大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2008-10-12

[][][]2008年第16戦日本GP決勝

曇り空で気温も低いが,雨の心配はないとのこと。

  1. ハミルトン
  2. ライコネン
  3. コバライネン
  4. アロンソ
  5. マッサ
  6. クビサ
  7. トゥルーリ
  8. グロック
  9. ベッテル
  10. ブルデー
  11. クルサード
  12. ピケ
  13. ウェバー
  14. 中嶋
  15. ロズベルグ
  16. ハイドフェルド
  17. バリチェッロ
  18. バトン
  19. スーティル
  20. フィジケラ

見たところマッサとロズベルグはソフトタイヤか。マッサはスタートでのジャンプアップを狙う。

しかしフェラーリは二台とも出遅れ、一コーナーでインに入れなかった。先頭集団が全体にもつれてハミルトンも後退。ハミルトン六番手、ライコネンとマッサが七、八番手。クビサが先頭、アロンソが二番手に。後方でクルサードがクラッシュ、中嶋も絡んでフロントウイングを落した。

二周目、ハミルトンとマッサが横に並ぶ。シケインでインを締めたハミルトンに、マッサがコース外をカットしながら追突。ハミルトンはスピン、車列が行き過ぎるのを待ってコース復帰、実質最後尾に後退。ハミルトンはそのままピットに戻り、給油して作戦変更。

六周目、グロックがピットイン。次の周に再び戻ってリタイア。十周目、スーティルがホームストレートでクラッシュ。大荒れ。

  1. クビサ
  2. アロンソ
  3. コバライネン
  4. ライコネン
  5. トゥルーリ
  6. ブルデー
  7. マッサ
  8. ピケ
  9. ベッテル
  10. ウェバー
  11. ハイドフェルド
  12. バリチェッロ
  13. フィジケラ
  14. ロズベルグ
  15. バトン
  16. ハミルトン
  17. 中嶋

ライコネン、マッサ、ハミルトンに審議。ライコネンは二周目の一コーナー、黄旗区間内でピケを抜いた疑い、マッサとハミルトンはシケインでの接触。今回はハミルトンは悪くない。まあ一台分ラインを空けておけば接触して損することはなかったろうから、クレバーではなかったね、とは言えるけど。あの位置関係でインを空けるレーサーが居るだろうか。

‥‥と思っていたら、何とハミルトンとマッサの両方にドライブスルーペナルティ。ええっ!? と思ったら、ハミルトンはスタート直後の大幅なレーンチェンジで後続のアクシデントを招いたことに対してペナルティが課されたとのこと。それなら納得。

その宣告が出た十七周目、コバライネンのマシンがスローダウンしてリタイア。

十九周目、クビサとアロンソ、ライコネンがピットイン。アロンソがここで順位を逆転してクビサの前へ。マッサもピットイン、通常作業を行う。燃料の都合か、ドライブスルーは次の周に持ち越した。

二十六周目、ピケが暫定首位に立ちアロンソと1-2に。すごいな。ピケはどこまで引張れるのか。アロンソとは本当に正反対の作戦なのな。

二十八周目、ピケがピットイン。トゥルーリとブルデーの間に復帰、そのまま一コーナーでブルデーとのバトルに。これを制して六番手を確保。ピケ頑張った。

  1. アロンソ
  2. クビサ
  3. ライコネン
  4. ウェバー
  5. トゥルーリ
  6. ピケ
  7. ブルデー
  8. ベッテル
  9. ハイドフェルド
  10. ロズベルグ
  11. バリチェッロ
  12. マッサ
  13. バトン
  14. ハミルトン
  15. 中嶋

三十五周目、ウェバーがピットイン。一回ストップ。他に入っていないのはハイドフェルド、ロズベルグ、バリチェッロ、バトン。

ハミルトンとマッサの件、「理性を失っちゃいけないよね」うんうん。川井氏「もしここにミハエルがいたら、こんなことにはなってなかったと思うんですよね」今宮氏「その通りですよね」工工エエェェェェエエ工工(AA略 どこの世界のミハエルだそれは。少なくともワシの知ってるマイケル君のことではないのは確かだ。

四十一周目、アロンソがファステスト。四十二周目、ハミルトンがピットイン。残り二十六周、これが最後か。

四十四周目、先頭アロンソがピットイン。ブルデーの後ろ、六番手に復帰。二番手ライコネンがファステスト連発。

四十六周目、クビサピットイン。ベッテルの後ろ、七番手。ライコネンが暫定首位に。

四十八周目、ライコネンがピットイン。クビサとの二番手争いは僅かにクビサがリードして一コーナーに突入。フェラーリのピットが今回ロリポップを採用したのは、この争いにどう影響しただろうか。

  1. トゥルーリ
  2. ピケ
  3. ブルデー
  4. アロンソ
  5. ベッテル
  6. クビサ
  7. ライコネン
  8. マッサ
  9. ウェバー
  10. ハイドフェルド
  11. ロズベルグ
  12. ハミルトン
  13. バリチェッロ
  14. バトン
  15. 中嶋

五十一周目、トゥルーリとブルデーがピットイン。ブルデーがピットアウト、居合わせたマッサと一コーナーで絡んでマッサがスピン。何やっとんだー。気持はわかるけどさ。無事復帰はしたが、ダメージあるかもね。ポイント獲れるかな。レース後に審議。

五十三周目、ピケピットイン。トゥルーリの前に出て復帰。

五十四周目、マッサが二度目のピット作業。

  1. アロンソ
  2. クビサ
  3. ライコネン
  4. ピケ
  5. トゥルーリ
  6. ブルデー
  7. ベッテル
  8. ウェバー
  9. ハイドフェルド
  10. マッサ
  11. ロズベルグ
  12. ハミルトン
  13. バリチェッロ
  14. バトン
  15. 中嶋

ピケがライコネンの後ろで速いペースを保っている。ライコネンはクビサとバトルが続いたのでタイヤが厳しいようだ。ここで一台でも抜いて表彰台に立とうもんなら、この富士は十八年前の鈴鹿の再現みたいになっちゃうなー。あの時もチャンプを争う二人が自滅して、ピケ父が勝ってベネトン(現ルノ一)の1-2になったんだよねー。などと思い出に浸ってたらピケはコースオフして少し遅れてしまった。あらら。

残り二周、マッサがウェバーを抜いて八番手に。なんつう抜き方だ。もう形振り構ってられないって感じだな。

六十七周のレースを終えて、アロンソがまさかの二連勝。いやもうまったくこの人は。強いってこういうことなんだよな。九十六年のマイケルみたいな。

二位にクビサ、最後のバトルをよく堪えた。三位ライコネン、自分の仕事はちゃんとしたよって感じか。以下ピケ、トゥルーリ、ブルデー、ベッテル、マッサまでが入賞。但しブルデーとマッサの件で審議が保留されている。完走十五台、面白いレースだった。

仮にこのまま順位が確定したら、ハミルトンとマッサのポイント差は六点。何かあっても七点。こうなると終盤二戦が何事もなく進む気もしないな。このgdgdっぷりこそが近年のF1らしさなのかもしれない。

次は来週の上海。やっぱり何かありそうだ。

追記

ブルデーとマッサの件はブルデーに責任があるとされ25秒の加算ペナルティ。これによりブルデーは十位となり、ベッテル、マッサ、そして九位だったウェバーの順位が繰上り入賞となった。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20081012

2008-10-11

[][][]2008年第16戦日本GP予選

午前中のフリー走行はフルウェットだった。午後は晴れて、レコードラインはほぼドライになっている。まだラインを一歩外すと滑るだろうから、より集中力が求められる予選になりそう。

Q1

とか言っている間にも路面は乾いて問題なし。最終セクションに少し濡れた所が残っている程度。各車走る毎にタイムが上ってきている。

グロックが見せタイムアタッカーになってるなあ。もちろん、素性が悪くてはトップに出ることなどできないから、トヨタのマシンの仕上りは良いのだろう。おお、ハミルトンを退けてトップを守った。こりゃ大したもんだ。

ハイドフェルド、バリチェッロ、バトン、スーティル、フィジケラが脱落。ってオォォイ、ニックどうしてんの? クビサも十四番手だしなあ。シーズン終盤で息切れするザウバー病は未だに残ってたのか。

Q2

各車ソフトタイヤでアタック。日本スペシャルのグリーンタイヤのおかげでソフト側を示す白線が判別しにくくて困る。

流石にフェラーリマクラーレンが上位を独占してきた。トゥルーリがよく喰いついてる。そしてまたベッテルが。Q1ではレッドブルがトロロッソより上にいたが、Q2では逆になっている。

ウィリアムズは駄目だなあ。

最後にトヨタ二台とベッテルがライコネンを上回った。頑張るねえ。

クルサード、ピケ、ウェバー、中嶋、ロズベルグが脱落。レッドブルウィリアムズ

Q3

ライコネンとマッサが上位に並び、ハミルトンが続く。クビサも四番手と悪くない。Q1は何かに引掛ってたのかな?

ラストアタック、ライコネンとマッサはそれぞれ自己ベストを更新、しかしハミルトンがさらに上回ってポールを獲得。アロンソとコバライネンがマッサを上回り、結果的にフェラーリの陣は大きく割れた。これで後退したのがチャンプを争うマッサというのが、もう何というか。

PPハミルトン、二番手ライコネン、コバライネンとアロンソが二列目。マッサ、クビサ、トゥルーり、グロック、ベッテル、ブルデーの順となった。

明日が晴れて、「史上初の大きなトラブルやアクシデントのない富士のF1」が見られることを願うよ。

xiscoxisco2008/10/11 15:20こんにちは。
ライブタイミングで見ていましたが、ニックのズッコケっぷりに思わず僕も会社でズッコケそうになってしまいました。何かあったのでしょうかね、心配です。

yms-zunyms-zun2008/10/12 15:22本人は「タイヤの選択ミスだった」と言ってたそうですが、特番内でそれを聞いた浜島氏は「ソフトを履いても順位はそんなに変らないはず」とコメントしてました。セットアップが決まってなかったんでしょうね。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20081011

2007-09-30

[][][]2007年第15戦日本GP決勝

  1. ハミルトン(マクラーレン)
  2. アロンソ(マクラーレン)
  3. ライコネン(フェラーリ)
  4. マッサ(フェラーリ)
  5. ハイドフェルド(BMW)
  6. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  7. バトン(ホンダ)
  8. ウェバー(レッドブル)
  9. ベッテル(トロロッソ)
  10. クビサ(BMW)
  11. フィジケラ(ルノー)
  12. コバライネン(ルノー)
  13. クルサード(レッドブル)
  14. トゥルーリ(トヨタ)
  15. ラルフ(トヨタ)
  16. バリチェッロ(ホンダ)
  17. ブルツ(ウィリアムズ)
  18. デビッドソン(スーパーアグリ)
  19. スーティル(スパイカー)
  20. 佐藤(スーパーアグリ)
  21. 山本(スパイカー)
  22. リウッツィ(トロロッソ)

雨のためにセーフティカー先導によるフォーメーションスタートとなることが決定、その際全車エクストリームウェットタイヤの装着が義務付けられている。違反した場合は失格とのこと。リウッツィはピットに居る。

スタート。セーフティカー解除はいつか。二周目にマッサがスピン。その後マッサはピットイン、燃料を補給した。続いてライコネンもピットイン、作戦を変えざるを得ないか。コンディションはますます悪くなる一方。マクラーレン二台はどうするのか。

ていうか、このコンディションは駄目だろ。一旦赤旗で止めるべきだ。'94年の鈴鹿並だろ。

十二周目、リウッツィがピットイン。最後まで走り切れる燃料を積んで復帰。

しかし、レースを開始できる状況ではない。事故が起る前に止めろよ、やめろよ。

十四周回、山本がピットイン。レースは三十分経過。フェラーリピットも再び動く。雨強まる。やーめーろーよー。

十五周目、ライコネンピットイン。マッサも続く。十七周目、ブルツ。

マッサにドライブスルーペナルティ。二周目のスピンの後、ハイドフェルドを抜き返して順位復帰してしまった件で。

リウッツィが先導を抜いてラップ回復。スタートが遅れたのはオフィシャルのミスだったようだ。

十九周目、バリチェッロ、佐藤、山本がピットイン。

二十周目、ようやくセーフティカーが退出して実質的にレース開始。

一コーナーのエントリーでブルツがスピン、マッサに接触。ブルツはリタイア。マッサはドライブスルーを履行。

  1. ハミルトン(マクラーレン)
  2. アロンソ(マクラーレン)
  3. ベッテル(トロロッソ)
  4. ウェバー(レッドブル)
  5. バトン(ホンダ)
  6. フィジケラ(ルノー)
  7. コバライネン(ルノー)
  8. クビサ(BMW)
  9. クルサード(レッドブル)
  10. スーティル(スパイカー)
  11. ハイドフェルド(BMW)
  12. ラルフ(トヨタ)
  13. デビッドソン(スーパーアグリ)
  14. ライコネン(フェラーリ)
  15. リウッツィ(トロロッソ)
  16. 山本(スパイカー)
  17. 佐藤(スーパーアグリ)
  18. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  19. バリチェッロ(ホンダ)
  20. トゥルーリ(トヨタ)
  21. マッサ(フェラーリ)

バトンとハイドフェルドが接触、バトンはウイングを失うがピットに入らない。佐藤もウイングを壊してすぐさまピットへ。給油時に引火するトラブルのおまけ付き。大事には至らず。バトン、二十五周目にピットイン。

二十七周目、アロンソがピットイン。最後までの給油を行って復帰、八番手あたり。続いてハミルトン。こちらは三番手で復帰。

  1. ベッテル(トロロッソ)
  2. ウェバー(レッドブル)
  3. ハミルトン(マクラーレン)
  4. フィジケラ(ルノー)
  5. コバライネン(ルノー)
  6. クビサ(BMW)
  7. クルサード(レッドブル)
  8. アロンソ(マクラーレン)
  9. ハイドフェルド(BMW)
  10. ライコネン(フェラーリ)
  11. スーティル(スパイカー)
  12. デビッドソン(スーパーアグリ)
  13. リウッツィ(トロロッソ)
  14. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  15. 山本(スパイカー)
  16. バリチェッロ(ホンダ)
  17. マッサ(フェラーリ)
  18. ラルフ(トヨタ)
  19. トゥルーリ(トヨタ)
  20. バトン(ホンダ)
  21. 佐藤(スーパーアグリ)

なんとトロロッソのベッテルがラップリーダーに。ヨーロッパGP以来の椿事。

クビサがアグレッシブに攻めて順位をどんどん上げている。コバライネンも抜いて四番手浮上。三十三周目、トップのベッテルがピットイン。ライコネンの前、九番手に復帰。

三十四周目、ハイドフェルドがアロンソを抜いて七番手に。アロンソがどうも速くない。そしてハミルトンがクビサと接触、お互いダメージはなさそうだが危ない危ない。

三十六周目、アロンソがベッテルに当てられてスピン、十番手に後退。ハミルトンはフィジケラとクルサードに抜かれて六番手。ウェバーとクビサがピットイン。

  1. コバライネン(ルノー)
  2. フィジケラ(ルノー)
  3. クルサード(レッドブル)
  4. ハミルトン(マクラーレン)
  5. ウェバー(レッドブル)
  6. ベッテル(トロロッソ)
  7. ライコネン(フェラーリ)
  8. アロンソ(マクラーレン)
  9. リウッツィ(トロロッソ)
  10. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  11. スーティル(スパイカー)
  12. マッサ(フェラーリ)
  13. クビサ(BMW)
  14. ハイドフェルド(BMW)
  15. 山本(スパイカー)
  16. バリチェッロ(ホンダ)
  17. ラルフ(トヨタ)
  18. バトン(ホンダ)
  19. トゥルーリ(トヨタ)
  20. デビッドソン(スーパーアグリ)
  21. 佐藤(スーパーアグリ)

コバライネンとクルサードがピットインした四十周目、クビサにドライブスルーペナルティ。ハミルトンと接触して前に出たのが悪かった。

四十一周目、ライコネン。燃料がもたなかった。

四十二周目、ヘアピンでアロンソが大クラッシュ、セーフティカー導入。マクラーレンピット呆然。

  1. ハミルトン(マクラーレン)
  2. ウェバー(レッドブル)
  3. ベッテル(トロロッソ)
  4. リウッツィ(トロロッソ)
  5. コバライネン(ルノー)
  6. マッサ(フェラーリ)
  7. クルサード(レッドブル)
  8. フィジケラ(ルノー)
  9. スーティル(スパイカー)
  10. ハイドフェルド(BMW)
  11. ライコネン(フェラーリ)
  12. バリチェッロ(ホンダ)
  13. クビサ(BMW)
  14. ラルフ(トヨタ)
  15. 山本(スパイカー)
  16. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  17. バトン(ホンダ)
  18. トゥルーリ(トヨタ)
  19. デビッドソン(スーパーアグリ)
  20. 佐藤(スーパーアグリ)

セーフティカーランの間に二番手ウェバーがリタイア。三番手ベッテルとクラッシュしたらしい。ベッテルもピットでリタイア、レッドブルグループ涙目。ベッテルはピットで泣いている。

四十九周目、レース再開。ラルフピットイン、ロズベルグはトラブルでスローダウン。

  1. ハミルトン(マクラーレン)
  2. コバライネン(ルノー)
  3. マッサ(フェラーリ)
  4. クルサード(レッドブル)
  5. ライコネン(フェラーリ)
  6. フィジケラ(ルノー)
  7. ハイドフェルド(BMW)
  8. バリチェッロ(ホンダ)
  9. クビサ(BMW)
  10. リウッツィ(トロロッソ)
  11. 山本(スパイカー)
  12. スーティル(スパイカー)
  13. バトン(ホンダ)
  14. トゥルーリ(トヨタ)
  15. デビッドソン(スーパーアグリ)
  16. ラルフ(トヨタ)
  17. ロズベルグ(ウィリアムズ)
  18. 佐藤(スーパーアグリ)

ロズベルグ、ピットに戻って復帰を果した。ガス欠だったの?

ラルフがまたピットイン、トヨタGPでリタイア。デビッドソンはホームストレートでリタイア、右サイドポンツーンのカウルがない。ストレートで飛ばしたかもしれない。

五十七周目、ライコネンがクルサードを抜いて四番手に浮上。100Rでアウトから抜くのはすごいな。しかし次の周に同じところでコースアウト。危ない危ない。

五十九周目、マッサがピットイン。ライコネンと順位を入れ換えた、わけではないらしい。ともあれライコネンが三番手に浮上。コバライネンとのバトル開始。残り七周強。

  1. ハミルトン(マクラーレン)
  2. コバライネン(ルノー)
  3. ライコネン(フェラーリ)
  4. クルサード(レッドブル)
  5. フィジケラ(ルノー)
  6. ハイドフェルド(BMW)
  7. バリチェッロ(ホンダ)
  8. クビサ(BMW)
  9. マッサ(フェラーリ)
  10. スーティル(スパイカー)
  11. リウッツィ(トロロッソ)
  12. バトン(ホンダ)
  13. トゥルーリ(トヨタ)
  14. 山本(スパイカー)
  15. 佐藤(スーパーアグリ)

意外に珍しいスオミ同士のバトル。車間は少しあるものの、水煙の中で一回のミスが命取りになる。二人とも流石。

残り二周、ハイドフェルドがホームストレートでストップ。エンジントラブルか。最終ラップ。

ハミルトンがライバルをポイントで突放す四勝目を飾り、コバライネンが際どいバトルを制して二位、初表彰台。ライコネン三位でなんとか首を繋いだ。四位クルサード、五位フィジケラ、そしてマッサが最後に大バトルの末クビサを抜いて六位、七位クビサ、八位リウッツィまでが入賞。完走十五台、たっぷり二時間を使い切ったフルディスタンスの過酷なレースとなった。

まあ、一番過酷なのは現地の観客よね。帰り道に気をつけてほしい。

チャンピオンシップはハミルトンが大幅に有利となった。このまま逃げ切ってデビューシーズンにチャンピオンとなれるかどうか、贔屓目込みで注目したい。ルイス頑張れ。

追記

八位入賞だったリウッツィは、セーフティカーの先導中に前車を追い越したことが発覚してペナルティでタイム加算。これにより九位に後退し、代ってスパイカーのスーティルが八位入賞となった。

また、同じくセーフティカーランの間にクラッシュしてウェバーをリタイアに追い込んだベッテルは、次戦中国GPにおいて予選グリッド十番手降格のペナルティを受けることになった。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20070930

2007-09-29

[][][]2007年第15戦日本GP予選

Q1

悪天候の中、セッション開始。路面は濡れているが雨はひどくない模様、但し霧が深い。

時間が経つにつれコンディションは良くなっているらしく、エクストリームウェットで出たマシンもスタンダードウェットに換装して本格的にアタック開始。

セッションのタイムアウト後にアタック中のラルフと山本が接触、黄旗が出て終了となった。

バリチェッロ、ブルツ、デビッドソン、スーティル、佐藤、山本が脱落。

霧は晴れてきた。

Q2

Q1より雨が多く、タイムが落ちている。

しかし徐々にタイムが上って、スタンダードウェットのままでアタックが続けられる。

カメラはトヨタのアタックに釘付けだが、トゥルーリは二セクが辛すぎる。あれだけエアロが薄いと高速コーナーで踏めないだろう。

フィジケラ、コバライネン、クルサード、トゥルーリ、リウッツィ、ラルフが脱落。ベッテルがQ3に残った。

Q3

スタンダードを履いての最終アタック、ライコネンがミスしてもう一周やり直し。アロンソには僅かに届かず。

そしてハミルトンがアロンソを上回り、PP獲得。このコンディションでトップを奪い取ったのはすばらしい。

ハミルトンとアロンソでマクラーレン1-2、ライコネンとマッサが続き、ハイドフェルド、ロズベルグ、バトン、ウェバー、ベッテル、クビサの順となった。ん? クビサどうした?

もう、あとは明日の天気次第。ハミルトンがんばれ。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20070929

2006-10-10

[][][]観戦記

レースのレポートというよりただの日記ですが、下記にアップしてあります。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20061010
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報