマッハー
  2. アロンソ
  3. マッサ
  4. R・シューマッハー
  5. ライコネン
  6. フィジケラ
  7. デ・ラ・ロサ
  8. ハイドフェルト
  9. クルサード
  10. スピード
  11. バトン
  12. ヴィルヌーヴ
  13. クリエン
  14. リウッツィ
  15. ロズベルグ
  16. アルバース
  17. モンタニー
  18. ウェバー

六十周目、やはりウェバーがリタイア。六十三周目、バトンもガレージへ帰還。

その後は特に何事もなく。優勝マイケル、二位アロンソ、三位マッサ、四位ラルフ、ライコネン、フィジケラ、デ・ラ・ロサ、ハイドフェルトまでが入賞。完走十七台、という数の割にサバイバル戦のイメージが何となくするレースだった。今後数戦を占うために意義の大きいレースだった。

シーズン後半にだらけがちなフランス人たちがどこまで踏張るか。次はドイツだ。

しかし、フェラーリのクルーがいつも本当に嬉しそうに歌うイタリア国歌がワシは好きなんだけど、マニクールでそれを聞くジャン・トッドの心中は実際のところどうなんだろね。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20060716
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報