大和但馬屋F1日記

この日記は

2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2004-10-25

[][][]第18戦ブラジルGP決勝(10/24) 71周 (雨/ウェット)

レース直前に降り始めた雨が、ダミーグリッドを混乱の渦に陷れる。多くのマシンがウェットを選ぶ中、アロンソをはじめルノー勢はドライタイヤを装着。この賭けが吉と出るか凶と出るか。

スタート、バトンのマシンから白煙が上がる。しかしレースは中断されずそのままスタートとなった。エス・ド・セナの後、バックストレートでライコネンがバリチェッロを抜いて首位に立つ。マッサも三番手に浮上、モントヤが並びかけるがここは守った。琢磨は七番手に沈んだ。

二周目、モントヤがマッサをパス。マイケルは単独スピン、ダメージはなし。バトン、やはりエンジントラブルでリタイア。

四周目、バリチェッロがライコネンから首位の座を奪い返す。

五周目から六周目にかけて、ミシュラン勢が続々とピットイン、乾きつつある微妙なコンディションにタイヤが合わないのか。七周目、バリチェッロもピットインしてマッサがキャリア初となるラップリーダーの座に。しかしそれも一周限り、マッサもドライタイヤに換えるためにピットへ。

初めからドライに賭けたアロンソがレースをリードし始めた。十三周目の順位。

  1. アロンソ
  2. モントヤ
  3. ライコネン
  4. ラルフ
  5. 佐藤
  6. バリチェッロ
  7. ヴィルヌーヴ
  8. クルサード
  9. マイケル
  10. マッサ
  11. ゾンタ
  12. トゥルーリ
  13. クリエン
  14. ウェバー
  15. フィジケラ
  16. グロック
  17. ハイドフェルト
  18. バウムガルトナー
  19. ブルーニ

十八周目、ハイドフェルトがリタイア。何かのトラブルの様だ。同じ周、トップのアロンソがピットイン。バリチェッロの後ろ、六番手で復帰した。

バリチェッロはファステスト連発で琢磨に迫る。二十二周目、ヴィルヌーヴがピットイン。

二十四周目、ウェバーとクリエンが一コーナーで接触、ウェバーはフロントを壊して即座にリタイア。クリエンは辛くもピットに戻ってレースに残った。

二十七周目、ラルフが二度目のピットイン。二十八周目に琢磨が入り、バリチェッロもそれに合せた。琢磨が前をキープしてコースイン。二十九周目、モントヤとマイケルもピットイン。

三十三周目、追い上げてきたバリチェッロのプレッシャーに負けたか琢磨、一コーナーでオーバーラン。ルビーニョにしてみればニュルブルクの借りは返したぜ、というところか。三十七周目の順位。

  1. モントヤ
  2. ライコネン
  3. アロンソ
  4. ラルフ
  5. バリチェッロ
  6. 佐藤
  7. マイケル
  8. ヴィルヌーヴ
  9. クルサード
  10. マッサ
  11. フィジケラ
  12. トゥルーリ
  13. ゾンタ
  14. クリエン
  15. グロック
  16. バウムガルトナー
  17. ブルーニ

四十二周目、クルサードが二度目のピットイン、あとはゴールまで。

琢磨のペースが異様に遅いなあ。タイヤか? また首か?

五十周目、ラルフが三度目のピットイン。同じ周にバリチェッロ、そしてトップ快走のモントヤの最後のピットへと駆け込む。バリチェッロは五番手、実質三番手の位置に復帰した。

五十五周目、琢磨がピットイン。アロンソとラルフの間、五番手で復帰、BARのピットクルーはGJ! 五十六周目、ライコネンがピットインして二番手に復帰、これで順位はほぼ安定、あとはコース上のバトルのみ。

  1. モントヤ
  2. ライコネン
  3. バリチェッロ
  4. アロンソ
  5. 佐藤
  6. ラルフ
  7. マイケル
  8. マッサ
  9. フィジケラ
  10. ヴィルヌーヴ
  11. クルサード
  12. トゥルーリ
  13. ゾンタ
  14. クリエン
  15. グロック
  16. バウムガルトナー
  17. ブルーニ

アロンソ渋滞となりつつある状況で琢磨がどう振舞うか。一方、トップ争いも熾烈になってきた。モントヤとライコネンの差は一秒以内。アロンソと琢磨の差はほぼゼロ。シューマッハー兄弟もぴったりくっついている。怖!

六十四周目、兄が弟に揺さぶりをかける。弟動じない。

もうモニター二つ並べて二箇所のバトルを両方見せてくれよと言いたいが、案の上トップ争いを映す間に琢磨がラルフにやられてしまった! 残念。

レースを制したのはJ・P・モントヤ、通算四勝目。二位ライコネン、三位バリチェッロ、地元で十年ぶりの完走を表彰台で決めた。四位アロンソ、以下ラルフ、琢磨、マイケル、マッサまでが入賞。マッサお見事。完走十七台、秋にやっても春にやっても同じくらいややこしいコンディションのレースだった。

マイケルのために展開されたシーズンだったが、最後のポディウムにマイケルの姿はなし。イタリア国歌すら流れない、こんな終りかたもあるさ。本当に長い長いシーズンだった。いろいろあったが、それはまた改めて。

お疲れ様。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20041025

2004-10-21

[][][]お知らせ

日本GPのまとめをやる暇もないうちにブラジルGPの週末を目前に控えることになってしまいましたが、相変らず個人用のPCが使えない状態ですのでフリー走行から一切の更新が行えません。悪しからずご了承ください。

ていうか、もう完全にシーズンが終った気になってるんですが、やらなくていいじゃんブラジル。ルビーニョとゾンタ以外皆そう思ってるって(あんまり)。

skobaskoba2004/10/21 19:19今年も看板が落ちたりコースに川ができてしまうようなら(ブラジルはともかく)インテルラゴスではやらないほうがいいでしょうね。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20041021

2004-10-09

[][][]第17戦日本GPフリー走行三回目、四回目

土曜のセッションは台風二十二号のためにすべてキャンセルとなった。予選は日曜の午前に振替えて行われる予定。


これより、月曜まで「大和但馬屋F1日記」の更新はありません。

細々した情報は大和但馬屋日記の方に随時アップします。

現地観戦の人もテレビの人も、日曜に良いレースが見られますように!

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20041009

2004-10-08

[][][]第17戦日本GPフリー走行一回目

台風22号マーゴン現地の友人から「合羽2重で頑張ってます」と報告が。ご苦労様です。

タイムを出したのは僅か十七台。日曜が晴れるかもしれないということで、行動を決めかねているとか。しかし、予選キャンセルの可能性も考えてそれなりのタイムを出しておかないといけない気もする。

なお、トヨタからはゾンタに代ってトゥルーリが出走。次戦ブラジルではパニスの代りにトゥルーリが乗る予定なので、パニスにとってはこの鈴鹿が現役最後のレースとなる。

2004年第17戦 日本GPフリー走行一回目結果

順位ドライバーチームタイヤタイムトップとの差
1M・シューマッハーフェラーリBS1'47.906193.735km/h
2G・フィジケラザウバーペトロナスBS1'48.362+0'00.456
3R・バリチェッロフェラーリBS1'49.846+0'01.940
4J・バトンBARホンダMi1'49.937+0'02.031
5N・ハイドフェルトジョーダンフォードBS1'51.438+0'03.532
6K・ライコネンマクラーレンメルセデスMi1'51.530+0'03.624
7T・グロックジョーダンフォードBS1'52.602+0'04.696
8J・P・モントヤウィリアムズ・BMWMi1'53.517+0'05.611
9R・ドーンボスジョーダンフォードBS1'53.603+0'05.697
10F・アロンソルノーMi1'54.012+0'06.106
11B・レインダースミナルディコスワースBS1'55.455+0'07.549
12R・シューマッハーウィリアムズ・BMWMi1'55.632+0'07.726
13J・ヴィルヌーヴルノーMi1'57.547+0'09.641
14J・トゥルーリトヨタMi1'58.351+0'10.445
15A・デビッドソンBARホンダMi2'00.712+0'12.806
16G・ブルーニミナルディコスワースBS2'02.825+0'14.919
17Z・バウムガルトナーミナルディコスワースBS2'03.955+0'16.049
18O・パニストヨタMi--
19F・マッサザウバーペトロナスBS--
20M・ウェバージャガーコスワースMi--
21C・クリエンジャガーコスワースMi--
22佐藤琢磨BARホンダMi--
23D・クルサードマクラーレンメルセデスMi--
24B・ヴィルドハイムジャガーコスワースMi--
25R・ブリスコートヨタMi--

[][][]第17戦日本GPフリー走行二回目

開始十五分、マイケルが四十五秒台のタイムを出している。ええい、バケモノか。ライコネンも健闘している。ミシュランのエクストリームウェザータイヤはそれほど悪くない様だ。

バウムガルトナーが第一セクターでストップ。大方、二コーナーでスピンアウトといったところではなかろうか。

セッション後半、皆走るのをやめてしまったようだ。風速は大したことないけれど、雨量が凄いのかな。パニスが様子見に一周してみたけれど、すぐにピットに戻った模様。そのままセッション終了。

さて、予選はどうなることやら。私はサーキットに辿り着けるのだろうか。心配の種は尽きない。このままなら決勝は晴れるだろうけど。

2004年第17戦 日本GPフリー走行二回目結果

順位ドライバーチームタイヤタイムトップとの差
1M・シューマッハーフェラーリBS1'45.388198.364km/h
2G・フィジケラザウバーペトロナスBS1'46.102+0'00.714
3K・ライコネンマクラーレンメルセデスMi1'46.749+0'01.361
4R・バリチェッロフェラーリBS1'46.874+0'01.486
5D・クルサードマクラーレンメルセデスMi1'48.033+0'02.645
6T・グロックジョーダンフォードBS1'49.277+0'03.889
7N・ハイドフェルトジョーダンフォードBS1'49.286+0'03.898
8佐藤琢磨BARホンダMi1'49.370+0'03.982
9A・デビッドソンBARホンダMi1'49.598+0'04.210
10J・ヴィルヌーヴルノーMi1'49.672+0'04.284
11F・アロンソルノーMi1'49.712+0'04.324
12R・シューマッハーウィリアムズ・BMWMi1'49.736+0'04.348
13J・P・モントヤウィリアムズ・BMWMi1'50.060+0'04.672
14J・トゥルーリトヨタMi1'50.386+0'04.998
15M・ウェバージャガーコスワースMi1'50.666+0'05.278
16R・ドーンボスジョーダンフォードBS1'51.007+0'05.619
17C・クリエンジャガーコスワースMi1'52.232+0'06.844
18B・レインダースミナルディコスワースBS1'52.942+0'07.554
19G・ブルーニミナルディコスワースBS1'53.194+0'07.806
20J・バトンBARホンダMi1'53.482+0'08.094
21Z・バウムガルトナーミナルディコスワースBS1'54.703+0'09.315
22F・マッサザウバーペトロナスBS--
23O・パニストヨタMi--
24B・ヴィルドハイムジャガーコスワースMi--
25R・ブリスコートヨタMi--

jack0228jack02282004/10/08 13:34予選のときにちょうど台風が来るようですね。
予選中止になると、フリー走行のタイムでグリッドを
決めることになるのでしょうか?

yms-zunyms-zun2004/10/08 13:39まだどうなるか発表はありませんが、現地でもその可能性が噂されているとの情報が@niftyのニュースにありました。

onobuonobu2004/10/08 16:09開催されてるんですね~すごい!
Y!のニュースでは、モントーヤが「台風の中130Rを走るなんてクレイジーだ」と言ったらしいですね。
地震もありますし、無事に終わってほしいです。

yms-zunyms-zun2004/10/08 18:07東京はまだ普通の雨天ですが、東海地方は凄そうですね。
どうなりますやら。

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20041008

2004-09-26

[][][]第16戦中国GP決勝(9/26)56周 (晴/ドライ)

スターティンググリッド。

  1. バリチェッロ
  2. ライコネン
  3. バトン
  4. マッサ
  5. R・シューマッハー
  6. アロンソ
  7. フィジケラ
  8. パニス
  9. クルサード
  10. モントヤ
  11. ウェバー
  12. ヴィルヌーヴ
  13. ゾンタ
  14. ハイドフェルト
  15. クリエン
  16. グロック
  17. ブルーニ
  18. 佐藤
  19. バウムガルトナー
  20. M・シューマッハー

マイケルはピットスタートを選択、しかもスタートと同時に給油開始という技に出る様で、馬に乗った状態でシグナルを待つ不思議な光景。

スタート、バリチェッロが順当に発進してライコネンもそれに続き、その後ろにはアロンソとマッサが並んで一コーナーへ。またもバトンのBARは出遅れたか。マッサは一、二コーナーのライン取りに失敗してバトンに抜かれ五番手に落ちた。しかしすぐに自力でバトンを抜いて挽回。後方ではパニスがややストール気味で、それを避けるためにバラけた隊列の隙を縫って琢磨が十四番手まで浮上した。

二周目、バトンが再びマッサを抜いて四番手に。マッサもまだ退かない。今日も元気だな。

六周目、ペースの落ちてきたマッサをラルフが抜いて、クルサードも仕掛けた。マッサがブレーキテストを行った形になってクルサードが軽く追突、しかし見たところダメージはなさそう。

七周目、バトンがアロンソを抜いて三番手に。力強い走りだ。九周目の順位。

  1. バリチェッロ
  2. ライコネン
  3. バトン
  4. アロンソ
  5. フィジケラ
  6. R・シューマッハー
  7. クルサード
  8. ゾンタ
  9. マッサ
  10. ウェバー
  11. ヴィルヌーヴ
  12. モントヤ
  13. 佐藤
  14. ハイドフェルト
  15. クリエン
  16. パニス
  17. M・シューマッハー
  18. グロック
  19. バウムガルトナー
  20. ブルーニ

バリチェッロとライコネンの差は無いに等しく、バトンはそこから三秒落ち。

十一周目にマッサとパニス、十二周目にフィジケラ、クルサード、ゾンタ、クリエン、ブルーニがピットイン。同じ周、マイケルはクリエンを抜こうとして接触。クリエンはそのままピットに入ってマシンを降りた。サスが曲ったかどうかしたのだろうか。それにしてもここのピット、砂埃がものすごいな。

十五周目、先頭のバトンがピットイン。二回ストップ作戦か。

十六周目、バックストレート前の十三コーナーでマイケルが単独スピン。予選に続き、信じられないものを見た気分だ。他車のピットストップを後目に上げた順位をみすみす落してしまった。

十九周目、四番手まで上がった琢磨がピットイン。それはいいのだが、ピットロード手前のストレートで流れてきたビニール袋をアンダートレイ先端に引掛けてしまっている。ピット作業中もそれがひらひらしているのが見えるのだが、チームクルーは誰も気付いてない。「それを取れ、それを!」とオレが叫んでも仕方ないが、めちゃくちゃ心配だ。今回、タクのエンジンがブローしてもオレは驚かない。

二十二周目、六番手まで上がったマイケルがピットイン。たっぷり給油して十四番手に復帰。その直前の一分三十二秒台というラップタイムはさすがだ。二十五周目の順位。

  1. バリチェッロ
  2. ライコネン
  3. バトン
  4. アロンソ
  5. R・シューマッハー
  6. フィジケラ
  7. クルサード
  8. ゾンタ
  9. マッサ
  10. 佐藤
  11. モントヤ
  12. ウェバー
  13. ヴィルヌーヴ
  14. M・シューマッハー
  15. ハイドフェルト
  16. グロック
  17. パニス
  18. バウムガルトナー
  19. ブルーニ

二十八周目、三回ストップのライコネンが二度目のピットイン。六秒台の短い作業でコース復帰。一方、バリチェッロもこの間にファステストで逃げる。そして三十周目、バリチェッロもピットイン。ライコネンとタイムを合せて、その頭を押えた。さすがである。

バトン、バリチェッロ、ライコネンの上位三台が一回づつピット作業を残して九秒差とコンマ四秒差。三十六周目、バトンがピットイン。次の周、ライコネンがピットへ。‥‥ライコネンが前に出た!! やはりBARに優勝のチャンスはないのか。いや、あのBARは琢磨だったか? 未確認。

同じ周、マイケルの左リアタイヤがパンクして、ピットへ。レースは捨てないが、もうズタボロ。

三十八周目、最後のヘアピンでクルサードがラルフを押出した。ラルフは平静を失いピットロード入口でもスピン、そしてピットでも停止位置に入れず、マシンをさっさと降りてしまった。レースに戻れというチームの指示にも従わない。全く‥‥。一方、クルサードもフロントタイヤにダメージがあってピットへ。こちらはレース続行。

四十二周目、バリチェッロが最後のピットイン。悠々トップでコース復帰。四十六周目、マッサがピットインして恐らく全車の作業が終了、この時点の順位。

  1. バリチェッロ
  2. バトン
  3. ライコネン
  4. アロンソ
  5. モントヤ
  6. 佐藤
  7. フィジケラ
  8. マッサ
  9. クルサード
  10. ウェバー
  11. ヴィルヌーヴ
  12. M・シューマッハー
  13. ハイドフェルト
  14. パニス
  15. グロック
  16. バウムガルトナー

タクがモントヤに抜かれたのは痛いな。

四十七周目、マイケルがヴィルヌーヴを抜いた。と思ったらすぐさまピットイン。抜いたのはは単なる意地張りか。そのヴィルヌーヴはウェバーを攻めあぐんでいる。マシンを考えればもう少し行って欲しいもんだが、乗れてないなー。

三番手ライコネンがバトンを追いつめる。ペースは明かにライコネンが上。終盤にもう一幕あるか。最終ラップ、辛くもバトンが逃げ切った。

優勝バリチェッロ、二位バトン、三位ライコネン、アロンソ、モントヤ、佐藤、フィジケラ、マッサまでが入賞。完走十六台、マイケルは最終ラップでファステストラップを叩き出しての十二位フィニッシュだった。

バリチェッロの二連勝は見事なものだったが、その一方でマイケルのとっ散らかりっぷりが印象的だった。こんなことがシーズン序盤からあれば、いや、それがないからこそ。

ライコネンの失われた十数秒が謎。琢磨の六位は、同じ後方スタートのマイケルが沈んだことに比べれば賞讃に値する。鈴鹿ではノートラブルでお願いしますぜ。

次は鈴鹿。生で観てくるので、予選・決勝のリアルタイム更新はありません。

2004年第16戦 中国GP決勝結果

順位ドライバーチームタイヤタイム/周回
1R・バリチェッロフェラーリBS1:29'12.420
2J・バトンBARホンダMi+0'01.035
3K・ライコネンマクラーレンメルセデスMi+0'01.469
4F・アロンソルノーMi+0'32.510
5J・P・モントヤウィリアムズ・BMWMi+0'45.193
6佐藤琢磨BARホンダMi+0'54.791
7G・フィジケラザウバーペトロナスBS+1'05.464
8F・マッサザウバーペトロナスBS+1'20.080
9D・クルサードマクラーレンメルセデスMi+1'20.619
10M・ウェバージャガーコスワースMi+1LAP
11J・ヴィルヌーヴルノーMi+1LAP
12M・シューマッハーフェラーリBS+1LAP
13N・ハイドフェルトジョーダンフォードBS+1LAP
14O・パニストヨタMi+1LAP
15T・グロックジョーダンフォードBS+1LAP
16Z・バウムガルトナーミナルディコスワースBS+3LAPS
RG・ブルーニミナルディコスワースBS38LAPS
RR・シューマッハーウィリアムズ・BMWMi37LAPS
RR・ゾンタトヨタMi35LAPS
RC・クリエンジャガーコスワースMi11LAPS

jack0228jack02282004/09/27 12:40鈴鹿は生観戦ですか。楽しんできてください(^_^)
土曜日からでしょうか?
お姿拝見したいので目印お願いします(笑)

yms-zunyms-zun2004/09/27 14:08土曜日からです。たぶんフリー走行四回目からの観戦となるでしょう。
目印て、テレビに映る様にということですか? うーんどうしよう(笑

トラックバック - http://formula1.g.hatena.ne.jp/yms-zun/20040926
2004 | 01 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2008 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

鈴鹿の天候情報


はてなF1グループ


2006年シーズン


カテゴリ一覧




テンポラリ


F1グループアンテナ


掲示板スレッド一覧


管理情報